« 岡倉天心 | トップページ | 『ブレイブ・ワン』“THE BRAVE ONE” »

2007年11月14日 (水)

『パンズ・ラビリンス』“Pan's Labyrinth”

El_laberinto_del_fauno_01 『パンズ・ラビリンス』“Pan's Labyrinth”ギレルモ・デル・トロ監督。恵比寿ガーデンシネマにて、見ました。

 1944年、内戦終決後のスペイン。父を亡くした少女オフェリアは、身重の母と共にゲリラが潜む山奥で暮らし始める。そこは母が再婚したフランコ軍のビダル大尉の駐屯地だった。体調の芳しくない母を労りながらも、残酷な義父にどうしても馴染めない。オフェリアの前に妖精が現れ、森の中の迷宮へと導く。そこではパン(牧羊神)が王女の帰還を待っていた。オフェリアは魔法の王国に戻るために3つの試練を与えられる。

 少女が出会った牧羊神パンは、彼女に囁く「あなたは、本当は魔法の王国の王女の生まれ変わりです。満月の夜までに、3つの試練を乗り越えれば、本当の両親が待つ魔法の国に帰れます」。第1の試練は、森の死にかけている巨木を救うこと。巨木を枯らす蟇蛙から黄金の鍵をとってくる。第2の試練は、壁の向こう側の世界で、豪華な料理に目を眩まされることなく一つも食べず、第1の試練の森で手に入れた鍵を使って剣を持ち帰ってくること。第3の試練は、弟を連れて迷宮に帰ってくる。聖なる者の血を流すこと。

 心を深く捉える映像の魔力と、物語が見事に融合。幻想的な迷宮世界と現実世界を行き来する。苦悩を深めるオフェリア。苦境に立ち向かうオフェリアの姿を通して、いかなる邪悪な力も無垢な魂を滅ぼすことは出来ないというメッセージが伝わる。命懸けの映像に胸締めつけられる作品。残酷で美しい幻想映画。傑作です。

2007/11/01Pans_labyrinthfaunu_2 

|

« 岡倉天心 | トップページ | 『ブレイブ・ワン』“THE BRAVE ONE” »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501484/17076089

この記事へのトラックバック一覧です: 『パンズ・ラビリンス』“Pan's Labyrinth”:

» ブルガリ 25129 LETTE 希望小売価格¥52,500 → 販売価格¥41,959 [a tiny basket]
ブルガリ 25129 LETTERE Wホック BE希望小売価格¥52,500 → 販売価格¥41,959この高級感、存在感はさすがといったところ。男女問わず憧れちゃうブランドといえば、やっぱりブルガリですよね。その格調高いデザインや品質にはいっつも見惚れちゃうほど。永遠の憧れブランド、...... [続きを読む]

受信: 2007年11月16日 (金) 00時07分

» mini review 07076「パンズ・ラビリンス」★★★★★★★★☆☆ [サーカスな日々]
解説: 1944年のスペイン内戦下を舞台に現実と迷宮の狭間で3つの試練を乗り越える少女の成長を描くダーク・ファンタジー。『デビルズ・バックボーン』のギレルモ・デル・トロ監督がメガホンをとり、ファシズムという厳しい現実から逃れるため、架空の世界に入り込む少女を通じて人間性の本質に鋭く切り込む。イマジネーションあふれる壮大な視覚技術を駆使して生まれたクリーチャーや深く考察されたテーマに根ざした巧みな演出が衝撃的。 [ もっと詳しく ] (シネマトゥデイ) 原題 EL LABERINTO ... [続きを読む]

受信: 2007年11月16日 (金) 16時31分

» パンズ・ラビリンス 「逃げ場のない刹那さ」 [CARAMEL*PAPA]
カテゴリに入れるならホラー、しかしホラーでない? ダーク・ファンタジーと銘打たれた「パンズ・ラビリンス」作品概要については公式及びwikiを参照してください。多くの賞を取ってい... [続きを読む]

受信: 2007年12月13日 (木) 03時42分

« 岡倉天心 | トップページ | 『ブレイブ・ワン』“THE BRAVE ONE” »