« 「フェルメール『牛乳を注ぐ女』とオランダ風俗画展」国立新美術館、「フェルメール展コンサート」 | トップページ | フェルメール 精妙な光と奥行きのある空間 »

2007年12月 1日 (土)

「フェルメール展」2008年8月2日~12月14日、東京都美術館

2008年「フェルメール展」がまた開催されます。朝日新聞2007年12月1日に記事あり。フェルメールは、完全に商品化されています。
 「独特な光の質感を用いたあたたかな作風や現存する作品の少なさなどで知られる17世紀オランダの画家、ヨハネス・フェルメールの作品を中心に紹介する「フェルメール展」(仮称)が、来年8月から上野の東京都美術館で開かれる。
 本展覧会では、「小路(The Little Street)」(アムステルダム国立美術館蔵)や「ワイングラスを持つ娘(TheGirl with the Wineglass)」(ヘルツォーク・アントン・ウルリッヒ公美術館蔵)など日本初公開3点を含むフェルメールの作品6点以上を展示予定です。日本で一度に紹介されるフェルメールの作品数としては過去最多となります。世界中に三十数点しか現存しないフェルメールの作品をまとめて見られる機会は少なく、またとない貴重な機会となります。
 また、フェルメールが生まれ育ったオランダの小都市デルフトを中心に活躍した画家たち、カレル・ファブリティウスやピーテル・デ・ホーホらの作品も公開予定です。フェルメールの芸術をはぐくんだ17世紀中葉の「デルフト・スタイル」の潮流を見ることができます。」朝日新聞asahi.com2007年11月30日
cf.「フェルメール展」http://www.tbs.co.jp/vermeer/

2007/12/01

|

« 「フェルメール『牛乳を注ぐ女』とオランダ風俗画展」国立新美術館、「フェルメール展コンサート」 | トップページ | フェルメール 精妙な光と奥行きのある空間 »

フェルメール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501484/17244850

この記事へのトラックバック一覧です: 「フェルメール展」2008年8月2日~12月14日、東京都美術館:

» 2008年「フェルメール展」開催!! [弐代目・青い日記帳 ]
来年、今までにない数のフェルメールの作品が日本にやって来ます。 「フェルメール展」(仮称)Vermeer and the Delft Style ・会期:2008年8月2日(土)〜12月14日(日) ・会場:東京都美術館企画展示室(東京・上野公園) ・主催:東京都美術館、TBS、朝日新聞社 過去最多のフェルメール作品、来年8月から展覧会  独特な光の質感を用いたあたたかな作風や現存する作品の少なさなどで知られる17世紀オランダの画家、ヨハネス・フェルメールの作品を中心に紹... [続きを読む]

受信: 2007年12月12日 (水) 12時08分

« 「フェルメール『牛乳を注ぐ女』とオランダ風俗画展」国立新美術館、「フェルメール展コンサート」 | トップページ | フェルメール 精妙な光と奥行きのある空間 »