« 「フェルメール展」2008年8月2日~12月14日、東京都美術館 | トップページ | イタリア糸杉とレオナルド『受胎告知』 »

2007年12月 2日 (日)

フェルメール 精妙な光と奥行きのある空間

 さらに交渉中の作品があり、「真珠の首飾りの少女」か。
「フェルメール、来夏日本公開へ 初公開3点含む6点以上」asahi.com 2007年11月30日21時24分
 「精妙な光と奥行きのある画面――。世界で三十数点しか現存作品がない、17世紀オランダの画家ヨハネス・フェルメール(1632~75)の作品が6点以上まとまって日本にやって来ることになった。来年8月2日から12月14日まで東京都美術館で開かれる「フェルメール展」(仮称)Vermeer and the Delft Style=朝日新聞社、TBSなど主催=に、「ワイングラスを持つ娘」など日本初公開作3点を含む名品が登場することが30日、発表された。朝日新聞創刊130周年記念事業の一つ。
 6点もの作品が、日本でまとまって公開されるのは初めてで、開催までに出品点数はさらに増える可能性もある。
 初公開作はほかに、2点しか現存しないとされる風景画のうちの1点「小路」と、初期作「マルタとマリアの家のキリスト」。オランダの同時代の画家の作品も出品される。」
http://www.asahi.com/culture/update/1130/TKY200711300318.html

 出品が決定している作品は、以下の6点。
「絵画芸術」=ウィーン美術史美術館蔵
「リュートを調弦する女」(「窓辺でリュートを弾く女」)=メトロポリタン美術館蔵
「ディアナとニンフたち」=マウリッツハイス美術館蔵 
「小路」=アムステルダム国立美術館蔵
「ワイングラスを持つ娘」(1659~60年ごろ)=ヘルツォーク・アントン・ウルリッヒ美術館蔵
「マルタとマリアの家のキリスト」=スコットランド・ナショナル・ギャラリー蔵
 フェルメール。なぜ、これほど魅せられるのか。

 cf.「フェルメール展」http://www.tbs.co.jp/vermeer/

|

« 「フェルメール展」2008年8月2日~12月14日、東京都美術館 | トップページ | イタリア糸杉とレオナルド『受胎告知』 »

美術館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501484/17249029

この記事へのトラックバック一覧です: フェルメール 精妙な光と奥行きのある空間:

» これが吉野家の「テラ豚丼」 [これが吉野家の「テラ豚丼」]
吉野家のバイトが投稿した動画「テラ豚丼」の動画です。まだ見てない人はどうぞ。 [続きを読む]

受信: 2007年12月 6日 (木) 11時33分

« 「フェルメール展」2008年8月2日~12月14日、東京都美術館 | トップページ | イタリア糸杉とレオナルド『受胎告知』 »