« 雪舟『秋冬山水図』東京国立博物館、国宝室・・・日本の至高なる画家 | トップページ | 歴史的な展覧会・・・思い出に蘇る「幻の美術展」 »

2008年1月22日 (火)

『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』・・・鮮烈な映像美

Sweeney_todd_poster1 19世紀の暗澹たるロンドン。無実の罪で投獄され、その悪徳判事に妻も娘も奪われた男が、名前も姿も変え、ロンドンのフリート街へ戻ってくる。15年ぶりに再開した理髪店、そこで腕を振るうのは、殺人理髪師スウィーニー・トッド。「胸には復讐、目には狂気、そして手にはカミソリを」ティム・バートン監督、ジョニー・デップ主演。
■鮮烈な映像美、秀抜な色彩設計、卓越した演出。
ジョニー・デップの変幻自在の演技。ティム・バートンのやりたい放題の演出と映像藝術。
血が流れる復讐劇は、シェイクスピア『タイタス・アンドロニカス』、
ギリシアの悲劇詩人アイスキュロスの「オレステイア3部作」(『アガメムノン』、『供養する女たち』、『慈しみの女神たち』)、を思い出す。
カラーフィルムを脱色した映像に血が炸裂する。夥しい血が流れる復讐劇。
映像藝術ファン必見!
女子高生たちも沢山、劇場に見にきている。
ただし、『パイレーツ・オブ・カリビアン』のような大衆映画とは異なり、映像表現を追求しているので、大衆ウケはしないと思う。
■物語
 舞台は19世紀のロンドン。ベンジャミン・バーカーは理髪店を営み、美しい妻、可憐な娘と幸福な生活を送っていた。ある日、彼の幸せを妬む好色な悪徳判事によって無実の罪を着せられ、監獄に投獄される。妻も娘も奪われた彼は15年後、若い船乗りアンソニーに命を救われ脱獄を果たし「スウィーニー・トッド」と名前を変えて街に帰ってくる。
 脱獄に成功した彼は判事によって、妻は自殺、娘は幽閉、悲惨な運命に遭っていると知り、貧乏なパイ屋の主人ラベットと共に復讐を開始する。再び開いた理髪店で、商売道具のカミソリを手に、スウィーニー・トッドの復讐計画が始まる。
原題“SWEENEY TODD:THE DEMON BARBER OF FLEET STREET”
*第65回ゴールデングローブ賞、作品賞(ミュージカル・コメディ部門)、主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)を受賞。
―――――
[監督]ティム・バートン
[脚本]ジョン・ローガン
[原作](オリジナル版ミュージカル)スティーヴン・ソンドハイム/ヒュー・ホィラー
[出演]ジョニー・デップ/ヘレナ・ボナム=カーター/アラン・リックマン/ティモシー・スポール 

★あなたは、だれに復讐したいですか?

|

« 雪舟『秋冬山水図』東京国立博物館、国宝室・・・日本の至高なる画家 | トップページ | 歴史的な展覧会・・・思い出に蘇る「幻の美術展」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501484/17789772

この記事へのトラックバック一覧です: 『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』・・・鮮烈な映像美:

« 雪舟『秋冬山水図』東京国立博物館、国宝室・・・日本の至高なる画家 | トップページ | 歴史的な展覧会・・・思い出に蘇る「幻の美術展」 »