« ルーヴル美術館展 フランス宮廷の美・・・戦う新古典主義 | トップページ | 『ウルビーノのヴィーナス』国立西洋美術館・・・美と愛の女神 »

2008年3月 8日 (土)

海辺の学校・・・最後の授業

Garbera_shena外房の海岸に行き、潮騒のとどろく海辺の学校で、講義をしている。
海辺の学校で、「小論文講義」の授業をしている。
ある日は、森有正『遥かなノートルダム』、『星の王子さま』の一節を使って、「美とは何か」を講義する。
教室に、海から潮騒のとどろきが聞こえてくる。
早春の日の海は、北斎の海のように美しい。
授業が終わると、夕暮れの光をあびて、海が紅く染まっている。
文章の極意は「事実ではない。何を証明できるか」である。
考えることは、感動することである。
目にみえる風景、絵画の中の世界、物語、歴史の世界を手がかりに、見えない抽象的な議論を考えることを教える。考える授業である。
■最後の授業
今日は最後の授業である。
私の論文『国家は滅びても、都市は滅びない』を用いて、「ヨーロッパ文化の三つの様式」、「国家とは何か」について、講義する。
今日は、厳粛な空気に包まれる。生徒たちは勢揃いしている。アルフォンス・ドーデ『最後の授業』のようである。生徒は高校2年生、17才である。
■講義依頼
 私個人に指名でときどき講義の依頼がくる。講義の依頼があれば、基本的にはどこにでも行き講義するのである。
 「先生の授業は、面白い、分かりやすい、楽しい、深い」と受講記録に書いてくる学生たちが多い。が、ある女子は「先生が、面白い」と書く。多くの学生は「また先生の授業を受けたい」と書いている。
 「先生のように世界を旅して美を探したい」と書く女子がいた。
 教師自身が、学問・藝術の楽しみを知っているということが、教育の条件だと私は考えている。知ることの歓びは、波動であり、波のように心から心へと、伝わっていくのである。
■花束
 今日は授業の終わったあと、生徒たちから花束を渡された。ガーベラの花束である。
 卒業式に、花束を渡されることはよくある。だが、通常授業で花束を渡されるのは初めてである。予想外のことであり、不覚の涙を禁じえない。教室で、思わず涙がこぼれた。
 ガーベラの花言葉は「崇高な愛、崇高な美、神秘」である。
■壽萬亀(じゅまんがめ)
 講義終了後、A校長と、晩餐の約束である。A先生は、横浜時代から交流がある。先生は70才、平家物語が専門である。しばし、別れの盃である。
 「今日、花束をもらいました。最初で最後ですね」
 「レオナルド先生、人気ありますねえ。私なんか45年間、教壇に立っているけれど、花束貰ったことないですよ。」
 黒鯛、ぶり、槍烏賊、蛸、黒鮪の刺身、赤むつを焼き、蕗の薹、海老の天麩羅、菜の花など食べ、壽萬亀を飲みながら歓談する、海辺の春の宵である。
 横浜かどこかで、A先生と再会することを約して、盃を交わす。A先生は、駅まで送ってくれた。
 深夜、夢とうつつの境で、東京湾を渡り、東京駅八重洲口につく。
 この授業は来期も依頼されていて、またこの学校に来る予定である。

☆壽萬亀(じゅまんがめ)、純米吟醸
http://www.awa.or.jp/home/kameda/index.html
★あなたは思い出に残る授業がありますか?

|

« ルーヴル美術館展 フランス宮廷の美・・・戦う新古典主義 | トップページ | 『ウルビーノのヴィーナス』国立西洋美術館・・・美と愛の女神 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

なかなか来れなくてすみません!!やっとこれました^^v
私の心に残る授業は…
ここでお話すると長くなってしまうので またメールしたいと思います!!

投稿: ひろ | 2008年3月17日 (月) 19時53分

お元気ですか?
『ウルビーノのヴィーナス』国立西洋美術館、見に行って下さい。

投稿: leonardo | 2008年3月18日 (火) 13時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501484/40421417

この記事へのトラックバック一覧です: 海辺の学校・・・最後の授業:

« ルーヴル美術館展 フランス宮廷の美・・・戦う新古典主義 | トップページ | 『ウルビーノのヴィーナス』国立西洋美術館・・・美と愛の女神 »