« 「コロー 光と追憶の変奏曲」・・・夕暮れの光に包まれるイタリアの風景 | トップページ | 「対決 巨匠たちの日本美術」東京国立博物館(1)・・・雪舟の残照の下に »

2008年7月13日 (日)

「コロー 光と追憶の変奏曲」(2)・・・銀灰色の靄に包まれた思い出の森の風景

Go_623_03_2 夕暮れの光から銀灰色の靄に
コローの絵画は、4期に分かれる。イタリアの風景の時代、フランスの風景の時代、ミューズと女性たちの時代、銀灰色の森の風景の時代。
コロー(Jean-Baptiste Camille Corot, 1796-1875)は、20世紀初め古典回帰の流れの中で、17世紀の巨匠プッサン(Nicolas Poussin, 1594-1665)、クロード・ロラン(Claude Lorrain, 1600-
1682)らとともにフランス美術の伝統の正統なる後継者とみなされた。パリの裕福なブルジョワの生まれで、26歳の時、父の許しを得て画家を志し、1825年から三度イタリアへ旅した。

ノルマンディーやオーヴェルニュ、ブルターニュ、フランス各地を訪れ、パリ近郊のヴィル=ダヴレーの別荘にしばしば滞在、野外で写生した。旅を愛し、旅に生きた画家は、旅することができなくなった時、人間を描いた。そして、思い出の中に閉じこもり、思い出の風景を描いた。それは思い出の森である。ある意味で不幸なことであったかもしれない。だが、銀灰色の靄に包まれた思い出の森の風景によって、独創的な世界を作り上げた。
《展示構成》
第1章 イタリアへの旅
第2章 フランス各地の田園とアトリエ
第3章 パノラマ風景と遠近法的風景
第4章 樹木のカーテン、舞台の幕
第5章 ミューズたちとニンフたち
第6章 「想い出(スヴニール)」と変奏
「コロー 光と追憶の変奏曲」国立西洋美術館
2008年6月14日(土)~8月31日(日)
http://www.corot2008.jp/

展示作品
「ティヴォリ、ヴィラ・デステの庭園」1843年ルーヴル美術館
「真珠の女」1858-68年ルーヴル美術館
「青い服の婦人」1874年ルーヴル美術館
「傾いた木」1855-60年、ロンドン・ナショナル・ギャラリー
「モルトフォンテーヌの想い出」1864年ルーヴル美術館
Go_623_01_2 Go_623_02_2

|

« 「コロー 光と追憶の変奏曲」・・・夕暮れの光に包まれるイタリアの風景 | トップページ | 「対決 巨匠たちの日本美術」東京国立博物館(1)・・・雪舟の残照の下に »

美術館」カテゴリの記事

コメント

コローの銀灰色の森の風景、好きです。
銀灰色、燻った色と思っていましたが、全然違って素晴らしいです。
本物の絵を見たいと思いました。

女性像のお顔はレオナルド・ダ・ビンチの描くお顔に似てますね。
レオナルドさんの好みのお顔なんですね。

投稿: | 2008年7月17日 (木) 00時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501484/41819761

この記事へのトラックバック一覧です: 「コロー 光と追憶の変奏曲」(2)・・・銀灰色の靄に包まれた思い出の森の風景:

« 「コロー 光と追憶の変奏曲」・・・夕暮れの光に包まれるイタリアの風景 | トップページ | 「対決 巨匠たちの日本美術」東京国立博物館(1)・・・雪舟の残照の下に »