« 川口聖加ソプラノコンサート・・・きみは星に火を灯す、天使の輝き | トップページ | 闇のなかに林立する観世音菩薩・・・せみ時雨の夕暮、法隆寺宝物館にて »

2008年8月 3日 (日)

月の輝く夜に、百合の花が咲く・・・夏の花は夏に甘い香りを放つ

2006 庭に百合が、約五十株咲きました。
イタリア糸杉の木の下で、百合の花がゆれています。
イタリア糸杉は、ギリシアの世界遺産、アポロンの聖域で採集してきた種子をまいて、育てた木です。
ゴールデン・カサブランカは、黄金色の百合で、強烈な芳香を放ちます。 今年は、一茎に十五輪、花を咲かせました。
シェイクスピア『ソネット』に次の詩があります。

夏の花は、夏に甘い香りを放つ
実りなくひそかに生き枯れていくのに
だが一たび忌まわしい病にかかると
卑しい野の花よりも惨めな姿をさらす
なぜなら、どれほど美しくとも行い次第で醜いものになるのだから
腐った百合は野の花よりも悪臭を放つ
The summer's flower is to the summer sweet,
Though to itself it only live and die,
But if that flower with base infection meet,
The basest weed outbraves his dignity:
For sweetest things turn sourest by their deeds;
Lilies that fester smell far worse than weeds.
ギリシア神話では、百合は神々の長であるゼウスの妻ヘラの乳から生まれた花といわれる。ヘラの乳房から白い乳が四方に飛び散り、天に散った雫は天の川になり、地上に落ちた雫が白い百合の花になった。
月の輝く夜に、イタリア糸杉は、日本の真夏の猛暑のなかで、地中海の微風を懐かしく思い出している。
★あなたの好きな夏の花は何ですか?

|

« 川口聖加ソプラノコンサート・・・きみは星に火を灯す、天使の輝き | トップページ | 闇のなかに林立する観世音菩薩・・・せみ時雨の夕暮、法隆寺宝物館にて »

文学」カテゴリの記事

コメント

もう腐っているかもしれませんが

花ですか・・。

小学一年生は、あさがおで
小学二年生は、ひまわり。

なすやトマト、きゅうりの花もいいなあ。
林檎の花も・・。
あ、食べ物ばっかり・・。

やっぱりな。

投稿: ゆり ねこ | 2010年7月13日 (火) 22時43分

(゚▽゚*)お庭にそんなに咲いたのですか!
白百合でしょうか。
美しいですね。
猛暑で百合も大変でしょうが、お手入れをして、生き返らせてくださいませ。

投稿: りんご | 2011年7月17日 (日) 22時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501484/42044430

この記事へのトラックバック一覧です: 月の輝く夜に、百合の花が咲く・・・夏の花は夏に甘い香りを放つ:

« 川口聖加ソプラノコンサート・・・きみは星に火を灯す、天使の輝き | トップページ | 闇のなかに林立する観世音菩薩・・・せみ時雨の夕暮、法隆寺宝物館にて »