« 青島広志の『青い鳥』、東京オペラシティ・コンサートホールにて | トップページ | 川口聖加ソプラノ・コンサート、バロックの響き・・・優しく愛しい緑の木陰が、こんなにも甘美で »

2008年9月15日 (月)

王羲之「蘭亭序」・・・詩人の宴、皇帝が愛するあまりあの世に持ち去った書

Ranteijo_2008 王羲之は、水の流れに盃を浮かべ、詩を吟ずる宴を催した。曲水流觴の宴である。
永和九年(353)三月三日、暮春の初め、王羲之は会稽山陰の蘭亭に士人を招いて詩会を催した。せせらぎに浮かべた杯が流れ着く前に詩を賦し、詩ができなければ罰として酒を飲む、文人の雅宴である。三十六人が、詩を吟じた。
この詩集に叙した序文が王羲之「蘭亭序」である。
■数奇な運命をたどる名筆・・・太宗皇帝が愛するあまりあの世に持ち去る
王羲之(303~361)は東晋の武人で弁舌鮮やかな人であった。4世紀、魏晋南北朝時代である。この書は、その後、三百年の時を経て、唐の太宗皇帝が手に入れる。太宗皇帝(598~649)は、王羲之の書を愛するあまり墓に副葬させ、この世から消え去った。
しかし、皇帝は生前著名な工匠に複製を作らせた。
その中で名品中の名品とされ、現存する作品中に筆跡の鮮やかさを凌ぐものはないと言われる「神龍半印本」(八柱本、第三本)がある。唐の第二代皇帝・太宗皇帝が搨書(とうしょ)の名人馮承素(ふうしょうそ)に書き写させたものと伝わる。清時代には乾隆帝が所蔵し、北京故宮で所蔵されている作品である。
「太宗皇帝之寶」という巨大な印鑑が押印されている。
荘重にして流麗な書は、千四百年の時の流れを超えて美しい。
■王羲之「蘭亭序」は史上最高の書として知られるが、その文章も名文である。
 掉尾の一節を引用する。
 昔の人が生死の際に感動したわけは、私のこころと割符を合わせたようにぴったりと一致している。昔の人が感慨を述べた文章に接すると、いまだ一度も嘆き悲しまないではいられず、その悲しみのわけを悟ることができなかった。もとより生と死を同一視することはいつわりであり、七百年も長生きをしたという彭祖(ほうそ)と、若死にした者とを同じに見るのはでたらめである。後世の人々が今の我々のことを見て感慨をおこすのは、今の我々が昔の詩文に接して心を動かすことと同じである。古今不変のその思いは、何と悲しいことであろうか。
 そこでここに集った人々の名を列記し、彼らが述べた詩を書きとめておく。時世は変わり、事がらが異なっても、感動の源は同じである。後世、これを読む人も、またこれらの文に心を動かすことがあるであろう。(富田淳・訳)
■「神龍半印本」八柱本、第三本
「北京故宮 書の名宝展」江戸東京博物館、平成20年7月15日~平成20年9月15日.(主催・財団法人東京都歴史文化財団、東京都江戸東京博物館
http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/kikaku/page/2008/0715/200807.html

★あなたの好きな名筆は何ですか?
 空海「風信帖」、藤原佐理「離洛状」

|

« 青島広志の『青い鳥』、東京オペラシティ・コンサートホールにて | トップページ | 川口聖加ソプラノ・コンサート、バロックの響き・・・優しく愛しい緑の木陰が、こんなにも甘美で »

美術館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501484/42480113

この記事へのトラックバック一覧です: 王羲之「蘭亭序」・・・詩人の宴、皇帝が愛するあまりあの世に持ち去った書:

« 青島広志の『青い鳥』、東京オペラシティ・コンサートホールにて | トップページ | 川口聖加ソプラノ・コンサート、バロックの響き・・・優しく愛しい緑の木陰が、こんなにも甘美で »