« 速水御舟展、平塚市美術館・・・細密画の極致、炎に舞う儚い生命のように | トップページ | 「線の巨匠たち」藝大美術館・・・優雅な線の美しさ »

2008年11月16日 (日)

ヴィルヘルム・ハンマースホイ、静かなる詩情、国立西洋美術館・・・陽光、あるいは陽光に舞う塵

Hammershoi2008Hammershoi2008_0_2大久保 正雄『旅する哲学者 美への旅』より   
秋晴れの午後、木枯らしが吹き枯葉舞う日、紅葉の枯葉の絨緞を踏みしめ、森の中を歩いて美術館に行く。
■誰もいない部屋
ヴィルヘルム・ハンマースホイ(Vilhelm Hammershøi 1864-1916)は、人のいない風景、後ろ向きの肖像、人のいる室内、誰もいない室内、を描いた。陽光が銀色に反射する湖は、淡い光で霧と靄に包まれたようである。交通の激しい道路、人の満ちあふれた都市も、人のいない空間として表現される。薄い霧の立ち込めたような場所として描かれる(「ゲントフテ湖、天気雨」1903)。例外なく、天候は曇り日である。あるいは、淡い日差しである。何もない室内空間は、微妙な陰影をもって表される。
初めは妻イーダの後姿が描かれていたが、次第に、人のいない部屋へと展開を遂げて行く。「たとえ人がいなくても、誰もいないからこそ部屋は美しい」(ハンマースホイの言葉)
ハンマースホイが暮らした「室内、ストランゲーゼ30番地」の家の7つの部屋、その中の3つの部屋だけを描いている。
フェルメールの影響
ハンマースホイは、1887年5月23才の時、初めてオランダを旅し、デン・ハーグ、アムステルダム、ロッテルダムを訪れ、フェルメールとデルフト派の絵画を見て研究した。「フェルメール展 光の天才画家とデルフトの巨匠たち」が都美術館で同時に開催されているのは、奇しき因縁である。静かさの支配する空間、室内の微光、人の少ない室内空間、これらの特徴をフェルメールと共有している。
ハンマースホイは、最初の作品「若い女性の後姿」は、妹アナ・ハンマースホイをモデルとしたものだが、写真撮影してから構成している。ハンマースホイは写真のような絵である。フェルメールの絵が写真のようだといわれるように。
*大久保 正雄『旅する哲学者 美への旅』
――
■白い扉
「白い扉」1888、「イーダの肖像」1890、「陽光習作」1906、「白い扉、あるいは開いた扉」1905.これらの作品の本質は、「音のない沈黙の支配する世界」である。部屋に差し込む光を描くためだけに空間を描いているようだ。ハンマースホイの絵画は、意味と意味の結びつきを断ち切り、意味のない世界を表現している。これはフェルメールの絵画の世界を解く鍵である。フェルメール後期の絵画は、寓意画の世界から意味のない世界へと到達している。
「陽光、あるいは陽光に舞う塵」(1900)オードロブゴー美術館
この絵画は展示されていない。究極的には、「陽光、あるいは陽光に舞う塵」の世界、誰もいない部屋、淡い光の中で、差し込む陽光に、ハンマースホイの世界は到達する。沈黙の支配する空間は、寂寞と孤独の世界である。「世界には意味がない」ということを表現しているのである。
*大久保 正雄『旅する哲学者 美への旅』
――
★参考文献
『ヴィルヘルム・ハンマースホイ 静かなる詩情』図録、国立西洋美術館2008
――
展示構成
芸術家の誕生から、主題別に、最後は誰もいない部屋にたどり着くという仕掛である。
1:ある芸術家の誕生
2:建築と風景
3:肖像
4:人のいる室内
5:同時代のデンマーク美術
6:誰もいない室内
――
ヴィルヘルム・ハンマースホイ(Vilhelm Hammershøi 1864-1916)は、デンマークを代表する画家の一人である。没後、急速に忘れ去られ近年、再び脚光を浴びている。ハンマースホイの作品は17世紀オランダ絵画の強い影響を受け、フェルメールを思わせる静謐な室内画を特徴としている。室内画の舞台は自宅であり、登場人物として妻のイーダが後姿で繰り返し描かれている。イーダの後姿は、我々を画中へと導くが、同時に、陰鬱な冷たい室内と彼女の背中によって、我々は拒絶感を覚える。モノトーンを基調とした静寂な絵画空間が綿密に構成されている。音のない世界に包まれているような感覚に浸る。
ハンマースホイの芸術世界を日本で初めて紹介する本展では、同時期に活躍した、デンマーク室内画派とよばれるピーダ・イルステズやカール・ホルスーウの作品も合わせて紹介します。デンマーク近代美術の魅力に触れることのできる大規模な回顧展。ハンマースホイ約90点にハンマースホイと同時代に活躍したデンマークの画家ピーダ・イルステズとカール・ホルスーウの約10点を加えた総数約100点、これまでにない大規模の回顧展。
*国立西洋美術館
――
★ヴィルヘルム・ハンマースホイ 静かなる詩情:国立西洋美術館
Vilhelm Hammershøi:The Poetry of Silence、
2008年9月30日(火)~12月7日(日)
http://www.shizukanaheya.com/

|

« 速水御舟展、平塚市美術館・・・細密画の極致、炎に舞う儚い生命のように | トップページ | 「線の巨匠たち」藝大美術館・・・優雅な線の美しさ »

ヨーロッパ美術」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
お騒がせしましたが、知り合いに教えてもらい、簡単に、リンクができました。ハンマースホイ は昨日の日曜美術館でも紹介されていましたね。ワイエス,ホックニー、ダリ,バルチュス、もよく窓を描いています。不思議です。西洋では窓は外界との境界なんでしょうか?

投稿: masakuro1231 | 2008年11月17日 (月) 16時03分

黒川雅子さま
コメントありがとうございます。仕事が忙しく、御返事が遅くなり、すみません。
ご指摘の通り、西洋繪画は、窓が描かれ、外界との境界を表わしていますが、これは近代以後の表現です。レオナルド「最後の晩餐」、遡ると、ジョットには窓が描かれています。
ご存知のように、古代ギリシアでは、ジャック・ルイ・ダヴィッドのような歴史画がすでに描かれていますが、古代の絵画には、窓はあまり描かれなかったように想像します。ナポリ考古学博物館の「アレクサンドロス大王」のモザイク画をみると、そのように想像します。
フェルメールの後期絵画は、窓を通して射す光を描くことで、有名ですね。

投稿: leonardo | 2008年11月26日 (水) 03時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501484/43133046

この記事へのトラックバック一覧です: ヴィルヘルム・ハンマースホイ、静かなる詩情、国立西洋美術館・・・陽光、あるいは陽光に舞う塵 :

» ヴィルヘルム・ハンマースホイ 国立西洋美術館 [すぴか逍遥]
「ヴィルヘルム・ハンマースホイ」静かなる詩情 国立西洋美術館                            に行って来ました。(10/24)   2008年9月30日ー12月7日 ヴィルヘルム・ハンマースホイ(1864−1916)はデンマークを代表する作家のひとり だそうで、はじめてきく名、はじめて見る人です。思ったより人が入っていました。 この後姿はどうにも気になっていましたが、やっと今日あえました。    《ライアの風景》1905年 ストックホルム国立美術館 青い空はこれ一枚、あと... [続きを読む]

受信: 2008年11月16日 (日) 21時39分

» 国立西洋美術館で「ヴィルヘルム・ハンマースホイ」展を観た! [とんとん・にっき]
「ハンマースホイ」展が開催されている上野公園の国立西洋美術館の外観、やや小雨が降っている夕暮れのせいか、ハンマースホイ調の写真に仕上がっているように見える、と思うのは僕だけか?(画像をちょっと加工しました) 小雨降る「国立西洋美術館」 ヴィルヘル... [続きを読む]

受信: 2008年11月16日 (日) 23時26分

» ヴィルヘルム・ハンマースホイ 静かなる詩情 @国立西洋美術館 [Art & Bell by Tora]
 Takさんに誘われて内覧会に行ってきた。写真撮影は許可をえたので自由に撮らせていただいた。 ハンマースホイはデンマークの室内画家であり、2年前に訪れたストックホルムのティールスカ・ギャレリーや国立美術館で見たことがあり、最近東美で開かれたオルセー美術館展でも遭遇したので、気になっていた画家である。  ところが、この画家は、最近再発見されたという形で世界中で回顧展が開かれているとのこと。本邦では、もちろん今回が最初である。  全体を通してみると、ハンマースホイの画風はほとんど変わっていな... [続きを読む]

受信: 2008年11月17日 (月) 09時04分

» 「ハンマースホイ展」 [弐代目・青い日記帳 ]
明日から国立西洋美術館で開催される 「ヴィルヘルム・ハンマースホイ 静かなる詩情」展のプレスプレビューにお邪魔させて頂きました。 ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツ、ロンドン(Royal Academy of Arts)で今年の夏に開催された展覧会がグレードアップし、いよいよ満を持して日本に上陸。(ロンドン展の感想はこちら) 今年のベスト10入り間違いなしの展覧会。 9月30日より12月7日まで日本でほとんど知られていないデンマークの孤高の画家ヴィルヘルム・ハンマースホイ... [続きを読む]

受信: 2008年11月17日 (月) 18時19分

» ハンマースホイ展(東京展) [アトリエ・リュス]
「ヴィルヘルム・ハンマースホイ 静かなる詩情」(9月30日-12月7日)を国立西洋美術館でみた。 ハンマースホイという名を目にしたのは、去年のオルセー美術館展が初めて。エントリでは触れなかったけども、出品されていた《室内、ストランゲーデ30番地》は妙に静かで何もない不思議な絵だなと思ったことをよく憶えている。 ヴィルヘルム・ハンマースホイ(1864-1916)は20世紀初めに活躍した、北欧の象徴主義美術を代表するデンマークの画家。「モノトーンを基調とした静寂な絵画空間」が特徴。 ... [続きを読む]

受信: 2008年11月17日 (月) 23時32分

« 速水御舟展、平塚市美術館・・・細密画の極致、炎に舞う儚い生命のように | トップページ | 「線の巨匠たち」藝大美術館・・・優雅な線の美しさ »