« 「フェルメール展-光の天才画家とデルフトの巨匠たち-」東京都美術館(2)・・・光と陰影の室内空間 | トップページ | 「琳派から日本画へ」山種美術館・・・宗達と御舟の饗宴 »

2008年12月 7日 (日)

ポール・W.S.アンダーソン『デス・レース』・・・不正に怒り、復讐する人のために

Death_race_2008Death_race_2008_1大久保 正雄『旅する哲学者 美への旅』より  
有楽座にてみる。アメリカ経済は2012年に崩壊した。失業者が溢れて、犯罪者が溢れ、刑務所はどこも満杯。そこで政府は刑務所を民営化。ターミナル・アイランドでは、“デス・レース”と呼ばれる残酷なカーレースが行われ全世界に中継されていた。ローマ帝国のグラディエーター(剣闘士)のように死闘が行われる。このナレーションではじまる。
★金融資本主義は崩壊した
リーマン破綻(2008年9月15日)の前に作られた映画だが、予言している。アメリカ経済は2012年に崩壊するのか。日本経済は優秀で復興すると思っているサラリーマンがいるが、それは愚の骨頂である。金融資本主義は崩壊した。これからアメリカ帝国の滅亡が始まり、日本も滅亡し始める。金子勝教授も言っている。これから生き残りのための死闘が始まる。
★不正を怒り復讐する人のために
レースの形をした殺し合い。主人公が妻殺しの汚名を着せられ、刑務所に投獄されたのは、この女所長の陰謀である。
刑務所といっても、民間企業である。そこで刑務所は収益をあげるために、囚人同士を戦わせて、視聴率で稼ぐ殺し合いの自動車レース、デス・レースをくり広げる。だから視聴率を上げるために、主人公を無実の罪で投獄させたのである。ヒーローは「バットマン」や「スパイダーマン」のように顔を隠さなければならない。
デス・レースは、囚人を殺人レースに参加させ、殺し合わせるところを全世界に放送するという現代のグラディエーターのようなレースである。
女優ナタリー・マルティネス(Natalie Martinez)が鮮烈。美人が困難に出会うのは美しい。藝術の不可欠の要素である。ジョン・エヴァレット・ミレイの絵画の美しさの本質は、悲劇に襲われる美人である。
カート・ウィマー監督「ウルトラヴァイオレット」2006、「リベリオン」2002のような、反逆映画である。
権力者は不正をやりたい放題、支配される者は搾取され尽くす。ここから権力者に対する復讐のドラマが幕をあける。すべての不正を怒り復讐する人のために捧げる映画。愛する友よ、ともに戦おう。Merry Christmas!
――
★「デス・レース」"DEATH RACE"2008
[監督]ポール・W.S.アンダーソン
[脚本]ポール・W.S.アンダーソン/(オリジナル脚本)ロバート・ソム/チャールズ・グリフィス[製作]ポーラ・ワグナー/ジェレミー・ボルト/ポール・W.S.アンダーソン/(製作総指揮)ロジャー・コーマン[出演]ジェイソン・ステイサム/ナタリー・マルティネス/ジョアン・アレン/イアン・マクシェーン/タイリース・ギブソン
★オリジナル版は「低予算映画の王者」「B級映画の帝王」の異名を持つロジャー・コーマン制作で1975年に作られたカルト映画の傑作『デスレース2000』。
★予告編

|

« 「フェルメール展-光の天才画家とデルフトの巨匠たち-」東京都美術館(2)・・・光と陰影の室内空間 | トップページ | 「琳派から日本画へ」山種美術館・・・宗達と御舟の饗宴 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
TB&コメントありがとうございました。
これからも宜しくお願いします。

何が何でもドラーバーを死に追いやろうとする(汗)残酷なレースでしたが、ゲーム感覚的なところもあってなかなか面白かったです。

『リベリオン』は私も大好きな映画です。
ガン=カタがカッコ良かったなぁ~
『ウルトラヴァイオレット』も同じような雰囲気があって面白い映画でしたね!

投稿: 由香 | 2008年12月 8日 (月) 18時32分

leonardoさん
こんにちは!そして初めましてです。
凄いですね。フェルメールや速水御舟が
お好きなのですね。私はどちらかといえば
現代アートが好きです(笑)といいながら
レンブラントやゴヤなどの銅版画が好きですが。最近はアート関連の記事より、映画の
記事が増えてしまいました。またお邪魔いたします。今後とも宜しくです。コメント&TB、ありがとうございました!

投稿: mezzotint | 2008年12月11日 (木) 10時44分

由香さん
コメントありがとうございます。
『リベリオン』『ウルトラヴァイオレット』、お好きですか。趣味が合いますね。
これからもよろしくお願いします。

投稿: leonardo | 2008年12月11日 (木) 13時46分

mezzotintさん
コメント&TB、ありがとうございました。銅版画、20年製作されているのですね。デッサン、版画についての記事、ご参照いただければ幸いです。私は、イタリア・ルネサンス美術、ギリシア美術が好きです。これからもよろしくお願いします。


投稿: leonardo | 2008年12月11日 (木) 16時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501484/43346713

この記事へのトラックバック一覧です: ポール・W.S.アンダーソン『デス・レース』・・・不正に怒り、復讐する人のために:

» デス・レース [★YUKAの気ままな有閑日記★]
カーアクション・オンチなんだけど・・楽しめるかな?【story】近未来のアメリカ。犯罪が多発し、刑務所は営利目的の民間企業が運営していた―四方を海に囲まれたターミナル・アイランドと呼ばれる脱獄不可能な刑務所では、服役中の凶悪犯による過激な死のレース“デス・レース”を開催。全米中にTV中継され、絶大な人気を誇っていた。殺人の濡れ衣を着せられた元レーサーのジャンセン(ジェイソン・ステイサム)は、刑務所の所長ヘネシー(ジョアン・アレン)からデス・レース出場を迫られ、ナビゲーターのケース(ナタリー・マルティ... [続きを読む]

受信: 2008年12月 7日 (日) 17時32分

» デス・レース◆散りばめられた鋼鉄のメタファー [好きな映画だけ見ていたい]
     「デス・レース」 (2008年・アメリカ) 焼けた鋼鉄と硝煙が画面から臭い立ち、軋むタイヤが発する熱がフィルムの色調を鋼色に染めていく・・・・・・。時は2012年。経済が崩壊し、失業者が巷にあふれた近未来のアメリカ。民間企業が運営する孤島の刑務所を舞台に、囚人たちの命賭けのカー・レースを迫真のアクションで描く。「バイオハザード」シリーズや「エイリアンVSプレデター」でおなじみのポール・W・S・アンダーソン監督が、ロジャー・コーマン製作の「デス・レース2000年」を大幅に脚色したリメイク... [続きを読む]

受信: 2008年12月 8日 (月) 10時02分

» デス・レース:DEATH RACE [銅版画制作の日々]
  やっぱり、ジェイソン・ステイサムはこのヘアスタイルがいい! 12月2日、東宝シネマズ二条にて鑑賞。この日は、シネマズ会員割引ディーなので、1300円です。 今回のデス・レースですが、今から33年前に製作された「デス・レース2000」(1975年)のリメイク版だということで、本作には前作で、製作に携わったロジャー・コーマン氏が同じく製作総指揮にあたっているそうです。ロジャー・コーマン氏はB級映画の帝王と呼ばれ、低予算映画を専門とするプロデューサーで有名な方のようですね。 ということは、今回... [続きを読む]

受信: 2008年12月10日 (水) 13時54分

» デス・レース [Peaceナ、ワタシ!]
- 命を、賭けて、参加せよ。 - 昨晩『デス・レース』の試写会へ行ってきました! ‘2名様まで入場可’なのに、一緒に行く人がなかなか捕まらず。何故だ? と考えてみたんですけれど、どう考えても‘ボジョレー解禁日’しか理由が思い当たりませんでした・笑 そりゃあ捕まらないわな…私も帰ってから飲んだけど…飲んべえ揃い?? というわけで、1人で鑑賞してきたんですが、これがまた予想以上に面白かったんです! 1975年のカルト映画『デス・レース 2000年』の世界観を受け継いだリメイクらしいのですが... [続きを読む]

受信: 2008年12月12日 (金) 13時53分

» デス・レース [LOVE Cinemas 調布]
『バイオハザード』、『エイリアンvsプレデター』のポール・W.S.アンダーソン監督作品。主演は『トランスポーター』のジェイソン・ステイサム。刑務所で命を懸けたレースが展開されるド派手なカーアクション映画。予告をみてあまりの馬鹿さ加減に痺れてしまい早速レッツゴー!... [続きを読む]

受信: 2008年12月12日 (金) 16時04分

» 『デス・レース』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「デス・レース」□監督・製作・原案・脚本 ポール・W・S・アンダーソン □原案 イブ・メルキオー □脚本 ロバート・ソム / チャールズ・グリフィス □キャスト ジェイソン・ステイサム、タイリース・ギブソン、イアン・マクシェーン、ナタリー・マルティネス、ジョアン・アレン ■鑑賞日 12月9日(火)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 少し前にCSで放送していた『トランスポーター1、2』を続けて観た。 特にストーリー性が高いとか言うも... [続きを読む]

受信: 2008年12月17日 (水) 17時20分

« 「フェルメール展-光の天才画家とデルフトの巨匠たち-」東京都美術館(2)・・・光と陰影の室内空間 | トップページ | 「琳派から日本画へ」山種美術館・・・宗達と御舟の饗宴 »