« 妙心寺展・・・禅の空間 、近世障屏画の輝き | トップページ | 田中康夫講演会「政権交代が目的ではない」 »

2009年3月22日 (日)

「生活と芸術 アーツ&クラフツ展」ウイリアム・モリスから民芸まで・・・いちご泥棒

Arts_and_craft_2009_0Strawberry_thief大久保 正雄『旅する哲学者 美への旅』より
桜の蕾がふくらむ早春の夕暮れ、アーツ&クラフツ展に行く。アーツ&クラフツはウィリアム・モリス(1834-96)らによって始められた。ラファエル前派、ケルムスコットプレスの美しい装丁の書物、モリス商会の美しいファブリック、ステンドグラス。ウィリアム・モリス、ジョン・ラスキン、ダンテ・ガブリエル・ロセッティの作品が展示されている。19世紀イギリス文化の結晶、近代化に対する批判精神の現れである。ビアズリー(1872‐98)、クリムト(1862‐1918)と同時代、装飾芸術の精華である。美しい装丁の書物が印象的である。
――
★展示作品の一部
アーネスト・ギブソン「ラダーバック・チェア」1895、V&A
ウィリアム・モリス「タペストリ 森」1887、V&A
ダンテ・ガブリエル・ロセッティ「聖ゲオルギウス ステンドグラス」1862、V&A
ウィリアム・モリス「いちご泥棒」1883、V&A
ウィリアム・モリス「詩の本」1870、V&A
ウィリアム・モリス「輝く平原の物語」1894、V&A
エドワード・バーン・ジョーンズ「生命の木」1888、V&A
チャールズ・レイニー・マッキントッシュ「ハイバック・チェア」1898、豊田市美術館
バーナード・リーチ「生命の木」1928、京都国立近代美術館
■「生命の木」(Tree of Life)が、2点展示されていてギリシアの絨緞を思い出した。
ギリシアに旅した時、アテネからデルフィに向かう途中、パルナッソスの山の斜面のアラホヴァ(Arachova)の町の店で、生命の木のモティーフの美しい絨緞が懸けられていた。
「生命の木」は、自然と生命を賛美する構図で、北斗七星、樹木と馬、魚、などが描かれている。生命の樹(Tree of Life)は、旧約聖書の創世記(2章9節以降)にエデンの園の中央に植えられた木である。カバラではセフィロトの木 (Sephirothic tree) という。生命の樹は、禁断の知恵の樹と関係がある、といわれている。
■ウィリアム・モリス(William Morris,1834- 1896)は、19世紀イギリスの詩人、デザイナー、マルクス主義者。モダンデザインの父と呼ばれる。職人はプロレタリアートになり、労働の喜びや手仕事の美しさも失われた時代にあって、中世に憧れ、プロレタリアートを解放し、生活を芸術化するために、根本的に社会を変えることが不可欠だと考えた。マルクス主義を熱烈に信奉し、エリノア・マルクスらと行動をともにし、社会主義協会を結成した。叙事詩『地上の楽園』、『世界の果ての泉』などの著書がある。
展示構成
第1部イギリス
第2部ヨーロッパ
第3部日本
――
■アーツ&クラフツ
19世紀後半のイギリスで興り、今日の暮らしに大きな影響を与えたデザイン運動「アーツ&クラフツ」。産業化・工業化が進む時代を背景に、失われた手仕事の良さを見直し、自然や伝統に美を再発見します。さらには過剰な装飾ではなく、シンプルな美しさをとり入れたライフスタイルを提案するなど、実に多彩な理想を掲げました。
主導的な立場にあったのは、思想家ジョン・ラスキン(1819-1900)と、デザイナーで思想家、詩人でもあったウィリアム・モリス(1834-96)でした。ラファエル前派のD.G.ロセッティやエドワード・バーン=ジョーンズらが参加したモリス・マーシャル・フォークナー商会(のちにモリス商会)を中心に、装飾芸術をめぐって活発な活動がロンドンで繰り広げられました。1880年代末には運動の名称ともなったアーツ&クラフツ展協会が創設され、各地で意欲的な展覧会が開かれたり、工房が作られたりしました。
アーツ&クラフツの考えと試みは、出版や研究を通じて、瞬く間にヨーロッパやアメリカ、日本にも伝わります。各地での歴史、文化、社会情勢の影響を受けながら、多種多様な作品が生み出されていきました。住宅を中心とする総合芸術の探究は、その後のモダン・デザインを生む源流の一つとなりました。
■ヴィクトリア&アルバート美術館とウィリアム・モリス
V&Aは、1851年に開かれたロンドン万国博覧会の成功をうけ、1852年、産業博物館として創立されました。1857年に現在のサウス・ケンジントンに移転し、サウス・ケンジントン美術館と名を改め、1899年には、創立に尽力したヴィクトリア女王とアルバート公夫妻の名を冠して改称しました。古代から現代までの絵画、彫刻、陶磁器、織物、家具、写真、ファッション、ガラス、宝石など、世界に類を見ない豊富なコレクションを誇っています。 V&Aには、ウィリアム・モリスらが1861年に設立したモリス・マーシャル・フォークナー商会が内装を手掛けた食堂「グリーン・ダイニングルーム」が現存しています。世界最初の美術館内食堂の一つで、フィリップ・ウェッブの監督の下、バーン=ジョーンズがパネルを、モリスが天井の模様を担当。度重なる修復を経て、現在も当時の姿を見ることができます。本展には同ルームのデザインも展示されます。
――
★「生活と芸術 アーツ&クラフツ展 ウィリアム・モリスから民芸まで」東京都美術館、2009年1/24~4/5
http://www.asahi.com/ac/
A_and_c_rossetti_2009_2

|

« 妙心寺展・・・禅の空間 、近世障屏画の輝き | トップページ | 田中康夫講演会「政権交代が目的ではない」 »

イギリス美術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501484/44430228

この記事へのトラックバック一覧です: 「生活と芸術 アーツ&クラフツ展」ウイリアム・モリスから民芸まで・・・いちご泥棒:

» 「生活と芸術 - アーツ&クラフツ展」 東京都美術館 [はろるど・わーど]
東京都美術館(台東区上野公園8-36) 「生活と芸術 - アーツ&クラフツ展 ウィリアム・モリスから民芸まで」 1/24-4/5 19世紀後半にイギリスで興ったデザイン運動「アーツ&クラフツ」の広がりを、イギリス、ヨーロッパ、そして日本までに手を広げてひも解きます。(ちらしより一部引用)東京都美術館で開催中の「アーツ&クラフツ」展へ行ってきました。 モリスに始まり棟方志功に終わるというバラエティーに富んだ展示でしたが、色も形にも様々なステンドグラスや家具、壺、さらにはタペストリーなどを次... [続きを読む]

受信: 2009年3月22日 (日) 21時11分

» 東京都美術館で「生活と芸術―アーツ&クラフツ展 ウィリアム・モリスから民芸まで」を観た! [とんとん・にっき]
  東京都美術館で「生活と芸術―アーツ&クラフツ展 ウィリアム・モリスから民芸まで」を観てきました。といっても、観たのはもう1ヶ月以上前のことです。なかなか記事にする気力が出てこなくて、そのうちにと思っていたら、1ヶ月以上経ってしまったというわけです。つい... [続きを読む]

受信: 2009年3月22日 (日) 22時49分

» アーツ&クラフツ展(都美) [アトリエ・リュス]
「生活と芸術ーーアーツamp;クラフツ展 ウィリアム・モリスから民芸まで」を東京都美術館でみた。チケットもきれいだったので。デザイン運動「アーツamp;クラフツ」のなかで重要な位置を占めるウィリアム・モリスは、詩人として有名だったらしいが、モリスというと、浮かぶのはやはり刺繍、タペストリー、壁紙など数々のテキスタイルデザイン。このアーツ&クラフツは欧州から日本にまでそれぞれの国情を反映した形で広がることになるのだが、僕は「モリスと仲間たち」みたいな感覚でこの展覧会を楽しんだ。ロセ... [続きを読む]

受信: 2009年3月22日 (日) 22時54分

» 「生活と芸術−アーツ&クラフツ展」 [弐代目・青い日記帳 ]
東京都美術館で開催中の 「生活と芸術−アーツクラフツ展」ウィリアムモリスから民芸までに行って来ました。 イギリスの「アートとデザイン」の国立美術館として名高い、ロンドン市内にあるヴィクトリア&アルバート美術館(VA)この美術館で2005年3月17日〜7月24日まで開催された「International Arts Crafts」 Arts and Crafts was one of the most far-reaching, influentia... [続きを読む]

受信: 2009年3月29日 (日) 21時07分

« 妙心寺展・・・禅の空間 、近世障屏画の輝き | トップページ | 田中康夫講演会「政権交代が目的ではない」 »