« 「国宝 阿修羅展」・・・天平文化の香り | トップページ | ルーヴル美術館展 17世紀ヨーロッパ絵画・・・バロックの世紀、17世紀 »

2009年5月 8日 (金)

ルーヴル美術館展 美の宮殿の子どもたち 国立新美術館・・・愛の神、エロス

Louvre_2009_lenfant_01 春風の吹く4月の晴れた夕暮れ、美術館に行く。愛の神、エロスの像に見惚れてたたずむ若い女性がいる。
「古代エジプトのハトホル神に授乳するイシス女神」、「愛の神、エロス、クピド、アモール」、赤像式スタムノス「蛇を絞め殺す幼児ヘラクレス」、「キリストとマリア、聖母子像」、「東方三博士の礼拝」、「アンティステリア祭、酒神ディオニュソスの祭」、「眠るエロス」、「画家の亡くなった娘への思い」、<子どもの図像>をめぐる四千年の文化史である。
ドニ・フォワヤティエ「アモール」(19世紀)に、見惚れてたたずむ若い女性がいる。ギリシアのペンテリコン大理石の肌が美しい。翼あるエロスは弓と矢をもつ。その矢で射貫かれると愛を抱く。女性は矢で射貫かれたのである。
Denis Foyatier (1793‐1863),Amour
■展示作品
ヤン・ファン・ハンスベルヘン「授乳する女性」1675
ジャン=バティスト・ドフェルネ「悲しみにくれる精霊」大理石
ジャン=フレデリック・シャル「生のはかなさへの思い」1806
ジャン=バティスト・ルイ・ロマン「無垢」
ジョシュア・レイノルズ「マスター・ヘア」1788
ペーテル・パウル・ルーベンス「母と二人の子どもと召使」
フェルディナント・ボル「山羊の引く車に乗る貴族の子どもたち」
ジャック・フランソワ・サリ「髪を編んだ少女の胸像」
ジョシュア・レノルズ「マスター・ヘア」
ピエール=ジャン・ダヴィッド・ダンシェ「テレーズ・オリヴィエ」
ベラスケス工房「フランス王妃マリー=テレーズの幼き日の肖像」
ティツィアーノ「聖母子と聖ステバノ、聖ヒエロニムス、聖マウリティウス」
ペーテル・パウル・ルーベンス「少女の顔」
「子どものサテュロス」ローマ帝国時代
ドニ・フォワヤティエ(1793-1863)「アモール」
「子どもの音楽家のフリーズ」
デュショワゼル「アモール」
フランソワ・ブーシェ「アモールの標的」
■展示構成
1.誕生と幼い日々
2.子供の日常生活
3.死をめぐって
4.子供の肖像と家族の生活
5.古代の宗教と神話のなかの子ども
6.キリスト教美術のなかの子ども
7.空想の子ども
ルーヴル美術館の7部門のセクション(古代エジプト美術部門、古代オリエント美術部門、古代ギリシャ・エトルリア・ローマ美術部門、彫刻部門、美術工芸品部門、絵画部門、素描・版画部門)から合計約200点が出品されている。古代エジプト中王国から19世紀半ばまで、4000年の歴史を展望する。絵画や彫刻の他、古代エジプトの少女のミイラ、衣服や靴や玩具、書字板、エマイユの封蝋入れ、メダル。様々な形態で作られた子供のイメージ。
■ルーヴル美術館展 美の宮殿の子どもたち、国立新美術館
L'enfant dans les collections du musée du Louvre
2009年3月25日(水)-6月1日(月)
http://www.asahi.com/louvre09/

|

« 「国宝 阿修羅展」・・・天平文化の香り | トップページ | ルーヴル美術館展 17世紀ヨーロッパ絵画・・・バロックの世紀、17世紀 »

美術館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501484/44945815

この記事へのトラックバック一覧です: ルーヴル美術館展 美の宮殿の子どもたち 国立新美術館・・・愛の神、エロス:

» 国立新美術館で「ルーヴル美術館展 美の宮殿の子どもたち」を観た! [とんとん・にっき]
六本木の国立新美術館で「ルーヴル美術館展 美の宮殿の子どもたち」を観てきました。ほぼ同じ時期に上野の国立西洋美術館で「ルーヴル美術館展 17世紀ヨーロッパ絵画」を開催しています。国立新美術館の方は朝日新聞社・テレビ朝日が主催し、国立西洋美術館の方は日本... [続きを読む]

受信: 2009年5月 9日 (土) 22時22分

« 「国宝 阿修羅展」・・・天平文化の香り | トップページ | ルーヴル美術館展 17世紀ヨーロッパ絵画・・・バロックの世紀、17世紀 »