« 上村松園、美人画の粋・・・緑陰の午後 | トップページ | トリノ・エジプト展 イタリアが愛した美の遺産・・・夏の夜の森 »

2009年7月31日 (金)

村上華岳「裸婦図」・・・崇高なヌード

2009 霊と肉の調和
「肉であると同時に霊でもあるものの美しさ」である。肉体と精神性、妖艶と聖性、官能美と知性の覚醒の境地という相反する要素、対立する要素の不思議な調和がある。
幽玄な森を背景に、一人の薄絹をまとった女。女性は耳飾、胸飾、首飾、臂釧、腕釧などの装身具を身につけていて、印度の仏像彫刻のようである。豊麗な体は、透明な衣の繊細にして強い描線で縁取られている。
■美の根源のエロス
女は艶麗でありかつ、清純な姿である。たたたずまいに立ち上る仄かな色香。肌理細やかな肌に、幽かな朱色。艶然として仏像のようなまなざし。美の根源にはエロスがある。
縦163 cm、横109 cm、現身の等身大の作品である。
近代日本画を作り上げた画家、村上華岳1888-1939(明治21-昭和14)。51才で亡くなった画家、32才の作品。
村上華岳「裸婦図」1920(大正9)第3回国画創作協会展、絹本・彩色・額(1面)163.6×109.1cm
山種美術館所蔵、「上村松園、美人画の粋」山種美術館にて、7月26日。

|

« 上村松園、美人画の粋・・・緑陰の午後 | トップページ | トリノ・エジプト展 イタリアが愛した美の遺産・・・夏の夜の森 »

日本画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501484/45791929

この記事へのトラックバック一覧です: 村上華岳「裸婦図」・・・崇高なヌード:

» 仏像 彫像 展覧会 [仏像の世界]
小さなご利益【夢をかなえるゾウ】で人気のゾウの神様ガネーシャやとっても小さいけれど神様の彫像ですミニミニ神様立像 仏像商品価格:590円レビュー平均:5.0 ありがたい仏陀の頭インテリアにいかが?仏陀ヘッド 彫像 釈迦如来 (ブッダ 仏像 頭)商品価格:22,000円レビュー平均:0.0 現代の仏像 現代の仏像仏像の名作といわれるものは大体が古代のものですけど、近現代で仏像の名作ってあるのでしょうか。もしないとしたら、何故ないのでしょうか?また、今後仏像の名作が生まれる可能性はあるのでしょうか... [続きを読む]

受信: 2009年8月 1日 (土) 14時47分

« 上村松園、美人画の粋・・・緑陰の午後 | トップページ | トリノ・エジプト展 イタリアが愛した美の遺産・・・夏の夜の森 »