« 冷泉家 王朝の和歌守展・・・夢の浮き橋 | トップページ | ボルゲーゼ美術館展・・・レオナルド派「レダ」 »

2009年11月27日 (金)

速水御舟展、新山種美術館・・・炎と闇

20091001 40歳で夭折した画家、速水御舟は、「炎舞」「名樹散椿」他、不朽の名画を残した。「炎舞」の舞い飛ぶ蛾と炎と闇は何を象徴するのか。「名樹散椿」の枝を広げる樹木と舞い散る花弁は、何を意味するのか。御舟の絵画空間は美しく深い。
御舟は1930(昭和5)年、大観らとローマ日本美術展覧会美術使節として10ヶ月間渡欧、13か国48都市を訪れて、ヨーロッパ美術を見た。エルグレコ、ジョットに影響を受けて、人物画を模索し死に至るまで画境を追求した。未完の「婦女群像」1934が残されている。御舟の見果てぬ夢を辿る展覧会である。

御舟はこれまでくりかえし観てきたが、何度みても見飽きない美しさと深さを秘めている。*
*「速水御舟展」山種1976、「日本美術院創立100年記念展 近代日本美術の軌跡」1998東京国立博物館、「速水御舟展」山種2004年、「速水御舟展」平塚市美術館2008、「琳派から日本画へ」山種2008年。
■展示作品
≪炎舞≫(重要文化財)1925、≪名樹散椿≫(重要文化財)1929、 ≪山科秋≫、≪桃花≫、≪春昼≫、≪百舌巣≫、 ≪昆虫二題葉蔭魔手・粧蛾舞戯≫1926、≪翠苔緑芝≫1928、 ≪紅梅・白梅≫、≪豆花≫、≪オリンピアス神殿遺址≫1931、 ≪暗香≫、≪牡丹花(墨牡丹)≫1934、≪あけぼの・春の宵≫、 ≪秋茄子≫他 特別出品 ≪婦女群像≫1934、「渡欧日記」1930、他120点。
展示構成
第1章:画壇からの出発
第2章:古典への挑戦
第3章:渡欧から人物画へ
第4章:挑戦者の葛藤
――――――――
大正から昭和を駆け抜けた日本画家・速水御舟。40年の短い生涯におよそ700余点の作品を残しましたが、その多くが所蔵家に秘蔵されて公開されることが少なかったため、「幻の画家」と称されていました。
 初期の南画風の作風から、細密描写、象徴的作風、写実と装飾を融合した画風、そして水墨画へと、御舟はその生涯を通じて、短いサイクルで次々と新しい試みに挑み続け、常に挑戦者であろうとしました。
 新「山種美術館」開館記念特別展では、当館所蔵の≪炎舞≫≪名樹散椿≫(重要文化財)を始めとする120点の御舟作品に加え、本邦初公開となる未完の大作≪婦女群像≫(個人蔵)および1930(昭和5)年の 渡欧日記(個人蔵)などを出展します。
 これらの新出資料を通じて、1935昭和10年40歳の若さで急逝した御舟が新たに目指していた方向性が明らかになることでしょう。本展では、山種美術館所蔵の御舟作品をすべて展示し、皆様にいま一度、御舟作品の凄みを体感していただきたいと思っています。
■新山種美術館開館記念特別展「速水御舟-日本画への挑戦-」
会期:2009年10月1日(木)~11月29日(日)
山種美術館 〒150-0012 東京都渋谷区広尾3-12-36
http://www.yamatane-museum.or.jp/

|

« 冷泉家 王朝の和歌守展・・・夢の浮き橋 | トップページ | ボルゲーゼ美術館展・・・レオナルド派「レダ」 »

日本画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501484/46875471

この記事へのトラックバック一覧です: 速水御舟展、新山種美術館・・・炎と闇:

» 山種美術館で「速水御舟―日本画への挑戦―」展を観た! [とんとん・にっき]
「速水御舟―日本画への挑戦―」展チラシ 山種美術館は、千代田区三番町にありましたが、渋谷区広尾に建設された新美術館に移転しました。恵比寿駅から南青山方面へ10分ほど歩いた、ちょっと遠い場所にあります。展示室は三番町と比べて約2倍に拡大しましたが、展示室のほと... [続きを読む]

受信: 2009年11月27日 (金) 23時34分

» 新美術館開館記念特別展 速水御舟―日本画への挑戦―(山種美術館) [あお!ひー]
絶対に行きたい! この秋、そう思ってたのがこの「新美術館開館記念特別展 速水御舟―日本画への挑戦―」。 九段下から歩いて行った山種美術館は閉館し、広尾に新しい山種美術館がオープンして初めての展示です。 御舟は40歳で没しています。そう考えると作品点数は長生きした作家さんよりも少ないはず。 ですが、さすがは山種美術館です。いいのをたくさん持っててびっくりしますね。 {/star/}錦木 御舟、19歳の作。 生え際のぼやけた感じとかやっぱりうまい。あと、ただ描いてるのではなく人物の持... [続きを読む]

受信: 2009年11月28日 (土) 00時51分

» 「速水御舟 - 日本画への挑戦 - 」 山種美術館(プレビュー Vol.2) [はろるど・わーど]
山種美術館(渋谷区広尾3-12-36) 「新美術館開館記念特別展 速水御舟 - 日本画への挑戦」 10/1-11/29(前期:10/1-11/1 後期:11/3-11/29) Vol.1に続きます。新しく新築移転オープンした山種美術館で開催中の「速水御舟 - 日本画への挑戦 - 」へ行ってきました。 先のエントリでは山種美術館の概要、またプレビュー時に行われた同館顧問、山下氏のレクチャーをまとめましたが、こちらのVol.2では私が思う見所の他、展示の流れを各章に沿って追っかけていきます。 ... [続きを読む]

受信: 2009年12月 5日 (土) 21時04分

« 冷泉家 王朝の和歌守展・・・夢の浮き橋 | トップページ | ボルゲーゼ美術館展・・・レオナルド派「レダ」 »