« カポディモンテ美術館展・・・イタリア・バロックの退廃美 | トップページ | 上村松園展・・・美人画の系譜 »

2010年9月25日 (土)

カラヴァッジョ「ホロフェルネスの首を切るユディト」・・・バルベリーニ宮殿

Caravaggiojudithholofernes201009 枯葉舞い散る森を歩いて、美術館に行く。もう一度、カポディモンテ美術館展に行き、アルテミジア・ジェンティレスキ「ユディトとホロフェルネス」を見る。
10年前、ローマのバルベリーニ宮殿(Palazzo Barberini)で見たカラヴァッジョ「ホロフェルネスの首を切るユディト」1598を思い出す。
宴で酒を飲み眠っているホロフェルネスの首を剣で切るユディト。首から鮮血が噴き出す場面である。若くて美しい女が敵将を殺すところに美がある。若い美女と将軍と老いた召使い。光と闇、美と醜、老若の対比の中に、愛と憎しみがある。ユディトのモデルは十八才の娼婦フィリデ・メランドローニ、後に彼が殺害するラヌッチョ・トマッソーニの愛人である。カラヴァッジョ(Michelangelo Merisi da Caravaggio1571-1610)、27才の時の傑作。

|

« カポディモンテ美術館展・・・イタリア・バロックの退廃美 | トップページ | 上村松園展・・・美人画の系譜 »

バロック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501484/49554188

この記事へのトラックバック一覧です: カラヴァッジョ「ホロフェルネスの首を切るユディト」・・・バルベリーニ宮殿:

« カポディモンテ美術館展・・・イタリア・バロックの退廃美 | トップページ | 上村松園展・・・美人画の系譜 »