« カミーユ・ピサロ『虹』・・・移ろいゆく光の美 | トップページ | 謹賀新年・・・不死鳥のように »

2010年12月27日 (月)

権力の闇との戦い・・・「2010饗宴、シンポジウム」

Gabrielle_d_estree_louvre 岩上安身氏主催シンポジウムとパーティに友人たちと出席した。
マスコミの偏向、虚偽報道、検察の証拠改竄と暴力がうみ出す冤罪事件、国家戦略なき国日本の外交・防衛について、熱い議論が燃えさかった。
孫崎享氏に会う。孫崎氏は元駐イラン大使、世界戦略、国家戦略について最も卓越した見識を有する人である。孫崎氏と名刺交換すると「あなたのブログを読んでいます」といわれた。(*大久保正雄『地中海紀行』『地中海のほとりにて』参照)
シンポジウムの主な論点は、以下の点である。
(詳細は岩上安身事務所(IWJ)からDVDが発売されるのでご覧下さい)
■1、上杉隆、畠山理仁
「官房機密費は放送禁止用語。」「記者クラブは官報複合体であり、真実を報道しない。軍産複合体のような利権団体。官房機密費によって新聞記者は買収されている。」「日本のマスコミは、偏向報道、隠蔽が日常的に行われている」「米国マスコミには2ドルルールがある。コーヒー程度以上供応を受けてはならない」「官房機密費による記者買収の証拠書類を鈴木宗男議員から受け取った」上杉隆
「真実を言うと、テレビ新聞から締め出される。フリージャーナリストは、記者クラブメディアに虐待される。」上杉隆「記者会見に行くと取材費用自己負担でお金が掛かる。リスクを負って取材している」
■2、郷原信郎、平野貞夫
「検察は暴力装置である。検察ファッショが議会制民主主義を圧殺している。西松事件は麻生首相の指揮権発動があった。」平野貞夫
「冤罪事件は多数存在する。無罪と分かっていながら証拠改竄、捏造して、起訴が日常的に行われている」「村木厚子事件は証拠改竄、捏造して、冤罪と分かっていながら起訴された。証拠隠滅罪ではなく、特別公務員職権濫用罪が適用されるべきだ」「検察の取り調べ、全面可視化すべきだ。」郷原信郎「冤罪事件は日本中で非常に多い。裁判官も検察の調書を重視する。だから裁判所で正しく審理されない。起訴有罪率が異常に高い。」「検察は司法なのか行政なのか曖昧。」「官房機密費による記者買収の証拠書類を私も所蔵している」「金融資本主義は破綻している。」平野貞夫
■3、孫崎享、伊波洋一
「沖縄は辺野古移設を受け入れない」伊波洋一
「日本の米軍依存は異常」「尖閣は日中間で棚上げされていた。それを揺り起こしたのは日本である。前原大臣である」と孫崎享氏がいうと一部から驚愕とどよめきが起こった。「ウィキリークスが暴露。2010年2月2日、キャンベル国務次官補、小沢一郎と会談。この後キャンベルは韓国に行き2月3日韓国首脳に「民主党内閣は信用できない。自民と違う。」といった。鳩山政権崩壊を工作。」「安保条約第5条は、日本の施政下にある領域に攻撃があった時に行動。国会答弁で、安保条約は北方領土を対象としない。 米国は尖閣を守らない」「現在、日本官僚、前原大臣、米国の言う通りに行動。亡国。」孫崎享。「日本はアメリカの植民地。ティム・ワイナーは米国と日本はヒモと娼婦の関係であるといった。」岩上安身

■亀井静香議員が乱入してきて「日本は自分さえよければいいという国になってしまった。小泉改革によってこの国は衰退し堕落した」と30分演説、歌を熱唱して去った。
この後、八木啓代さんが歌う「Te Quieroあなたを愛する」(詩マリオ・ベネデッティ、曲アルベルト・ファベーロ)の熱唱を聴きながら、パーティでさらに盛り上がって、楽しい宴である。
(*八木啓代さんは前田検事を「特別公務員職権濫用罪」で最高検に告訴した。)
■権力の闇との戦い
私が細川護熙氏に会ったのは1993年春、政権交代前である。ウォルフレン『日本 権力構造の謎』は1990年刊行。石井紘基氏が暗殺されたのは2002年10月25日である。
いま日本は見えざる権力による暴力と圧政に満ちている。国家の欺瞞と搾取の構造はさらに深まった。孫崎享氏は「日本は国家戦略を持たない。また現代の日本企業は戦略をもたない。だから経済戦争で負けた」という(*参考文献参照)。我々は権力の闇と戦うために、戦略を構築しなければならない。
わたしは次の言葉を思い出す。「世界のどこかで、誰かが蒙っている不正を、心の底から深く悲しむことのできる人間になりなさい。それこそが革命家としての、一番美しい資質なのだから。」チェ・ゲバラ『娘に遺書として残した手紙』
「人間であるということは、手にした石を据えることで、自分が世界の構築に携わっていると感じることである。」サン・テグジュペリ『人間の土地』
――――――――――
■【2010総決算!饗宴Symposion:日本の真の論点】岩上安身(IWJ)
2010年12月12日(日)17:00~20:30
六本木、赤坂アークヒルズにて
――――――――――
★参考文献
孫崎享『日米同盟の正体-迷走する安全保障』講談社現代新書2009
孫崎享『日本人のための戦略的思考入門――日米同盟を超えて』祥伝社新書2010
上杉隆『暴走検察』朝日新聞出版2010、『記者クラブ崩壊 新聞・テレビとの200日戦争』小学館101新書、『ジャーナリズム崩壊』幻冬舎新書
畠山理仁『記者会見ゲリラ戦記』扶桑社新書2010
郷原信郎『検察が危ない』ベスト新書2010
平野貞夫『小沢一郎完全無罪 「特高検察」が犯した7つの大罪』
岩上安身『あらかじめ裏切られた革命』講談社1996
石井紘基『日本が自滅する日:「官制経済体制」が国民のお金を食い尽くす!』PHP研究所2002年1月
ガバン・マコーマック『属国~米国の抱擁とアジアでの孤立』凱風社2008
ティム・ワイナー『CIA秘録』(Legacy of Ashes;The History of the CIA)文藝春秋2008
カレル・ヴァン・ウォルフレンKarel van Wolferen『アメリカとともに沈みゆく自由世界 America's Tragedy and the Blind Free World』徳間書房2010、『日本 権力構造の謎』早川書房1990
三井環『「権力」に操られる検察』双葉新書2010
関岡英之『拒否できない日本 アメリカの日本改造が進んでいる』文春新書2004『奪われる日本』講談社現代新書2006
高橋洋一『消費税「増税」はいらない!財務省が民主党に教えた財政の大嘘』講談社2010
斉藤貴男『消費税のカラクリ』講談社現代新書2010
佐藤優、魚住昭『ナショナリズムという迷宮』朝日新聞社2006
天木直人『さらば外務省!―私は小泉首相と売国官僚を許さない』講談社2003
ジュリアン・アサンジ『国家とテロの陰謀』『統治という名の陰謀』2006
Julian Assange "State and Terrorist Conspiracies" "Conspiracy as Governance."2006

★Website
八木啓代
http://www.nobuyoyagi.com/JAPANESE/DOC/mono.htm
平野貞夫『官房機密費メディア汚染』完全版
http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2010/05/post_860b.html
Web Iwakami岩上安身オフィシャルサイトhttp://iwakamiyasumi.com/
植草一秀『知られざる真実』http://uekusak.cocolog-nifty.com/ 

★フォンテーヌブロー派「ガブリエル・デストレとその姉妹」(École de Fontainebleau, Portrait présumé de Gabrielle d'Estrées et de sa soeur la duchesse de Villars,1594)

|

« カミーユ・ピサロ『虹』・・・移ろいゆく光の美 | トップページ | 謹賀新年・・・不死鳥のように »

国家論」カテゴリの記事

コメント

新春、おめでとうございます。

偶然、八木さん関連でネット検索してて、ここに来ました。あの昨年末の盛り上がった”饗宴”の様子は、岩上USTでだったかでちょっと視ましたし、我々の掲示板でも照会されてました。
八木さんが歌った?かの『地中海のほとりにて』というのは、どんな歌だったのでしょうか。僕は「シャンソン」派?なので、この題名はJ・ムスタキの歌をすぐ思い出してしまうので、、、。
それと、地中海というとまたすぐ頭に思い浮かべるのは、M・テオドラキスで、近況も気にしてます。彼の歌の歌詞の日本語訳があるのかどうか、教えていただければ幸いです。

最後に、ゲバラの子供たちへの「遺言メッセージ」は、”共生”人間社会の構成員たる資格と思います。

投稿: 通称・勝手連 | 2011年1月 4日 (火) 10時52分

八木啓代さんが歌った歌は、この歌です。八木さんの許可を得て、ここに引用します。
―――――
ウルグアイの詩人、マリオ・ベネデッティの詩から(抄訳)八木啓代

私があなたを好きなのは
あなたが私の共犯者だから
だからただ並んでいるだけでも
私たちはただの二人ではない

あなたの目は真実を見つめている
あなたの手は正義のために働く
あなたの言葉は間違えることなく
闘いの叫びをあげている

そのあなたの誠実な姿ゆえ
そのたゆまない足どりゆえ
時に流す涙のゆえに
私はあなたとともにゆく

なぜならば愛とは
ただ美しい物語ではないからだ
自分が一人でいるわけではない
それを知ることが愛なのだから

だから私は今この国で
あなたを愛するといえるのだ
人々が幸せに生きるために
誰の許可などもいらないように


投稿: leonardo | 2011年1月 5日 (水) 14時31分

昨日はいろいろお話できてよかったです。
最近、自衛隊や普天間基地問題に関する書籍を読んでいたので、孫崎享氏の著作にも関心をもちました。本日、彼の本を注文しました。

投稿: 福田喜一郎 | 2011年1月16日 (日) 08時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501484/50411012

この記事へのトラックバック一覧です: 権力の闇との戦い・・・「2010饗宴、シンポジウム」:

« カミーユ・ピサロ『虹』・・・移ろいゆく光の美 | トップページ | 謹賀新年・・・不死鳥のように »