« 下村観山展、横浜美術館・・・紅葉舞う奥山 | トップページ | 謹賀新年・・・不滅の魂 »

2013年12月30日 (月)

2013年 美術展ベストテン・・・幻の都市への旅

El_greco_2013japan_2美術館に行くと、旅した美しい都市を思い出す。スペイン、大地のなかに孤立した都市トレド。哀愁のフィレンツェ。輝くエーゲ海。黄昏の都ウィーン。マドリッド、ティッセンボルネミサ美術館でみた「エル・グレコ展」。再会した「白貂の毛皮をまとう貴婦人」。
地中海の旅の美しい日々の思い出が蘇る。階級社会を逃れて、英国人、フランス人、ドイツ人、詩人、思想家、藝術家たちが旅した地中海。ローマ人が旅した、ギリシア、アテネ。
花の都、京都は、遠くにありて思う都でもあった。幻の美しい都市。尾形光琳の描いた屏風の世界。藝術でつくられた幻影の空間。理想郷。藝術の世界の旅は、桃源郷への旅である。
1 「エル・グレコ展」東京都美術館
2 「ルーヴル美術館展 地中海四千年のものがたり」東京都美術館
3 「京都―洛中洛外図と障壁画の美」東京国立博物館
4 「貴婦人と一角獣」国立新美術館
5 「書聖 王羲之」東京国立博物館
6 「竹内栖鳳」東京国立近代美術館
7 「興福寺仏頭展」東京藝大美術館
8 「ミケランジェロ展」国立西洋美術館
9 「ターナー展」東京都美術館
10 「ウィリアム・モリス 美しい暮らし」府中市美術館
「天上の舞 飛天の美」サントリー美術館
「レオナルド展」東京都美術館
「ラファエロ展」国立西洋美術館
「上海博物館 中国絵画の至宝」東京国立博物館
「プーシキン美術館展」横浜美術館
「下村観山展」横浜美術館
「和様の書」東京国立博物館
「夏目漱石の美術世界展」東京藝大美術館
「狩野山楽・山雪」京都国立博物館
「描かれた都-開封・杭州・京都・江戸」大倉集古館
「アンドレアス・グルスキー展」国立新美術館
「大神社展」東京国立博物館
「飛騨の円空―千光寺とその周辺の足跡―」東京都国立博物館
「百花繚乱―花言葉・花図鑑―」山種美術館
「琳派から日本画へ」山種美術館
「再興院展100年記念 速水御舟 ―日本美術院の精鋭たち―」山種美術館
「印象派を超えて―点描の画家たち ゴッホ、スーラからモンドリアンまで」国立新美術館
「谷文晁展」サントリー美術館
★エル・グレコ「白貂の毛皮をまとう貴婦人」(1577-90グラスゴー美術館)
El_greco_2013

|

« 下村観山展、横浜美術館・・・紅葉舞う奥山 | トップページ | 謹賀新年・・・不滅の魂 »

美術展ベスト10」カテゴリの記事

コメント

I am extremely inspired along with your writing abilities and also with the format to your weblog. Is this a paid theme or did you modify it your self? Anyway stay up the nice quality writing, it's uncommon to look a great blog like this one these days..

投稿: Borsa Gucci | 2014年1月24日 (金) 01時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501484/58847898

この記事へのトラックバック一覧です: 2013年 美術展ベストテン・・・幻の都市への旅:

» 2013年の「美術散歩ベストテン by とら」 [Art & Bell by Tora]
 いよいよ年の瀬。TOP10が話題の師走である。  2004年に始めた「美術散歩ベストテン by とら」も今回で10年目となった。ベスト10 X 10年=ベスト100の展覧会を選んでしまったことになる。  今年は比較的健康に恵まれ、ベストテンを選ぶのに十分な数の美術散歩をこなすことができた。  Twitterにアップした四半期TOP3は、Ⅰ期=ラファエロ、グレコ、二川幸夫、Ⅱ期=山楽・山雪、漱石、クラウス、Ⅲ期=栖鳳、地中海、モロー・ルオーだったが、Ⅳ期も入れて再考慮した結果は次の... [続きを読む]

受信: 2014年1月 8日 (水) 12時01分

« 下村観山展、横浜美術館・・・紅葉舞う奥山 | トップページ | 謹賀新年・・・不滅の魂 »