« 若冲展、東京都美術館・・・『動植綵絵』、妖気漂う美の世界 | トップページ | 「古代ギリシア、時空を超える旅」東京国立博物館・・・永遠を旅する哲学者 »

2016年6月14日 (火)

大日如来の知恵 五智如来の知恵

Dainichinyorai_unkeiDainichinyorai_kongoubujiKuukai大日如来の知恵 五智如来の知恵
密教において、大日如来が宇宙の根本原理であり、至高の存在である。この大日如来の5つの智慧(法界体性智、大円鏡智、平等性智、妙観察智、成所作智)を象徴する五智如来がある。大日如来の知恵、法界体性智は、自性清浄なる大日如来の絶対智であり、他の四智を統合する智恵である。
*大久保正雄『旅する哲学者 美への旅』より
*大久保正雄『永遠を旅する哲学者 美のイデアへの旅』
★五智如来、五智
大日如来は、法界体性智を持っている。
法界体性智は、自性清浄なる大日如来の絶対智であり、他の四智を統合する智恵である。
*法界体性智=自性清浄心と呼ばれる第9識(阿摩羅識)
阿閦如来は、大円鏡智【鏡の如く法界の万象を顕現する智】を持っている。
*大円鏡智=阿頼耶識 第8識
宝生如来は、平等性智【諸法の平等を具現する智】を持っている。
*平等性智=末那識 第7識
無量寿如来は、妙観察智【諸法を正しく見極め、追求する智】を持っている。
*妙観察智=意識 第6識
不空成就如来は、成所作智【自他のなすべきことを成就せしめる智】を持っている。
*成所作智=前5識(眼識、耳識鼻識、舌識、身識)、五感(眼、耳、鼻、舌、身)による感覚作用である。
★転識得智 9識は、金剛頂経の説く瞑想法(五相成身観)によって各々五智に転じる。
★五智如来、印相
大日如来は、智拳印を結んでいる。
無知や迷妄を退ける堅固な智慧を象徴するものであり、右手は仏界、左手は人間界を表している。
阿閦如来は、右手を下に伸ばす触地印を結んでおり、これは降魔印ともいい、誘惑や恐怖に打ち勝つ不動の心を表している。
宝生如来は、左手を膝の上に置き、右手は下に伸ばして手のひらを前に向ける与願印を結んでいます。伸ばした五指の間からどんな願いでも意のままにかなうという如意宝珠を降らし、人々の願いを成就させることができる。
無量寿如来は、またの名を阿弥陀如来といい「アミユータス」または「アミターバ」。西方極楽浄土の主催者であり、人々を極楽浄土に迎える仏です。定印を結んでおり、結跏趺坐の上に両手を重ねて大指と頭指で倭を作る。
不空成就如来は、サンスクリット語では「アモーガシッディ」。左手は腹前で衣を掴み、右手は胸の高さに上げて掌を前に向けた施無畏印を結んでいる。
釈迦像には「五印」と呼ばれる代表的な印相があり、次のように説明される。
1.説法印(転法輪印)・・釈尊が最初の説法をしたときの印
2.施無畏印・・・・・・・人々のを安心させるときの印
3.与願印・・・・・・・・人々の願いを聞き入れ、望むものを与えようとするときの印
4.定印・・・・・・・・・悟りを開いたときの釈尊の印
5.触地印(降魔印)・・・悟りを開いた釈尊が、悪魔を退けたときの印
*五智・五仏 http://www.sakai.zaq.ne.jp/piicats/gochigobutsu.htm
*転識得智 成身会の構造(金剛界五仏と五智)
http://www.ermjp.com/j/temple/mandara/manda/oshie/oshie7.html
                 http://morfo.blog.so-net.ne.jp/2012-02-13
*大日如来 五智如来、印相 
http://barbarossa.red/five-tathagata/
★運慶「大日如来」、金剛峰寺「大日如来」、金剛峰寺「弘法大師坐像」

|

« 若冲展、東京都美術館・・・『動植綵絵』、妖気漂う美の世界 | トップページ | 「古代ギリシア、時空を超える旅」東京国立博物館・・・永遠を旅する哲学者 »

密教美術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501484/63778888

この記事へのトラックバック一覧です: 大日如来の知恵 五智如来の知恵:

« 若冲展、東京都美術館・・・『動植綵絵』、妖気漂う美の世界 | トップページ | 「古代ギリシア、時空を超える旅」東京国立博物館・・・永遠を旅する哲学者 »