« 雪村、奇想の誕生・・・戦国時代の孤高の画僧の謎 | トップページ | 茶の湯、東京国立博物館・・・曜変天目、漆黒の闇のなかに輝く瑠璃色の星 »

2017年4月 2日 (日)

島薗進「死生学 ファンタジーと宗教の意味を考える」ソフィア文化芸術ネットワーク

Miyazawakenji_2島薗進「死生学 ファンタジーと宗教の意味を考える」
2017年5月28日、上智大学、1号館202教室、午後2時から4時
ソフィア文化芸術ネットワーク主催
―――――
島薗進 宗教学者、上智大学大学院教授、東京大学大学院名誉教授
生とは何か。死とは何か。人の心の痛みをどう癒すのか。死生学のテーマを、ファンタジー文学、宮澤賢治、古今東西の古典、仏教書、経典を通して考える。ファンタジーは生死の意味を問い、生と死を超えるメッセージを表現する。宗教は、生死の問いに何を教えるのか。ファンタジーと宗教の意味を考える。「宗教は、物語の形で、人が生きるうえで大切な何かを伝えてきた」(島薗進『こころをよむ 物語のなかの宗教』)。死生学(Thanatology)の根本にある問いは「死を迎える人の心の痛みにどう応えるべきか」。
【講演】島薗進、【解説、質疑】大久保正雄【司会】畑仲紀子【企画】大久保正雄
――――――――――
ソフィア文化芸術ネットワーク
【質疑応答】島薗進×大久保正雄『死生学 人の心の痛み』
http://mediterranean.cocolog-nifty.com/blog/2016/08/post-8607.html
★問い合わせ 上智大学ソフィア会 Tel.03-3238-3041
上智大学、四谷キャンパス地図 
http://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/map/map_yotsuya

|

« 雪村、奇想の誕生・・・戦国時代の孤高の画僧の謎 | トップページ | 茶の湯、東京国立博物館・・・曜変天目、漆黒の闇のなかに輝く瑠璃色の星 »

死生学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501484/65098431

この記事へのトラックバック一覧です: 島薗進「死生学 ファンタジーと宗教の意味を考える」ソフィア文化芸術ネットワーク:

« 雪村、奇想の誕生・・・戦国時代の孤高の画僧の謎 | トップページ | 茶の湯、東京国立博物館・・・曜変天目、漆黒の闇のなかに輝く瑠璃色の星 »