« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »

2021年1月

2021年1月30日 (土)

没後70年 吉田博展・・・月光の桜、光る海

Yoshida2020
Yoshida2020-01
Yoshidahiroshi-kumoizakura-1899
Yoshidahiroshi-seika-tnm
大久保正雄『旅する哲学者 美への旅』235回
春の予兆の森を歩いて美術館へ行く。桜の蕾はまだなく人影疎ら。森鷗外の観潮楼から春の海が見えたのだろうか。
吉田博は、貧困の中で洋画を学び、水彩画で、水と光の陰影の繊細な表現を極めた、風景画、版画の巨匠。《雲井桜》1899は、月光の陰影の繊細な水彩絵画である。デトロイト美術館で買上られた。後に《雲井櫻》木版画1926年(大正15年)に結晶する。
《ヴェニスの運河》は、夏目漱石『三四郎』1908に描写される。《光る海》1926、《猿澤池》1933は、ダイアナ妃の執務室に飾られていた。
吉田博は44歳で木版画を始め、49歳から絵師、彫師、刷師の技を極めた。吉田博の技術の凄さは、すり重ねにある。複雑な色彩表現のために重ねた「摺数の平均は30数度」、江戸時代の浮世絵は10数度である。「亀井戸」1927年88度、「東照宮」1937年は80度、「陽明門」1937年では96度刷っている。
――
吉田博(1876~1950)
【久留米】1876年、旧久留米藩士・上田束秀之の次男として、久留米市に生まれる。1888年、福岡県立修猷館に入学。1891年、修猷館の図画教師であった洋画家・吉田嘉三郎に画才を見込まれ、吉田家の養子となる。1894年、水彩を描き始め、【18歳】三宅克己の勧めで上京して小山正太郎が主催する不同舎に入門し、明治美術会の会員となる。1898年、明治美術会10周年記念展に、『雲叡深秋』、『雲』などを出品。
【23歳で渡米】貧乏だがフリーアの推薦状を得て、片道だけの渡航費で、1899年、中川八郎と共に渡米し、デトロイト美術館で「日本画家水彩画展」を開催。翌1900年、ボストン美術館で2人展を開催。二度の展覧会で水彩画の殆どが売れ、合計2919ドル。当時の日本人の年収の数十倍を手にする。ヨーロッパへ旅する。結局世界各地を7年間に渡って旅した。そして終生のテーマを確信する。帰国直後の言葉。「画家は、自然と人間の間に立って、それをみることが出来ない人のために自然の美を表してみせるのが天職である。」ヨーロッパ各地を巡り帰国した後、太平洋画会や文展、帝展で活躍。
反骨精神【吉田博、白馬会、黒田清輝と対立】日本画壇の中心は黒田清輝の率いる白馬会によって占められていた。明治45年、36歳。黒田清輝を殴る。
吉田博《精華》1909年(明治42年)文展、東京国立博物館所蔵)は、白馬会・黒田清輝に対抗したヌード。
黒田清輝の淡い色彩を特色とする明るい外光派は「新派」と呼ばれ、官僚的な色彩を持つ「旧派」と呼ばれる明治美術会の委員として扱われた。
【44歳で木版画を始める】1920年、大正9年(44歳)新版画の版元の渡辺庄三郎と出会い、渡辺版画店から木版画の出版を開始。ボストンを拠点に、フィラデルフィア、デトロイトなどで展覧会を開催。【49歳からの挑戦】工房を設立。通常分業で行う彫りや摺りも自ら手がけるほど没頭。
1925年、欧州歴訪の後に帰国し、新宿区下落合に吉田版画スタジオを創設、木版画『アメリカ・シリーズ』、『ヨーロッパ・シリーズ』を自ら版元となり出版を開始。「世界百景」を目指して71景まで制作。享年73。
大久保 正雄『旅する哲学者 美への旅』より
*大久保正雄『永遠を旅する哲学者 イデアへの旅』
――
展示作品の一部
吉田博《雲井桜》水彩1899
《ヴェニスの運河》1925年(大正14年)
《ウェテホルン》東京都現代美術館所蔵 1925年(大正14年)
《スフィンクス》東京都現代美術館所蔵 1925年(大正14年)
《スフィンクス 夜》東京都現代美術館所蔵 1925年(大正14年)
《雲井櫻》木版画千葉市美術館所蔵 1926年(大正15年)
《瀬戸内海集 帆船 朝》那珂川町馬頭広重美術館所蔵 1926年(大正15年)
《瀬戸内海集 帆船 夕》那珂川町馬頭広重美術館所蔵 1926年(大正15年)
《瀬戸内海集 光る海》1926(大正15)年 木版、紙 37.2×24.7cm
《猿澤池》1933(昭和8)年 木版、紙 37.7×24.6cm
《冨士拾景 朝日》大正15(1926)年
《瀬戸内海集 帆船 朝》大正15(1926)年
《東京拾二題 亀戸神社》 1927年(昭和2年)
《上野公園》昭和13(1938)年
《蘇州》昭和15(1940)年
《光る海》大正15(1926)年
ゆらめくまばゆい光の煌めきが、丸鑿の跡で巧みに表わされています。千変万化する光や大気を描き出すことを目指したその繊細きわまりない表現は、ときに自ら手がけたほどの彫りや摺りの技法に対する深い理解から生み出されました。海景の連作『瀬戸内海集』の第一作。
《溪流》昭和3(1928)年
木版画の制作は、摺り重ねる版が多いほど難しく、そのうえ紙が大きい場合には、水分を含んだ紙が伸縮し、よりズレが生じやすくなります。縦54.5㎝、横82.8㎝という、木版画としては大判の紙に摺られたこの作品は、摺りのズレを克服した、見事な完成度をみせる迫力満点の大作です。
《劔山の朝》
朝日に紅く染まる剱岳の尾根と雲たぎる夏空。一方で、手前の野営はいまだ濃い闇に包まれています。色彩のグラデーションや摺りの技法の細やかな変化により、ダイナミックに広がる自然の光景が見事に表現された、シリーズ『日本アルプス十二題』のなかでもひときわ美しい作品。
――
参考文献
「没後70年 吉田博展 図録」毎日新聞社2021
日曜美術館「木版画 未踏の頂へ~吉田博の挑戦~」2016
没後70年 吉田博展・・・月光の桜、光る海
――
福岡県久留米市に生まれた吉田博(1876-1950)は、若き日から洋画に取り組み、幾度もの海外体験を通じて東西の芸術に触れながら、独自の表現と技法を確立しました。画家として才能を発揮した吉田は、画業後期にはじめて木版画に挑戦し、新たな境地を切り開きます。深山幽谷に分け入り自ら体得した自然観と、欧米の専門家をも驚嘆させた高い技術をもって、水の流れや光の移ろいを繊細に描き出しました。画家の没後70年という節目に開催する本展は、初期から晩年までの木版画を一堂に集めるとともに、版木や写生帖をあわせて展示し、西洋の写実的な表現と日本の伝統的な版画技法の統合を目指した吉田博の木版画の全容を紹介します。
――
没後70年 吉田博展
Yoshida Hiroshi: Commemorating the 70th Anniversary of His Death
東京都美術館、2021年1月26日(火)~3月28日(日)
京都高島屋 2021年1月5日(火)~1月18日(月)
福岡県立美術館 2020年10月16日(金)~12月13日(日)

| | コメント (0)

2021年1月11日 (月)

美術館スケジュール2021年・・・旅する哲学者、美への旅

Horyuji2021-1
Chojugoga2021
大久保正雄『旅する哲学者 美への旅』234回

思想家は、知恵と愛を探求し、美を探求する。絶望を超えて、地上の悪と戦い、天の仕事を成し遂げる。この世は天界と地上の悪との戦いである。如意輪観音は、天人を救う。
魂の果てを歩き、世界の果てを探検する。生涯の仕事をつづける。
叡智と愛の探求の歴史。悪と戦う7人の勇者、愛と復讐の叙事詩、東西文化交渉史4千年、理念を探求する魂の精神史。 
美は真であり、真は美である。これは、地上にて汝の知る一切であり、知るべきすべてである。
美しい魂は、輝く天の仕事をなし遂げる。美しい女神が舞い下りる。美しい守護精霊が、あなたを救う。永遠を旅する哲学者は、時を超えて、理念を追求する。黄昏の丘に降り立ち、不滅の魂の神殿に屹立する。美のイデアへの旅。
大久保 正雄『旅する哲学者 美への旅』より
*大久保正雄『永遠を旅する哲学者 イデアへの旅』
――
思想家は理念を探求して、理念の現実化を夢想し運命と戦う。プラトンは、知恵を探求し邪知暴虐な王と対峙、空海は即身成仏を追求し金剛峯寺と東寺を形作る。孔子は仁義礼智信を追求し遍歴の果て74歳で果てる。嵯峨天皇は坂上田村麻呂を大納言に任じて平城上皇と戦い乱を鎮圧、弘仁文化を築いた。
――
哲学者は、知恵と愛の探求の旅を続ける。藝術家は、果てしない創造の旅に出る。藝術家は創造力を磨き、世界を創る。創造の秘密は何か。理念を失った世界で判断基準は何か。美の基準は何か。哲学者は、知恵と愛と美を探求して、魂を磨き、魂の美を探求する。藝術家は「時を超える、独創性、革命的、神秘、出会い」5つの語をマントラのごとく唱える。
【愛と復讐の叙事詩】アレクサンドロス大王、父フィリッポス2世を暗殺。クレオパトラ7世、弟プトレマイオス14世を暗殺。プロイセンのフリードリッヒ大王、織田信長、偉大な人生は、復讐から始まる。絶望に立ち向かう。絶望を超えて、復讐を果たし、天の仕事を成し遂げる。
【理念を探求する精神史】ソクラテス、紀元前399年70歳。プラトン紀元前347年80歳。空海835年61歳。李白 762年61歳。孔子紀元前479年74歳。織田信長1582年49歳。アレクサンドロス大王紀元前323年33歳。嵯峨天皇842年56歳
【葛飾北斎】20歳で絵師となるが売れず、苦節50年、『富岳三十六景』まで雌伏。九十歳で死ぬまで絵を描きつづける。74歳で画狂老人卍『鳳凰図屏風』、87歳『八方睨み鳳凰図』88歳『富士越龍図』。90歳「天我をして五年の命を保たしめば、真正の画工となるを得べし」
【六観音菩薩】如意輪観音菩薩は、神通力をもつ天人を救う。天から降りてきた天人は、この世で苛めに遭い苦難を受ける。十一面観音菩薩は、怒りと争いの修羅道を救う。准胝観音菩薩(不空羂索観音菩薩)は、四苦八苦の人道を救う。
宮澤賢治、織田信長は、修羅の道を歩いた。
*大久保正雄『旅する哲学者 美への旅』より
大久保正雄『永遠を旅する哲学者 イデアへの旅』
――
1月
「日本のたてもの」東京国立博物館 表慶館2020年12月24日(木)~ 2021年2月21日(日)
吉田博展、東京都美術館 2021年1月26日(火)~3月28日(日)
舟越 桂 私の中にある泉、松濤美術館、2020年12月5日(土)~ 2021年1月31日(日)
「複製芸術家 小村雪岱~装幀と挿絵に見る二つの精華~」2021年1月22日(金)~3月23日(火)千代田区立日比谷図書文化館 1階 特別展示室
https://www.library.chiyoda.tokyo.jp/hibiya/

2月
佐藤可士和展、国立新美術館、2月3日(水)~5月10日(月)
川合玉堂 ―山﨑種二が愛した日本画の巨匠―、山種美術館、2021年2月6日(土)~4月4日(日)
筆魂 線の引力・色の魔力 ー又兵衛から北斎・国芳までー、すみだ北斎美術館、2月9日(火) 〜 2021年4月4日(日)

STEPS AHEAD: Recent Acquisitions 新収蔵作品展示、アーティゾン美術館、2月13日[土] - 5月9日[日]
テート美術館所蔵 コンスタブル展、三菱一号館美術館、2021年2月20日(土)~5月30日(日)
「電線絵画展-小林清親から山口晃まで-」練馬区立美術館2月28日(日)~4月18日(日)
3月
「大地のハンター展 ~陸の上にも4億年~」国立科学博物館、3月9日(火)から6月13日(日)
ライゾマティクス_マルティプレックス、マーク・マンダース—マーク・マンダースの不在、東京都現代美術館、3月20日(土・祝)- 6月20日(日)
「あやしい絵展」東京国立近代美術館、2021年3月23日(火)~5月16日(日)
カラヴァッジョ展、国立新美術館、3月24日(水)~5月10日(月)
渡辺省亭 欧米を魅了した花鳥画、東京藝大美術館、3月27日(土)~5月23日(日)
4月
百花繚乱 ―華麗なる花の世界―、山種美術館、4月10日(土)~6月27日(日)
特別展「国宝 鳥獣戯画のすべて」東京国立博物館、4月13日~5月30日
「ライデン国立古代博 物館所蔵 古代エジプト展」Bunkamura ザ・ミュージアム、4月16日(金) ~ 6月27日(日)
イサム・ノグチ展、東京都美術館、4月24日(土)~8月29日(日)
北斎「冨嶽三十六景」と広重、江戸東京博物館、4月24日(土)-6月20日(日)
5月
クロード・モネ —風景への問いかけ オルセー美術館・オランジュリー美術館特別企画、アーティゾン美術館、5月29日(土) ~9月10日(金)
6月
ファッション イン ジャパン1945-2020―流行と社会、国立新美術館、6月9日(水)~9月6日(月)
隈研吾展、東京国立近代美術館、6月18日(金)-9月26日(日)
「国宝聖林寺十一面観音」東京国立博物館6月22日(火)~9月12日
三菱創業150周年記念 三菱の至宝展、三菱一号館美術館、6月30日(木)-9月12日(日)
7月
「浮世絵・江戸絵画名品選」山種美術館、7月3日~8月29日
「植物 地球を支える仲間たち」国立科学博物館、7月10日~9月10日
「大江戸の華―武家の儀礼と商家の祭―」江戸東京博物館、7月10日~9月20日
「聖徳太子と法隆寺」東京国立博物館7月13日~9月5日
「木彫り熊の申し子 藤戸竹喜 アイヌであればこそ」、東京ステーションギャラリー、7月17日(土)~9月26日(日)
「GENKYO 横尾忠則」東京都現代美術館、年7月17日(土)-10月17日(日)
「THE北斎 -冨嶽三十六景と幻の絵巻-」、すみだ北斎美術館、7月20日(火) 〜 9月26日(月)
生誕260年記念企画 特別展「北斎づくし」東京ミッドタウン・ホール、7月22日(木)~9月17日(金)

Walls & Bridges 世界にふれる、世界を生きる、東京都美術館 2021年7月22日(木)~10月9日(土)
京の国宝、京都国立博物館、7月24日~9月12日
9月
「速水御舟と吉田善彦 ―師弟による超絶技巧の競演―」山種美術館、9月9日(木)から11月7日(日)
「マティス 自由なフォルム」国立新美術館、9月15日~12月13日
『サンリオ展 ニッポンのカワイイ文化60年史』東京シティビュー、9月17日(金)から、2022年1月10日(月・祝)

ゴッホ展──響きあう魂 ヘレーネとフィンセント、東京都美術館、9月18日(土)-12月12日(日)
ポーラ美術館コレクション展、甘美なるフランス、Bunkamuraザ・ミュージアム、9月18日-11月23日
10月
「庵野秀明展」国立新美術館、10月1日〜12月19日
「クロード・モネ -風景への問いかけ」アーティゾン美術館、10月2日(土)〜2022年1月10日(月・祝)

「小早川秋聲 旅する画家の鎮魂歌」東京ステーションギャラリー、10月9日(土)より11月28日(日)
「最澄と天台宗のすべて」東京国立博物館10月12日~11月21日
大英博物館ミイラ展 古代エジプト6つの物語、国立科学博物館、10月14日(木)〜2022年1月12日
イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜― モネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーガン、三菱一号館美術館、10月15日(金)〜 2022年1月16日(日)
柳宗悦没後60年記念展「民藝の100年」、東京国立近代美術館、10月26日(火)~2022年2月13日(日)

ーー
【空海、聖なるものは悪を滅ぼす】空海は三界の衆生を害することとは三界の無明を断じることに他ならないとしている。*三毒。貪欲・瞋恚・愚痴。貪瞋痴。
不空『理趣釈経』【『般若理趣経』第三段】「金剛手よ、もしこの理趣を聞きて受持し読誦することあらば、たとひ三界の一切の有情を害すも悪趣に堕せず」天人は三悪趣と戦う。*三悪趣(地獄・餓鬼・畜生)
――
参考文献
大久保正雄「ルネサンス、メディチ家と織田信長」
https://t.co/J6q12oMYUX
織田信長、本能寺の変、孤高の城、安土城、信長の価値観
https://bit.ly/39FAMQc
旅する思想家、孔子、王羲之、空海と嵯峨天皇
https://bit.ly/2zsD05T
密教経典『理趣経』・・・空海と金剛界曼荼羅
https://bit.ly/2H2diKc
旅する哲学者、ソクラテスの戦い ソクラテスの祈り
https://t.co/gW05rsb44i
「密教彫刻の世界」東京国立博物館・・・愛染明王、金剛薩埵の化身
https://bit.ly/2WNIoNt
――
2020美術展ベスト10・・・旅する哲学者 美への旅
https://bit.ly/34YoO3Q
2020 謹賀新年 蘇る不滅の精神
https://bit.ly/2tj6wdx
美術館スケジュール2021年・・・旅する哲学者、美への旅


| | コメント (0)

2021年1月 1日 (金)

2021 長楽萬年 蘇る不滅の精神

Taisyakuten-touji-839_20210101200901
Taisyakuten-touji_20210101200901
Boston-2006-12
大久保正雄『旅する哲学者 美への旅』233回

絶望の時を超える。思想家は理念を探求して、理念の現実化を夢想し運命と戦う。プラトンは、知恵を探求し邪知暴虐な王と対峙、空海は即身成仏を追求し金剛峯寺と東寺を形作る。孔子は仁義礼智信を追求し遍歴の果て74歳で果てる。嵯峨天皇は坂上田村麻呂を大納言に任じて平城上皇と戦い乱を鎮圧、弘仁文化を築いた。
藝術家は、果てしない創造の旅に出る。藝術家は創造力を磨き、世界を創る。創造の秘密は何か。理念を失った世界で判断基準は何か。美の基準は何か。哲学者は、知恵と愛と美を探求して、魂を磨き、魂の美を探求する。藝術家は「時を超える、独創性、革命的、神秘、出会い」5つの語をマントラのごとく唱える。
1、理念を追求する精神
理念を追求する精神は、邪知暴虐な権力と戦い、闇の彼方に美を求める。理念の人は、苦難を超えて、輝く天の仕事を成就する。空海、孔子、織田信長、李白、プラトン。即身成仏、仁義礼智、天正、武の七徳、桃花流水杳然去、美の海原の彼方の美のイデア、存在の彼方の善のイデア。
美は真であり、真は美である。これは、地上にて汝の知る一切であり、知るべきすべてである。美しい魂は、輝く天の仕事をなし遂げる。美しい女神が舞い下りる。美しい守護精霊が、あなたを救う。永遠を旅する哲学者は、時を超えて、理念を追求する。黄昏の丘に降り立ち、不滅の魂の神殿に到達する。美のイデアへの旅。
大久保 正雄『旅する哲学者 美への旅』より
*大久保正雄『永遠を旅する哲学者 イデアへの旅』
2、【理念と現実の一致】思想家は、理念を現実において成就することを追求する。プラトン哲学は、国家において知恵が実現することを追求する。空海は、即身成仏を追求する。
3、【天人と鬼畜との戦い】空海、聖なるものは悪を滅ぼす。空海は三界の衆生を害することとは三界の無明を断じることに他ならないとしている。*三毒。貪欲・瞋恚・愚痴。貪瞋痴。
不空『理趣釈経』【『般若理趣経』第三段】「金剛手よ、もしこの理趣を聞きて受持し読誦することあらば、たとひ三界の一切の有情を害すも悪趣に堕せず」天人は三悪趣と戦う。*三悪趣(地獄・餓鬼・畜生)
4、【愛と復讐の叙事詩】アレクサンドロス大王、父フィリッポス2世を暗殺。クレオパトラ7世、弟プトレマイオス14世を暗殺。プロイセンのフリードリッヒ大王、織田信長、偉大な人生は、復讐から始まる。絶望に立ち向かう。絶望を超えて、復讐を果たし、天の仕事を成し遂げる。
【偉大なる王の死】アレクサンドロス3世、33歳。ダレイオス1世66歳。ダレイオス3世60歳。ラムセス2世92歳、子供100人を残す。ハトシャプスト女王49歳。アクエンアテン王29歳。ツタンカーメン18歳。アンケセナーメン27歳。美しきネフェルティティ63歳。絶対権力者が手に入れられない4つの秘宝がある。
5、【理念を探求する精神、美と復讐の精神史】ソクラテス、紀元前399年70歳。プラトン紀元前347年80歳。空海835年61歳。李白 762年61歳。孔子紀元前479年74歳。織田信長1582年49歳。アレクサンドロス大王紀元前323年33歳。嵯峨天皇842年56歳
【思想家の死、詩人の死、藝術家の死】ソクラテス、紀元前399年70歳。プラトン紀元前347年80歳。アリストテレス紀元前322年62歳。孔子紀元前479年74歳。空海835年61歳。藤原定家1241年79歳。李白 762年61歳。北斎1849年90歳。
6、【東西文化交渉史】ギリシア美術、紀元前5ー4世紀、最盛期、BC334アレクサンドロス大王の遠征、ペルシア帝国征服、インド遠征、ガンダーラ美術、ペルガモン王国誕生、シルクロード経由、北魏南梁から飛鳥彫刻、天平彫刻、9世紀、弘仁貞観、密教美術、12世紀、運慶彫刻
7、【六道輪廻と六観音菩薩】聖観音菩薩、地獄道の者を救う。千手観音菩薩、飢えと渇きの餓鬼道の者を救う。馬頭観音菩薩、動物の弱肉強食の畜生道の者を救う。十一面観音菩薩、怒りと争いの修羅道の者を救う。准胝観音菩薩(不空羂索観音菩薩)、人道の者を救う。如意輪観音菩薩、天道を救う。
――
参考文献
大久保正雄「ルネサンス、メディチ家と織田信長」
https://t.co/J6q12oMYUX
織田信長、本能寺の変、孤高の城、安土城、信長の価値観
https://bit.ly/39FAMQc
旅する思想家、孔子、王羲之、空海と嵯峨天皇
https://bit.ly/2zsD05T
密教経典『理趣経』・・・空海と金剛界曼荼羅
https://bit.ly/2H2diKc
旅する哲学者、ソクラテスの戦い ソクラテスの祈り
https://t.co/gW05rsb44i
――
2020美術展ベスト10・・・旅する哲学者 美への旅
https://bit.ly/34YoO3Q
2020 謹賀新年 蘇る不滅の精神
https://bit.ly/2tj6wdx
2021 長楽萬年 蘇る不滅の精神
https://bit.ly/2LctVpS

| | コメント (0)

« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »