吉野直子

2011年3月10日 (木)

吉野直子ハープコンサート・・・水仙の花が香る夜

Yoshino_201102 水仙の花香る春の宵、上野に行く。美術倶楽部の友人たちとコンサートに行く。
ハープは、アポロンの竪琴、少年ダヴィデの竪琴、エジプトのハープ、正倉院の箜篌、他、古代からある撥弦楽器で優雅な響きがある。「音をすき間なく埋めていくのが西洋音楽。これに対して日本の音楽はなにもない空間に音を置いていく。そのどちらでもない中東の音楽がマヤーニである。」
演奏会の後「つばめグリル」上野レトロ館にて春の宴、ボルドーの赤ワインを飲み帆立貝、佐呂間湖の牡蠣を食べ歓談する。
■吉野直子
私が初めて聴いた吉野直子の演奏は、グリエール『ハープ協奏曲』1992年である。ハープの艶麗な音色と強い響きに感銘を受けた。以後数十回、吉野直子のハープを聴いている。
「吉野直子、ギドン・クレーメル、デュオ・コンサート」(1996年5月27日、紀尾井ホール)は強烈な印象で余韻が残るコンサートだった。天才クレーメルのバッハ「シャコンヌ」切り裂くような音、背筋が凍るような鬼気と吉野直子のハープの芳醇な調べと響きが、対照の妙をなして、天上界の調べのような音楽会である。その他、思い出に残るコンサートは、
グリエール『ハープ協奏曲変ホ長調 Op.74』松尾葉子指揮、新日本フィルハーモニー交響楽団、新日鉄コンサート収録。
ヘンデル『ハープ協奏曲変ロ長調 Op.4-6』ベルリンフィル・ヴィルトゥオーゾ、サントリーホール。
モーツァルト『フルートとハープのための協奏曲ハ長調』フルート、J.P.ランパル、モーストリーモーツァルト・オーケストラ、オーチャードホール、1994年8月。
ロドリーゴ『アランフェス協奏曲』ハープ版、現田茂夫指揮、新星日本交響楽団、サントリーホール1995年1月8日。
■東京文化会館レクチャーコンサート≪祖国への愛≫シリーズ第5回
「ハープ諸国めぐり」ナビゲーター&ハープ 吉野直子、2011年3月4日(金)
曲目
J.L.ドゥシェク:ハープのためのソナタ ハ短調
G.フォーレ:塔の中の王妃 Op.110
B.ブリテン:ハープのための組曲 Op.83
N.ロータ:サラバンドとトッカータ
M.グランジャニー:コロラド・トレイル Op.28
C.サルツェード:夜の歌
細川俊夫:回帰Ⅱ~ハープ独奏のための~
A.マヤーニ:トッカータ
G.ピエルネ:アンプロンプチュ・カプリース[奇想的即興曲]
(アンコール)アンリエット・ルニエ:いたずら子鬼の踊り
★「地中海のほとりにて」記事ご参照下さい。
ヘンデル『ハープ協奏曲』、天上の調べに酔う
http://mediterranean.cocolog-nifty.com/blog/2007/12/post_3fa5.html
「吉野直子コンサート」フィリアホール
http://mediterranean.cocolog-nifty.com/blog/2007/11/post_e48c.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月19日 (水)

ヘンデル『ハープ協奏曲』、天上の調べに酔う

ハーピスト吉野直子のコンサートを15年ほど前からよく聴きに行きます。日本が世界に誇るハーピストです。クリスマスコンサートを青葉台フィリアホールで例年行います。
私の好きな曲は、ヘンデル『ハープ協奏曲変ロ長調』、モーツァルト『フルートとハープのための協奏曲ハ長調K.299』など、です。
 ハープ(harp)の起源は古く、紀元前4000年エジプトといわれています。最古の楽器の一つです。古代ギリシアには、竪琴(リュラ)、キタラがありました。中国には、箜篌(くご)があり、正倉院御物に伝承しています。
 現在のグランドハープ、コンサートハープは、弦は47弦あり、7オクターブの音域があります。イタリア語、スペイン語でハープのことをアルパ(arpa)といいます。
最初の『ハープ協奏曲』は、ヘンデル作曲です。
ヘンデル『ハープ協奏曲』は、純粋な美しさに満ちあふれた天上の調べです。
バッハをハープで弾いた演奏もあります。様相が一変し、芳純で甘美な名演奏です。
2枚のディスクをおすすめします。是非、お聞き下さい。

★吉野直子『ハープのための協奏曲集』SONY SRCR-9163
 G.ヘンデル「ハープ協奏曲 変ロ長調 Op.4-6」
 J.ダマーズ「ハープと弦楽合奏のためのコンチェルティーノ」
 C.ドビュッシー「神聖な舞曲と世俗的な舞曲」
 E.パリシ=アルヴァース「ハープと室内オーケストラのためのコンチェルティーノ Op.34」
★吉野直子『バッハ・アルバム』SONY SRCR-2066
 J.S.バッハ「パルティータ 第1番 変ロ長調 BWV.825」
 J.S.バッハ「イギリス組曲 第2番 イ短調 BWV.807」
 J.S.バッハ「イギリス組曲 第3番 ロ短調 BWV.814」

吉野直子HP http://www.naokoyoshino.com/j/cd.html

下記ページ、ご参考下さい。『地中海のほとりにて』
http://mediterranean.cocolog-nifty.com/blog/2007/11/post_e48c.html

一般企業と同じように、教育機関においても、血まみれの競争に明け暮れています。一歩、足を踏み誤まると、生命はありません。
ハープの音色は、地獄のような戦いの日々に、一時の美と安らぎをもたらしてくれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月23日 (金)

「吉野直子コンサート」フィリアホール

 吉野直子のクリスマス・コンサートを、フィリアホール(青葉台)で毎年聴くのを楽しみとしています。
 吉野直子(harpist)を初めて聴いたのは、吉野直子と新日本フィルハーモニー交響楽団による、グリエール『ハープ協奏曲』、新日鉄コンサート(ニッポン放送、収録のためのコンサート)です。流麗で強靭な演奏に深くひき込まれました。藤原真理(チェロ)の演奏と同時に行われ1992年3月頃です。
 次に、吉野直子(hp)とベルリンフィル・ヴィルトゥオーゾで、ヘンデル『ハープ協奏曲』をサントリーホールにて1993年に聴きました。これはCD化されています。1994年、夏の終わりに、吉野直子(hp)とランパル(フルート)モーストリー・モーツアルト管弦楽団で、モーツアルト『フルートとハープのための協奏曲ハ長調』を聴きました。ヘンデル『ハープ協奏曲』は天上の調べのように、夏の爽やかな高原の空気を感じます。論文を書く夏の朝に聴くのに相応しい曲です。
 1996年5月27日、吉野直子+ギドン・クレーメル(ヴァイオリン)デュオ・コンサート、紀尾井ホールにて、聴きました。天才クレーメルの鬼気迫るバッハ「シャコンヌ」の切り裂くような音と吉野直子のハープの芳醇な調べと響きが、対照の妙をなして繊細な音楽会でした。これは一部CD化。以後、吉野直子のハープを聴きつづけています。
 人間は根源的に孤独であり、孤独であるから孤立感を感じる。人間は孤独であるゆえに、ことばによって人とのつながりを感じたいと思う。人は寂寥感ゆえに藝術によって個の壁を越えたいと思う存在です。音楽を聴くことによってつかの間ひと時、癒しがたい現実の亀裂、個の苦悩を忘れることができます。2007/11/23Yoshino07

| | コメント (2) | トラックバック (0)