現代美術

2017年6月22日 (木)

ジャコメッティ展・・・「夕日の影」の思い出

Giacometti2017Ombra_della_seraジャコメッティの細長い彫刻を見ると、2千年前のエトルリアの彫刻、「夕日の影」を思い出す。二千年の時の流れを超えるものは何か。
トスカーナを旅した日々。ピサ、フィレンツェ、サン・ジミニャーノ、シエナ、オルヴィエート、ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ。エトルリアの彫刻「夕日の影」(ヴォルテッラ)には、孤独な人間の姿がある。
ジャコメッティは、エトルリアの彫刻から影響を受けていない。ジャコメッティは、独自に1945年から有名な細長い彫刻を生みだす。ジャコメッティが手に入れたまったく新しい彫刻の形。「人間の本質に迫る、虚飾を一切取り払って極端に細くなった像」。
*大久保正雄『旅する哲学者 美への旅』より
―――
永遠を旅する哲学者、時を超え、黄昏の丘を超えて、美へ旅する。
美は真であり、真は美である。これは、地上にて汝の知る一切であり、知るべきすべてである。
美しい魂は、輝く天の仕事をなす。美しい女神が舞い下りる。美しい守護精霊が、あなたを救う。
*大久保 正雄『旅する哲学者 美への旅』より
*大久保 正雄『永遠を旅する哲学者 美のイデアへの旅』
―――
「夕日の影」ヴォルテッラ、トスカーナの思い出
エトルリア文明と20世紀文明、二千年の時の流れを超えるものは何か。
「オンブラ・デッラ・セーラ」(夕刻の影)紀元前3世紀、銅製。(ヴォルテッラ、グアルナッチ・エトルリア博物館)。夕日の影は、少年の像のようである。
「夕日の影」(Ombra della Sera)と名付けたのは、詩人ダヌンツィオである。男性の裸体、57、5センチの高さ。ミケランジェロ家が所有していた記録がある。紀元前5~1世紀作の石棺、骨壺など埋葬品多数展示(グアルナッチ・エトルリア博物館)。
ジャコメッティ彫刻「ヴェネツィアの女」「立つ女」に似ている。ヴェネツィアの女の立ち姿の夕日の陰のようである。
ヴィスコンティ『熊座の淡き星影』Vaghe stelle dell'orsa
ヴォルテッラVolterraはヴィスコンティの映画『熊座の淡き星影』の舞台の町である。ギリシア悲劇ソポクレス『エレクトラ』が原型である。ニューヨークに行く途中故郷ヴォルテッラに立ち寄る。女優クラウディア・カルディナ-レが、颯爽とスポ-ツカ-に乗ってエトルリア門前に登場する。かつてはピアニストで今は病む母親、姉弟の近親相姦、燃え尽きる小説「熊座の淡き星影」。
*大久保正雄『旅する哲学者 美への旅』より
★参考文献
『エトルリア文明 古代イタリアの支配者たち』知の再発見双書
『ヴィスコンティ集成 退廃の美しさに彩られた孤独の肖像』1994
http://www.villasensano.it/blog/the-bronze-symbol-of-volterra/
国立新美術館『ジャコメッティ展図録』2017
―――
アルベルト・ジャコメッティの軌跡
Alberto Giacometti, (1901年10月10日 - 1966年1月11日)。1901年スイスに生まれる。1922年、20歳でパリに出たジャコメッティ。ルーヴル美術館で見た古代エジプトやエトルリア美術、民俗学博物館で出会ったアフリカやオセアニア彫刻の造形から影響を受ける。1930年、ジャコメッティの作品を見たサルバドール・ダリとアンドレ・ブルトンにシュルレアリスム運動に誘われ、シュルレアリスム展に参加。1933年の父の死後、頭部を作り始めるようになり、1934にはシュルレアリスムと決別。1935年、ジャコメッティはモデルに基づく彫刻を試みる。小さな像の時代。1945年からジャコメッティの代表作といえる細長い彫刻を作り始める。女性立像、歩く男、指差す男、倒れる男、群像。ジャコメッティ展、
*大久保正雄『旅する哲学者 美への旅』より
―――
展示作品の一部
アルベルト・ジャコメッティ「歩く男Ⅰ」1960年、ブロンズ、183 × 26 × 95.5 cm、マルグリット&エメ・マーグ財団美術館、サン=ポール・ド・ヴァンス
「ヴェネツィアの女Ⅰ」1956年 、ブロンズ 、106 × 13.5 × 29.5 cm、マルグリット&エメ・マーグ財団美術館、サン=ポール・ド・ヴァンス
―――
★「ジャコメッティ展」国立新美術館、6月14日から9月4日まで
国立新美術館にて2017年6月14日(水)から9月4日(月)まで
豊田市美術館 2017.10.14(土)- 12.24(日)
http://www.nact.jp/
http://www.tbs.co.jp/giacometti2017/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月18日 (水)

孤高の画家、長谷川潔 大地の果てへの旅

Hasegawa_alexandre_19301951孤高の画家、長谷川潔 大地の果てへの旅
時の止まった静謐な空間。幻想的な典雅な世界。南欧の美しい風景。「黒には七色ある」と語る黒を極めた画家。
孫崎享氏の家でみた長谷川潔『森陰の道』(油彩)。昏い森陰の道のかなたに碧空がみえる。憂愁の彼方に理想がみえる。画家の心象風景。長谷川潔『ヴォルクスの村』油彩(1930)の時代の作品だろうか。この時代、画家はトレドに旅している。荒寥たる大地の果てになにをみたのか。岡鹿之助の静謐な美の世界を感じる。孤高の画家、孤高の旅人、長谷川潔。
*大久保正雄『旅する哲学者 美への旅』より
大久保正雄『永遠を旅する哲学者 美のイデアへの旅』
http://platonacademy.cocolog-nifty.com/blog/2016/12/post-02f4.html
―――――
長谷川 潔(1891年- 1980年)
1913年(大正2年)に文芸同人誌『仮面』に参加。表紙や口絵を木版画で製作。日夏耿之介、堀口大學の本の装幀も担当した。日夏耿之介『転身の頌歌』『黒衣聖母』『黄眠帖』3冊の詩集が限定330部で制作された(第一書房)。
後年、1925年、『月下の一群』(堀口大学訳詩集)表紙(1925 木口木版)、『日夏耿之介定本詩集』表紙・エキスリブリス(1925)が出版された。
1918年(大正7年)、銅版画技法習得のため渡仏。1919年4月4日にパリに到着するが、静養のため10月から南フランスに約三年間滞在。
1924年 デュフィの勧めで独立画家・版画家協会に入会。マニエール・ノワールを研究。
1926年 サロン・ドートンヌ版画部門の会員となる。
1934年「マルキシャンヌの村(東ピレネーの村)」(1934 ポアント・セーシュ)
1980年、89歳で死す。
★長谷川潔の油絵作品
1920年代後半から30年代にかけて制作された。
長谷川潔「マルキシャンヌ」油絵
http://nagai-garou.com/contents/3f/2928
長谷川潔、油彩画「修道院の古塔(ラグラス)
http://cardiac.exblog.jp/d2012-02-02/
長谷川潔、油彩「トレド」8号1929
―――――
★長谷川潔、マニエール・ノワール
「アレキサンドル三世橋とフランスの飛行船」1930
「摩天楼上空のポアン・ダンテロガシオン号」1930
★岡鹿之助『遊蝶花』1951
―――――
『京都国立近代美術館所蔵[長谷川潔作品集]』光村推古書院2003
「生誕100年記念 長谷川潔展」京都国立近代美術館(1991
「生誕120年記念 長谷川潔展」横浜美術館2011年

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月30日 (火)

「観〇光 ART EXPO 2013 ~日本の美とこころ~」・・・春爛漫

2013041400_2光あふれ緑ささやく麗しい四月。牡丹、藤、八重桜が咲き乱れ、百花繚乱。
北鎌倉に行き、円覚寺、浄智寺、建長寺をめぐりました。
北鎌倉の駅につくと、花の匂いが一杯にみち、藤の花の匂いが立ち込めています。
新緑と花の匂いを嗅ぎながら、円覚寺の庭で寿司を食べ、藤の花の匂いに酔いました。
円覚寺龍隠庵、奥の土蔵の蔵の中に入り、現代美術の作品をみ、友人の画家たちに会い、朝比奈恵温師に会い、春爛漫の優雅な時である。朋あり遠方より来る。また楽しからずや。
★展示作家
榎俊幸、中堀慎治、加藤魏山、伴清一郎、秋濱克大、麻殖生素子、瓜南直子、塙富士雄、金澤翔子、富田文隆、大沼憲昭、後藤尚子、後藤圭子、しりあがり寿、他。
★「観〇光 ART EXPO 2013京都・鎌倉展 ~日本の美とこころ~」
京都展 2013年3月15日(金)~24日(日)
鎌倉展 2013年4月12日(金)~21日(日)
京都展 清水寺、御寺 泉涌寺、青蓮院門跡
鎌倉展 建長寺、円覚寺、浄智寺
http://kanhikari.com/?page_id=11
榎俊幸 麒麟考 http://blogs.dion.ne.jp/kumozaru/archives/11106008.html
龍とは何か? http://blogs.dion.ne.jp/kumozaru/archives/11101919.html
★榎俊幸「索冥 SAKUMEI(白麒麟 White Qilin)」50F
作者の許可を得て掲載しています。2013041221

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月30日 (月)

寒河江智果『愛逢月』・・・愛は蘇る

20120707medeaiduki愛には様々な形がある。真実の愛、偽りの愛。肉体の愛、魂の愛。深い愛。
愛する二人は、満天の星の中で再会する。愛は再会する。愛は蘇る。七月七日、再会する牽牛と織女。古代の悲恋物語。禁じられた宮中の恋が暗示されている。
恋には、出会いと別れがあり、再会がある。
柿本人麿には「七夕の歌」が三八首ある。
大空ゆ 通ふ吾すら 汝がゆゑに 天の川道を なづみてぞ来し 『万葉集』巻一〇、柿本人麻呂歌集二〇〇一)
寒河江智果さんは、友人の画家です。美人画の名人です。
大久保正雄
―――――――
★寒河江智果『愛逢月』
★寒河江智果『美人を描く日々』
http://tomokasagae.blog122.fc2.com/
http://members.jcom.home.ne.jp/tomokasagae/page/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 7日 (火)

高島野十郎と同時代の作家展・・・蝋燭の画家

2010091106 灼熱の九月、友人とコンサート(オペラシティにて)を聴いた後、紅染める夕方、銀座美術館に行く。高島野十郎は蝋燭の画家とよばれる。
高島野十郎(1890明治23~1975)は、福岡県御井郡合川村(現、久留米市)に生まれた、本名を弥寿(やじゅ)。東京帝国大学農学部水産学科を首席で卒業するが、恩賜の銀時計の拝受を辞退し、念願であった画家の道に進む。
85才で孤独死するまで、貧困と孤独を極めた人生を歩く。
なぜ、貧窮に生きる、孤独な画家の道を歩いたのか、謎である。
■高島野十郎の細密画、濃密な写実主義には、寂幕を極めた崇高な美しさがある。
「けし」1925、「ひまわり」1926、「青いりんご」、他、高島野十郎の細密画には速水御舟のような凄絶な美がある。
「早春」1950、「林辺太陽」1967、「夕日」1961、「朝日」、春秋を画いた風景画には、いいしれぬ寂寥感が漂い、孤絶な精神性を感じる。
超現実的な写実は、凄絶な美がある。
「没後30年高島野十郎展」2006年三鷹市美術ギャラリーに続き、没後35年、埋もれた画家に日の目が当たりつつある。
高島野十郎は、孤独死した孤高の画家である。蝋燭の焔が孤独な画家の人生を象徴する。
★「高島野十郎と同時代の作家展、銀座美術館」
「生きている間に、もう一度展覧会をみてみたい」という、ひとりの髙島野十郎ファンの願いがこの企画展を実現した。高島野十郎30点展示。
和光の裏手、シネスイッチ銀座の向い、ビル8F
http://ginza-museum.org/after.html
2010090115

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年4月30日 (金)

アートフェア東京2010・・・画家の友人たち

1_2  4月5日午後、友人の画家に招かれてアートフェア東京、東京国際フォーラムに行く。
■渡辺香奈展、日動画廊
渡辺香奈展、日動画廊にて画家と歓談する。シュールリアリズムの緻密な絵画、艶やかな髪の表現が美しい作品である。彼女は純真な心の画家である。
■中堀慎治展、香染美術
日動画廊を後にして歩いていると、友人の画家に呼びとめられた。日本画家の中堀慎二さんである。象徴派の絵画から出発して、内面の深い人物画を構築している。
中堀慎二さんと榎俊幸さんは、殺処分される猫や庭に迷い込んだ猫を飼っている。美が崩壊した現代、弱肉強食のこの世で、殺される動物、死にそうな生命、苦悩する人間を救うことは、観世音菩薩のようである。

■「不空」展
中堀慎治さんと榎俊幸さんは「不空」展を展開している。
藝術は、人の苦悩を和らげ、不空羂索観音のように救済の網で救うことであり、観自在菩薩のように智慧をもって観照することにより生きものを救うことであり、大日如来のように闇を照らす業である。
私が計画していることを中堀さんに話した。日本画家の大沢拓也さん、椋野茂美さんにも会う。友人の画家たちに会い楽しいひと時である。その後、夕暮れ時、枝香庵のテラスに向かった。
―――――
★画像は、渡辺香奈さん、中堀慎治さんの許可を得て掲載しています。
アートフェア東京 http://www.artfairtokyo.com/
渡辺香奈 http://canaworks.blog103.fc2.com/
「不◎空」展 http://kan-hikari.blogspot.com/
Works03 07b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月18日 (木)

「鳳凰図」の画家、榎俊幸・・・「不空」展にて

200910131409018ed 1月23日夕暮れの街を歩いて、香染美術、「不空」展レセプションに行く。山本冬彦さんが迎えてくれた。榎俊幸「翔竜」中堀慎治「吼」、二つの屏風が展示されている。榎俊幸さんと哲学、美術史、ギリシア、グリム童話とユング心理学、ニーチェなどについて語り合い尽きることのない、楽しい夕べである。中堀慎治さんと藝術と学問のプロデュースについて、京都の怪僧について語る。赤ワインを飲みながら、深更に及ぶまで藝術談議に耽る歓楽を極める宴である。
榎俊幸さんには、幻獣、聖獣をえがく作品群がある。「鳳凰図」2005年、「麒麟図」「昇龍図」2006年、「秋鳳図」2007年。幻獣、瑞獣をえがく画家は、東洋の象徴的イメージ、美の理念を探求している。二条城で展示された「龍門の瀧」2009年は、聖なる価値の探求の系譜にある。鳳凰、龍は、不屈の意志、死と再生の象徴である。
「鳳凰図」は、白い烏骨鶏を飼っていて観察して、伊藤若冲「鳳凰図」を研究して描いている。
榎俊幸は、西洋絵画の理論・技法から出発し「世界中の古今東西の美術の要素を取り入れた地球美術」を目ざして絵画を描いている。象徴派の絵画から始めて、日本美術の古典、琳派の装飾藝術の要素を組み込み、西洋絵画の人物画と日本絵画の形象の美しい融合を実現している。現代は価値基準が崩壊した時代である。現代藝術において、美を追求する絵画は少ない。美的価値の崩壊した現代において、榎俊幸は、象徴的な美の世界を構築している。
■「不空」榎俊幸・中堀慎治 二人展
Gellery 香染美術 2010年1月21日(木)~2月20日(土)
http://www.kouzome.com/index.html
http://kan-hikari.blogspot.com/
―――――――
榎俊幸『榎俊幸 作品集 1986-2002』(彩鳳堂画廊 発行)
村上春樹「東京奇譚集」新潮文庫表紙
画家 榎俊幸の日常 http://kumozaru.blog.ocn.ne.jp/blog/
★榎俊幸「秋鳳図」2007、「鳳凰図」2005
★画像は榎俊幸さんの許可を得て掲載しています。Copyright榎俊幸
2009072600325446f

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月17日 (日)

画家、榎俊幸の世界・・・象徴と幻想の美

Ibaraki榎俊幸の絵画には、山本冬彦コレクションで出会った。淡く妙なる色調、象徴と幻想の世界はこの世ならぬ美を湛えている。榎俊幸の絵画は、リアリズムを追求することによってイデアリズムを追求している。価値基準の崩壊した現代藝術において、稀なる美の世界である。
人物画、「茨と帛」「THE PEARL」1997年、「COCOON」2000年、「孔雀舞」2003年には、リアリズムを通して魂の美、幻想的な美の追求がある。
幻獣、聖獣をえがく作品群がある。「鳳凰図」2005年、「麒麟図」「昇龍図」2006年、「秋鳳図」2007。幻獣、瑞獣をえがく画家は、聖なる価値、聖なる幸福を探求している。二条城で展示された「龍門の瀧」2009年は、聖なる価値の探求の系譜にある。
現代は価値の基準が崩壊した時代である。現代藝術において、美を追求する絵画は少ない。榎俊幸は「外界に対する目を閉じ、内なる目を開く」ことを探求する。見える形を追求することによって見えざる美を探求する。「相対的な上下関係ではなく、絶対的な高みに昇りたいと願っている」と思われる。「鳳凰図」「秋鳳図」「茨と帛」がこの上なく美しい。
目に見えない観念、内面を、具体的な形あるものを通して表現することを象徴という。榎俊幸の世界は、象徴派の世界を想起する。現代の象徴派である。ギュスターブ・モロー「一角獣」1885-1888、ジャン・デルヴィル「死せるオルフェウス」1893「茨の冠」1892を思い出す。
榎俊幸ホームページ
―――――――
展覧会
■「不空」榎俊幸・中堀慎治 二人展
Gellery 香染美術 2010年1月21日(木)~2月20日(土)
AM11:00~PM7:00 日・祝日休廊
http://kan-hikari.blogspot.com/
■山本冬彦コレクション展
2010年1月14日(木)~2月21日(日)休館日:月曜日
佐藤美術館
http://homepage3.nifty.com/sato-museum/index.html
★榎俊幸「茨と帛」「THE PEARL」1997年

★画像は、榎俊幸さんの許可を得て掲載しています。
Perl

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月24日 (木)

山本冬彦コレクション展、佐藤美術館・・・諏訪敦、三瀬夏之介との鼎談

20091102_suwa_atsushi_2コレクター山本冬彦氏のコレクション展が開かれる。山本氏は「銀座の隠れ家」に1300点を所蔵する。諏訪敦、三瀬夏之介、榎俊幸、他、現代作家を発見して支援してきた個人コレクターである。山本氏とは銀座の枝香庵でよく藝術談議に耽る。友人である。藝術的技巧だけでなく精神性の深さを尊ぶ優れたコレクターであり、先見の明をもち、隠れた才能を見いだす名人である。寒河江智花、浅井冴子、他、佐藤美術館では、所蔵作品160点が展示される。
スーパーリアリズムの諏訪敦、現代の奇想派の三瀬夏之介との鼎談がある。
■「山本冬彦コレクション展~サラリーマンコレクター30年の軌跡」
2010年1月14日(木)~2月21日(日)
佐藤美術館(3階展示室・4階展示室・5階多目的スペース)
主催:財団法人佐藤国際文化育英財団、日本経済新聞社
★イベント2 トークショー「コレクターと作家の出会い」ゲスト:諏訪敦・三瀬夏之介
1月24日(日)15:00~ 定員100名
★イベント4 トークショー「蒐集の哲学について」ゲスト:木村悦雄、澤登丈夫、御子柴大三2月11日(木・祝)15:00~ 定員100名
★写真:佐藤美術館、立島惠氏、諏訪敦氏の許可を得て掲載しています。
http://homepage3.nifty.com/sato-museum/index.html

諏訪敦公式サイト

| | コメント (2) | トラックバック (0)