美術展スケジュール

2017年1月 6日 (金)

美術館スケジュール、2017年 旅する哲学者 美への旅

2016_tiziano2017022820170926美術館スケジュール、2017年 旅する哲学者 美への旅
夕暮れ散歩、夕暮れの諧調、夕暮れ美術館。
美への旅、知恵の旅、時空の果てへの旅、魂への旅。
美は真であり、真は美である。これは、地上にて汝の知る一切であり、知るべきすべてである。
はちみつ色の夕暮れ、黄昏の丘、黄昏の森を歩き、迷宮図書館に行く。糸杉の丘、知の神殿が目覚める。
美しい魂は、輝く天の仕事をなす。美しい女神が舞い下りる。美しい守護精霊が、あなたを救う。
*大久保正雄『旅する哲学者 美への旅』より
*大久保正雄『永遠を旅する哲学者 美のイデアへの旅』
―――――
1月 
「春日大社展」東京国立博物館(1/17~3/12)
「ティツィアーノとヴェネツィア派」東京都美術館 1月21日~4月2日
2月
「草間彌生 わが永遠の魂」国立新美術館(2/22~5/22)
「シャセリオー展-19世紀フランス・ロマン主義の異才」国立西洋美術館(2/28~5/28)
3月
「特別展 雪村」東京藝術大学大学美術館(3/28~5/21)*MIHO MUSEUM(8/1〜9/3)
「茶碗の中の宇宙 樂家一子相伝の芸術」東京国立近代美術館(3/14~5/21)
「大英自然史博物館展」国立科学博物館(3/18〜6/11)
「ミュシャ展」国立新美術館(3/8〜6/5)
4月
「特別展 快慶」奈良国立博物館(4/8~6/4)
「特別展 茶の湯」東京国立博物館(4/11~6/4)
「ヴォルスー写真、絵画、エッチング」DIC川村記念美術館(4/1〜7/2)
「ポイマンス美術館、ブリューゲル バベルの塔展」東京都美術館(4/18~7/2)*国立国際美術館(7/18~10/15)
6月
「ジャコメッティ展」国立新美術館6月14日 〜 9月4日
「アルチンボルド展」国立西洋美術館(6/20〜9/24)
7月
「特別展 タイ~仏の国の輝き~」東京国立博物館、7月4日~
「ベルギー奇想の系譜展」Bunkamuraザ・ミュージアム7月15日~9月24日
「怖い絵展」兵庫県立美術館(7/22〜9/18)*上野の森美術館(10/7〜12/17)
9月
「特別展 運慶」東京国立博物館(9/26~11/26)
「ボストン美術館 浮世絵名品展 鈴木春信」千葉市美術館(9/6~10/23)*名古屋ボストン美術館(11/3〜2018/1/21)他巡回。
10月
「長沢芦雪展」愛知県美術館(10/6〜11/19)
「特別展覧会 国宝」京都国立博物館(10/3〜11/26)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月12日 (日)

美術展スケジュール2014年、上野・両国・横浜編

20131221葛飾北斎(1760-1849)は浮世絵師として世に現われてから90歳で没するまでの約70年間、常に新たな様式に挑んだ不撓不屈の画人。『ボストン美術館肉筆浮世絵展 江戸の誘惑』葛飾北斎「鳳凰図屏風」(天保6年1835)の翼を広げた鳳凰、金色の背景に赤・緑・青を主調とする色彩を思い出す。「諸国瀧廻り」、「百物語」、「冨嶽三十六景」、「諸国名橋奇覧」。「神奈川沖浪裏」は、不朽の美を感じる。
上野の森、「ボストン美術館浮世絵名品展 北斎」「法隆寺-祈りとかたち」「バルテュス展」、楽しみである。
■東京国立博物館
「クリーブランド美術館展─名画でたどる日本の美」 ★
2014年1月15日 (水)~2月23日(日)
日本伝統工芸展 60回記念「人間国宝展―生み出された美、伝えゆく わざ―」
2014年1月15日(水)~2月23日(日)
開山・栄西禅師 800年遠忌 特別展「栄西と建仁寺」 ★
2014年3月25日 (火) ~ 2014年5月18日(日)
特別展「キトラ古墳壁画」2014年4月22日(火) ~ 2014年5月18日(日)
特別展「台北 國立故宮博物院-神品至宝-」 ★
2014年6月24日(火) ~ 2014年9月15日(月・祝)
「日本国宝展」 ★★★
2014年10月15日(水)~ 2014年12月7日(日)
■東京都美術館
日本美術院再興100年 特別展『世紀の日本画』 ★★
重要文化財「龍虎図屏風」橋本雅邦 明治28年(1895)静嘉堂文庫美術館蔵:後期展示 ★
重要文化財「悲母観音」狩野芳崖 明治21年(1888)東京藝術大学蔵:後期展示 ★
第1期:2014年1月25日(土)~2月25日(火)
第2期:2014年3月1日(土)~4月1日(火)
バルテュス展 Balthus: A Retrospective ★★★
2014年4月19日(土)~6月22日(日)
京都市美術館2014年7月5日〜9月7日
メトロポリタン美術館古代エジプト展 女王と女神 ★
2014.07.19(土)~09.23(火・祝)東京都美術館
2014.10.13(月・祝)~2015.01.12(月・祝)神戸市立博物館
ウフィッツィ美術館展 ★
2014年10月11日~12月14日
■国立西洋美術館
国立西洋美術館×ポーラ美術館 モネ、風景をみる眼―19世紀フランス風景画の革新
2013年12月7日(土)~2014年3月9日(日)
生誕150周年記念 国立西洋美術館所蔵 エドヴァルド・ムンク版画展
2013年12月7日(土)~2014年3月9日(日)
ジャック・カロ―リアリズムと奇想の劇場
2014年4月8日(火)~6月15日(日)
橋本コレクション 指輪 神々の時代から現代まで ― 時を超える輝き
2014年7月8日(火)~9月15日(月・祝)
■東京藝大美術館
東日本大震災復興祈念・新潟県中越地震復興10年
法隆寺-祈りとかたち ★★★
2014年4月26日(土)- 6月22日(日)
■上野の森美術館
ボストン美術館浮世絵名品展 北斎 ★★★
9月13日~11月9日 http://ukiyoe.exhn.jp/
名古屋ボストン美術館 2013年12月21日(土)~2014年3月23日(日)
■東京国立近代美術館
ジョセフ・クーデルカ展
2013年11月6日(水)~2014年1月13日(月)
菱田春草展
2014年9月23日(火)~11月3日(月)
■江戸東京博物館
江戸東京博物館 開館20周年記念特別展 
大浮世絵展 ★★★
平成26年1月2日~3月2日
東海道五拾三次 -江戸の旅事情 お伊勢参りと物見遊山-
平成26年1月2日(木)~2月2日(日)5階第2企画室
大江戸と洛中~アジアのなかの都市景観~ ★
平成26年3月18日~5月11日
■横浜美術館
下村観山展 ★
2013/12/06~2014年2月11日
開館25周年記念 魅惑のニッポン木版画 ★
2014年3月1日(土)~5月25日(日)
ヨコハマトリエンナーレ2014
2014年8月1日(金)~11月3日(月)
■世田谷美術館
ボストン美術館 華麗なるジャポニスム展
2014. 6.28‐9.15 
■府中市美術館
江戸絵画の19世紀 ★  
3月21日(金曜日・祝日)から5月6日(火曜日)まで 
■千葉市美術館
江戸の面影 浮世絵は何を描いてきたのか ★
2014年1月25日(土)~3月2日(日)
―――――――――――――――
■ボストン美術館浮世絵名品展 北斎
驚異の色彩 ―抜群に美しい北斎、ボストンから来日!
葛飾北斎(1760-1849)は江戸後期に浮世絵師として画界に登場してから90歳で没するまでの約70年間、常にあらたな画様式に挑んだ不撓不屈の画人です。世界中で広く愛されている浮世絵版画の中でも、北斎の作品は特に人気があり、日本のみならず欧米にも熱心なコレクターや研究者が多く、世界各国の美術館に作品が収蔵されています。北斎は、米国のライフ誌が選んだ「この千年で最も重要な出来事・人物」に、唯一名前の挙がった日本人でもあります。
本展は、日本が世界に誇る北斎の魅力に、世界屈指の日本美術コレクションで知られる米国・ボストン美術館の作品から迫ります。北斎研究の第一人者・永田生慈氏の監修のもと、同館の珠玉の所蔵品の中でもおどろくほど色鮮やかな作品、他では見ることができない非常に珍しい作品など、特に優れた作品約140点を厳選してご紹介します。想像をはるかに超えた「北斎」に、どうぞご期待ください。
「諸国瀧廻り」全8図、「百物語」全5図のほか、「冨嶽三十六景」、「諸国名橋奇覧」。西欧の透視画法を採り入れた浮絵「新板浮絵 忠臣蔵」全11図や洋風版画「阿蘭陀画鏡 江戸八景」全8図。
日本の画家として世界一有名といってもいいほど、誰もが一度は名前を聞いたことがある葛飾北斎は、宝暦10年(1760)年9月23日、江戸本所(現 東京都墨田区)に生まれました。当時の江戸は、町人文化が円熟し、鳥居清長、喜多川歌麿、東洲斎写楽などの絵師による錦絵が黄金時代を迎えていました。町民として生まれ育った北斎は、幕府や大名の御用絵師とは一線を画し、90年にわたる長い生涯を一介の画工として生きました。終生質素な暮らしを貫き、酒も飲まず、煙草も吸わず、高級なお茶も飲まず粗食に徹し、身なりにもかまわず破れた服で暮らしていたといわれており、生涯で93回も転居を重ねた引越し魔であったとも伝えられています。また、「勝川春朗」としてデビューしてから有名な「北斎」、「為一」等を経て「画狂 老人卍」として没するまで、30以上の画号を使用したことでも知られ、死ぬまで自らの絵の革新のみをひたすらに追い求めた人生でした。
http://ukiyoe.exhn.jp/

大浮世絵展
日本が世界に誇る浮世絵は、江戸時代の初期に始まり、歌麿、写楽、北斎、広重などのスター絵師の活躍や、強烈なインパクトを放つ国芳らの登場を経て、小林清親や橋口五葉などの近代の画家に引き継がれました。
本展は、浮世絵研究の成果を世界に発信している「国際浮世絵学会」の創立50周年を記念して、浮世絵の名品を日本国内および世界各地から一堂に集めるものです。好事家ならずとも目にしたことのある代表的な作品約430点により、浮世絵の全史を通覧します。まさに浮世絵の“教科書”、“国際選抜”となる展覧会です。(東京会場には約350点が展示されます。展示替あり。)
会場では、“浮世”を初めて絵画の題材として取り込んだ江戸時代初期の風俗図屏風を筆頭に、菱川師宣の初期浮世絵から、歌麿・写楽が登場した「黄金期」、北斎・広重・国芳が活躍した「展開期」、そして文明開化に沸く明治時代の新聞錦絵、橋口五葉が描いたモダンな女性まで、時代を追ってご紹介します。版画だけでなく、肉筆画も多数展示するとともに、大首絵、役者絵、相撲絵、上方絵などの浮世絵が持つ多彩なジャンルも網羅します。浮世絵の全貌を紹介し、その魅力を再認識していただく展覧会です。
http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/newtest/exhibition/special/2013/01/index.html
―――――――――――――――
20140102_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 9日 (木)

美術展スケジュール2014年、六本木・渋谷・恵比寿・丸の内編・・・藝術至上主義の夢

2014012519世紀イギリス美術の二つの美術展は、必見。19世紀ロマン派、藝術至上主義の極致の一つがここにある。
神話に秘められた美、憂いにみちた女性美。恋の炎。詩的な絵画、華やかな美と悦楽の世界。象徴主義、唯美主義、藝術と人生の双方に美を追求する藝術至上主義、古典的な形式や慣例に囚われない藝術。藝術至上主義の夢の形である。大久保正雄
「テート美術館の至宝 ラファエル前派展 英国ヴィクトリア朝絵画の夢」森アーツセンターギャラリー
「ザ・ビューティフル― 英国の唯美主義1860-1900」三菱一号館美術館
――――――――――
六本木地区
■サントリー美術館
IMARI/伊万里 ヨーロッパの宮殿を飾った日本磁器 ★
2014年1月25日(土)~3月16日(日)
のぞいてびっくり江戸絵画-科学の眼、視覚のふしぎ-
2014年3月29日(土)~5月11日(日)
徒然草 美術で楽しむ古典文学(仮称) ★
2014年6月11日(水)~7月21日(月・祝)
高野山開創1200年記念 高野山の名宝 ★★★
2014年10月11日(土)~12月7日(日)
■国立新美術館
第17回文化庁メディア芸術祭
2014年2月5日(水)―2月16日(日) 会場:企画展示室1E
イメージの力―国立民族学博物館コレクションにさぐる
2014年2月19日(水)―6月9日(月) 会場:企画展示室2E
中村一美展
2014年3月19日(水)―5月19日(月) 会場:企画展示室1E
■森アーツセンターギャラリー
「テート美術館の至宝 ラファエル前派展 英国ヴィクトリア朝絵画の夢」 ★★★
2014年1月25日(土)~4月6日(日)
「日本スペイン交流400周年事業」巨匠ガウディ×井上雄彦 コラボレーション展
2014年
■森美術館
森美術館10周年記念展 アンディ・ウォーホル展:永遠の15分
2014年2月 1日(土)~ 2014年5月 6日(火)
ゴー・ビトゥイーンズ展:こどもを通して見る世界
2014年5月31日(土)~ 2014年8月31日(日)
リー・ミンウェイとその関係展―あらゆるものとの"つながり"について考える
2014年9月20日(土)~ 2015年1月 4日(日)
■山種美術館
【特別展】Kawaii 日本美術 ―若冲・栖鳳・松園から熊谷守一まで ★★★
伊藤若冲《樹花鳥獣図屏風》(静岡県立美術館蔵)は、後期(2月4日~3月2日)展示。
2014年1月3日(金)~3月2日(日)
【特別展】富士山世界文化遺産登録記念 富士と桜と春の花
■ザ・ミュージアムBunkamura25周年記念
シャヴァンヌ展 水辺のアルカディア ピュヴィス・ド・シャヴァンヌの神話世界
2014/1/2(木)-3/9(日)
ミラノ ポルディ・ペッツォーリ美術館 華麗なる貴族コレクション
2014/4/4(金)-5/25(日)
デュフィ展
2014/6/7(土)-7/27(日)
■三菱一号館美術館
ザ・ビューティフル― 英国の唯美主義1860-1900 ★★★
1月30日(木)~5月6日(火・祝)
ヴァロットン― 冷たい炎の画家
6月14日(土) ~9月23日(火・祝)
ボストン美術館 ミレー展― 傑作の数々と画家の真実
10月17日(金) ~ 2015年 1月12日(月・祝)
■三井記念美術館
「楽茶碗と新春の『雪松図』」展~2014年1月25日
■出光美術館
没後50年・大回顧 板谷波山の夢みたもの ―〈至福〉の近代日本陶芸 ★★★
2014年1月7日(火)~3月23日(日)
日本の美・発見IX日本絵画の魅惑
2014年4月5日(土)~6月8日(日)
■ブリヂストン美術館
画家の目、彫刻家の手2014年1月18日(土)-2014年4月13日(日)
チャイナドレス:交差する眼差し─藤島武二から梅原龍三郎まで2014年4月26日(土)-2014年7月21日(月)
―――――――――――――――

テート美術館の至宝 ラファエル前派展 英国ヴィクトリア朝絵画の夢
英国を代表する絵画の殿堂、テート美術館が所蔵する名品72点を通し、ラファエル前派を紹介する展覧会を開催します。
1848年、ロンドン。ジョン・エヴァレット・ミレイ、ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ、ウィリアム・ホルマン・ハントを中心とする若い作家たちは、ラファエロを規範とする保守的なアカデミズムに反旗を翻し、それ以前の初期ルネサンス美術に立ち返るべく「ラファエル前派兄弟団」を結成しました。古典的な形式や慣例にとらわれない彼らの芸術運動は、英国のアート界にスキャンダルを巻き起こしました。
本展は、グループの結成から1890年代までのラファエル前派の歩みを歴史、宗教、近代生活、風景、詩的な絵画、美、象徴主義の7つのテーマに分けて紹介します。ロンドン、ワシントン、モスクワ、と各地で話題を集めた展覧会がいよいよ東京に巡回します。どうぞご期待ください。
森アーツセンターギャラリー(東京・六本木ヒルズ森タワー52F) 
http://prb2014.jp/

ザ・ビューティフル 英国の唯美主義1860-1900|三菱一号館美術館
19世紀後半の英国を席巻した壮大なムーブメント 日本発の唯美主義展
19世紀半ばのロンドン──。産業革命後の物質至上主義がはびこるなか、人々のライフスタイルをも変革した先進的な芸術運動がおこりました。主導したのは前衛芸術家たち。芸術はただ美しくあるために存在すべきだとする彼らの信念は、革新的な美術とデザイン を生み出します。芸術と人生のどちらにも美が重要とする芸術至上主義は、一般家庭のインテリアに変革をもたらすとともに、デカダンス の世紀末芸術へと発展していきます。
本展は、ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館などの英国の主要な 美術館・博物館の所蔵品を中心とする絵画、素描、家具、工芸、宝飾品約150点で構成します。D.G.ロセッティからアルバート・ムーア、オーブリー・ビアズリー、オスカー・ワイルドにいたるまで、前衛たちが追い求めた独創的な美と悦楽の世界をご堪能ください。
http://mimt.jp/beautiful

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月29日 (月)

展覧会スケジュール2012年10月~2013年3月・・・美術館に行こう

20130101春までの美術展では、エル・グレコ展とラファエロ展が、楽しみである。1999年、マドリッドのティッセン・ボルネミサ美術館で「エル・グレコ展」をみた。トレド、マドリッド、モンセラート、ドレスデンで、エル・グレコの作品をみて以来、神秘的な世界の魅力に惹かれる。ラファエロは、フィレンツェ、パラティーナ美術館、他、ヨーロッパ各地でみたのを思い出す。調和的なルネサンス世界が魅力的である。
【上野】
■東京国立博物館
東京国立博物館 特別展「中国 王朝の至宝」★
10/10(水)~12/24(月・休)
http://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=1495
東京国立博物館 特別展「出雲―聖地の至宝―」★
10/10(水)~11/25(日)
http://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=1473
「東京国立博物館140周年 特別展「飛騨の円空―千光寺とその周辺の足跡―」★
2013年1月12日(土)~4月7日(日)
「日中国交正常化40周年 東京国立博物館140周年
特別展「書聖 王羲之」★★★
2013年1月22日(火)~3月3日(日)

■国立西洋美術館
「手の痕跡 国立西洋美術館所蔵作品を中心としたロダンとブールデルの彫刻と素描」★
2012年11月3日(土・祝)~2013年1月27日(日)
国立西洋美術館「ラファエロ | Raffaello」★★★
2013年3月2日(土)~6月2日(日)

■東京都美術館
【特別展】メトロポリタン美術館展 大地、海、空—4000年の美への旅 Earth, Sea and Sky: Nature in Western Art; Masterpieces from The Metropolitan Museum of Art★
2012年10月6日~ 2013年1月4日
http://met2012.jp/
「群龍割拠 猫とドラゴン展2012年10月21日~ 2012年10月28日★
「とある雑食美術愛好家T氏コレクションより2012年10月13日~ 2012年10月19日
エル・グレコ展 東京都美術館★★★
2013年1月19日(土)~ 4月7日(日)
http://www.el-greco.jp/
「エル・グレコ展」[大阪展] 国立国際美術館 2012.10.16~12.24

【六本木】
■国立新美術館
「国立新美術館開館5周年 リヒテンシュタイン 華麗なる侯爵家の秘宝 ★
http://www.asahi.com/event/liechtenstein2012-13/
2012年10月3日(水)―12月23日(日・祝) 会場:企画展示室1E
「カリフォルニア・デザイン 1930-1965 -モダン・リヴィングの起源-
2013年3月20日(水•祝)―6月3日(月) 会場:企画展示室1E
「アーティスト・ファイル2013―現代の作家たち
2013年1月23日(水)―4月1日(月) 会場:企画展示室2E

■サントリー美術館
「御伽草子2012年9月19日(水)~11月4日(日)
「森と湖の国 フィンランド・デザイン
2012年11月21日(水)~2013年1月20日(日)

【渋谷・恵比寿・目黒】
■山種美術館
竹内栖鳳 京都画壇の画家たち2012年9月29日(土)~11月25日(日)★
http://bit.ly/kw0tP4 
高山辰雄 奥田元宋2012年12月1日(土)~2013年1月27日(日)
※12/29~1/2 年末年始休館

■Bunkamuraザ・ミュージアム
マンチェスター大学ウィットワース美術館所蔵 巨匠たちの英国水彩画展
ターナーからミレイまで 儚く美しき英国水彩画の世界
2012/10/20(土)-12/9(日)
白隠展 HAKUIN 禅画に込めたメッセージ
2012/12/22(土)-2013/2/24(日)

【日本橋・銀座・竹橋】
■三井記念美術館
琵琶湖をめぐる 神と仏 名宝展★★
2012年9月8日~ 11月25日
茶道具と円山派の絵画★
2012年12月30日(火)~ 2013年1月26日

■三菱一号館美術館
シャルダン展 ― 静寂の巨匠2012年9月8日(土)~2013年1月6日(日)
「奇跡のクラーク・コレクション ― ルノワールとフランス絵画の傑作」展2013年2月9日(土)~5月26日(日)
浮世絵 Floating World-珠玉の斎藤コレクション-2013年6月22日(土)~9月8日(日)
三菱一号館美術館名品選2013年10月5日(土)~2014年1月5日(日)

■東京国立近代美術館
東京国立近代美術館 60周年記念特別展
美術にぶるっ! ベストセレクション 日本近代美術の100年★
2012.10.16―2013.1.14

【他の地区】
■横浜美術館
はじまりは国芳―江戸スピリットのゆくえ★
2012 年11 月3日(土曜・祝日)~2013 年1月14 日(月曜・祝日)

■府中市美術館
ポール・デルヴォ― 夢をめぐる旅★★★
平成24年9月12日(水曜日)から11月11日(日曜)
http://www.city.fuchu.tokyo.jp/art/kikakuten/kikakuitiran/delvaux/index.html
虹の彼方 こことどこかをつなぐ、アーティストたちとの遊飛行
11月23日(金曜日・祝日)から2013年2月24日(日曜日)まで

■千葉市美術館
須田悦弘展2012年10月30日(火)~ 12月16日(日)
江戸から昭和のきものKimono Beauty ―シックでモダンなきものたち―
文人画再発見!~西谷コレクションを中心に~
2013年1月4日(金)~2月11日(月・祝)

■国宝「十一面観音」特別公開2012年10月25日~11月12日9:00~17:00★★★
奈良市 法華寺  0742-33-2261
http://event.jr-odekake.net/event/122765.html

【銀座】
■東逸子個展「ELEMENTUM,et TUMPUS-この星に生まれた思い出に-」★
11月6日(火)~11月17日(土)/日曜休廊(最終日・17時まで)
スパンアートギャラリー/東京都中央区銀座2-2-18西欧ビル1F/tel:03-5524-3060
http://www.span-art.co.jp/exibition/201211azumaitsuko/index.html
――――――――――――
■エル・グレコ展
没後400年を迎えるスペイン絵画の巨匠、エル・グレコの大回顧展を開催します。
エル・グレコ(本名ドメニコス・テオトコプーロス、1541~1614年)は16世紀から17世紀にかけてのスペイン美術の黄金時代に活躍し、ベラスケス、ゴヤとともにスペイン三大画家の一人に数えられます。クレタ島に生まれ、ヴェネツィア、ローマでの修行を経てスペイン・トレドにたどりつき、揺らめく炎のように引き伸ばされた人物像が印象的な宗教画や、モデルの人となりをも描き出す独自の肖像画で、当時の宗教関係者や知識人から圧倒的な支持を得ました。ピカソら20世紀の巨匠たちからも、その作品は高く評価されています。
本展にはプラド美術館、ボストン美術館など、世界十数カ国の名だたる美術館やトレドの教会群から油彩画50点以上が集結。高さ3メートルを超える祭壇画の最高傑作の一つ「無原罪のお宿り」も初来日し、まさに「奇跡の集結」といえる国内史上最大のエル・グレコ展となります。
――――――――――――
2013年1月19日(土)~ 4月7日(日)
東京都美術館 (東京都台東区上野公園8-36)
2012年10月16日(火)~2012年12月24日(月・休)
国立国際美術館 http://www.el-greco.jp/
〒530-0005 大阪市北区中之島4-2-55 TEL.06-6447-4680(代)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月16日 (火)

展覧会スケジュール2011年8月~2012年3月・・・美術館に行こう

2011800pxgoya_maja_ubrana2 夏の闇の中で、密教美術と古代ギリシア美術が輝いている。何度みても深い。
秋の美術展は「プラド美術館所蔵 ゴヤ 光と影」国立西洋美術館がある。プラド美術館で「着衣のマハ」(1801~05)「裸のマハ」(1795)を見たのは12年前。2点の「マハMaja」とアルバ公爵夫人とゴヤの謎は今も解かれていない。ロマン主義美術の宮廷画家フランシスコ・デ・ゴヤ・イ・ルシエンテス(Francisco José de Goya y Lucientes1746年-1828年)は革命と独立戦争の嵐に巻き込まれた。フランス革命の画家ジャック・ルイ・ダヴィッド(Jacques-Louis David1748年-1825年)と同年代を生きた。
「フェルメールからのラブレター展」「フェルメール《地理学者》とオランダ・フランドル絵画展」につづいて、「フェルメール『真珠の耳飾りの少女』」2012がある。フェルメール・ファンにおすすめ。琳派展は「生誕250年記念 酒井抱一と江戸琳派の全貌」、浮世絵展は「北斎生誕250年記念 ホノルル美術館北斎名品展」がある。
せみ時雨のなかでNovalisの言葉を思い浮かべる。「まことの君主は芸術家のなかの芸術家、即ち、芸術家の総監督である。」
―――――
★主要美術館、特別展。
■東京国立博物館、特別展
「空海と密教美術展」2011年7月20日~09月25日★★★★★
「法然上人800回忌・親鸞聖人750回忌 特別展「法然と親鸞 ゆかりの名宝」2011年10月25日~ 2011年12月4日★
特別展「ボストン美術館 日本美術の至宝」2012年3月20日~2012年6月10日★★★★★
■国立西洋美術館、特別展
「大英博物館 古代ギリシャ展-究極の身体、完全なる美」2011年7月5日(火)~9月25日(日)★★★★★
「プラド美術館所蔵 ゴヤ 光と影」2011年10月22日~2012年1月29日★★★
「ユベール・ロベール-時間の庭」2012年3月6日~5月20日★★
■東京国立近代美術館、企画展
「イケムラレイコ うつりゆくものLeiko Ikemura: Transfiguration」2011年8月23~10月23日
「日本の裸体(仮称)Japanese Nudes」2011年11月15日~2012年1月15日
■国立新美術館、特別展
「ワシントン・ナショナルギャラリー印象派展」6月8日~9月5日★
「モダン・アート・アメリカン ―珠玉のフィリップス・コレクション―」展2011年9月28日~12月12日
―――――
★主要なもののみ記載します。美術館別。
■Bunkamuraザ・ミュージアム、企画展
「フェルメールからのラブレター展」2011年12月23日~2012年3月14日まで。★★★
■サントリー美術館
「開館50周年記念「美を結ぶ。美をひらく。」Ⅲコーニング・ガラス美術館特別協力 あこがれのヴェネチアン・グラス―時を超え、海を越えて」8月10日(水)~10月10日(月・祝)
「開館50周年記念「美に挑む」IV南蛮美術の光と影 泰西王侯騎馬図屏風の謎に迫る」10月26日(水)~12月4日(日)★★★
■横浜美術館、企画展
「松井冬子展― 世界中の子と友達になれる ―」Fuyuko MATSUI− Becoming Friends with All the Children in the World −
2011年12月17日~ 2012年3月18日★
■根津美術館、企画展
「開館70周年記念特別展2 春日の風景 -麗しき聖地のイメージ」10月8日(土)~11月6日(日)
「受贈記念特別展 中国の陶磁・漆・青銅」11月16日~12月25日
■山種美術館
「日本画どうぶつえん―栖鳳《班猫》御舟《炎舞》」7月30日(土)~9月11日(日)
「山種美術館創立45周年記念特別展 ザ・ベスト・オブ・山種コレクション★★★
前期: 11月12日(土)~12月25日(日)、後期:2012年1月3日(火)~2月5日(日)*12/29~1/3まで休館(作品は一部展示替えあり)
■出光美術館
「明・清陶磁の名品―官窯の洗練、民窯の創造」2011年6月28日(火)~9月4日(日)
「日本の美・発見VI長谷川等伯と狩野派」2011年10月29日(土)~12月18日(日)
■三菱一号館美術館
「三菱一号館美術館コレクション<Ⅱ>「トゥールーズ=ロートレック」展、2011年10月13日(木)~12月25日(日)
岐阜県美術館所蔵「ルドンとその周辺―夢見る世紀末」展、2012年1月17日(火)~3月4日(日)
■三井記念美術館
「華麗なる<京蒔絵>」2011年9月17日~11月13日
「ホノルル美術館北斎名品展 北斎生誕250年記念」2012年4月19日~6月19日★★★★★
■世田谷美術館
休館 (分館は通常どおり開館)2011年7月1日~2012年3月末
■石橋美術館、福岡県久留米市
「特別展 高島野十郎・里帰り展」★★★★★
2011年07月01日~2011年08月21日
この展覧会では、福岡県立美術館の全面的な協力のもと、同館所蔵の作品を中心に個人所蔵の作品も含め、初期から晩年にいたる代表作約120点によって、この画家の絵の魅力と生きざまに迫ります。
■江戸東京博物館
「世界遺産 ヴェネツィア展~魅惑の芸術-千年の都~」9月23日(金・祝)~12月11日(日)
「絵で楽しむ忠臣蔵」12月3日(土)~2012年1月29日(日)
「歴史のなかの龍」12月3日(土)~2012年1月29日(日)
「平清盛」2012年1月2日(月)~2月5日(日)
「塔の展覧会」2012年2月21日(火)~5月6日(日)
■東京都美術館
「マウリッツハイス美術館展」フェルメール『真珠の耳飾りの少女』東京都美術館2012年7月~9月
マウリッツハイス美術館作品50点が展示される。2010年6月22日朝日新聞
■千葉市美術館
「生誕250年記念 酒井抱一と江戸琳派の全貌」10月10日~11月13日★★★★★
「瀧口修造とマルセル・デュシャン2011年11月22日(火)~2012年1月29日(日)
■東京藝術大学美術館
「国宝 源氏物語絵巻に挑む―東京藝術大学 現状模写―」2011年9月9日(金)~9月25日(日)
「彫刻の時間—継承と展開—」2011年10月7日(金)~11月6日(日)
■ブリヂストン美術館
「没後100年 青木繁展 よみがえる神話と芸術」2011年07月17日(日)~2011年09月04日(日)
「くらべてわかる-印象派誕生から20世紀美術まで」2011年9月14日(水)~2011年10月18日(火)
■太田記念美術館
「歌川芳艶~知られざる国芳の門弟」2011年8月2日(火)~8月26日(金)
■石橋美術館、福岡県久留米市
「蝋燭の画家、高島野十郎展」2011年7月1日~8月21日。初期から晩年まで約120点を揃えた回顧展。★★★
―――――――
■「プラド美術館所蔵 ゴヤ 光と影」国立西洋美術館
雅宴から動乱へ――画家ゴヤが見つめた、人間の光と影。
 スペイン美術の巨匠フランシスコ・デ・ゴヤ(1746-1828)の作品は、西欧社会の一大変革期の証言であるとともに、時代を超えて私たちの心に響く今日性を備えています。彼は成功への野心に駆られて国王カルロス4世の主席宮廷画家に上りつめ、王侯貴族や廷臣たちの優雅な肖像画によって名声を得ました。しかしナポレオンの侵略により戦争と混乱に見舞われたスペイン社会の悲惨な現実や、心の奥にひそむ不条理な幻想世界への関心は、彼の後半生の芸術に大きな展開をもたらします。社会と人間の諸相を光と影の交錯のもとに捉えるゴヤの創造力は、82年の生涯の最後まで衰えることを知りませんでした。
鋭い洞察力と批判精神に基づく作品で、近代絵画の先駆者とも呼ばれる巨匠フランシスコ・デ・ゴヤ(1746-1828)。その比類なきコレクションで知られる国立プラド美術館の全面的な協力を得て、日本では40年ぶりとなる本格的な「ゴヤ展」を開催します。プラド美術館から出品される傑作«着衣のマハ»を含む25点と、素描40点、版画6点、資料(書簡)1点に、国立西洋美術館などが所蔵する版画51点を加えた計123点で、激動の時代をたくましく生き抜いたゴヤの独創的な芸術世界を紹介します。
国立西洋美術館
―――――――
■フェルメールからのラブレター展
17世紀オランダ絵画を代表する 巨匠ヨハネス・フェルメール
緻密な空間構成と独特な光の質感で描かれた作品達は、300年の時を経て今もなお私達を魅了し続けています。そして、現存作品数が三十数点とごく少ないことが、より一層人々の興味をかき立てているのでしょう。
2011年、未だかつて観ることのできなかったフェルメール作品が初めて来日。現在、アムステルダム国立美術館で修復作業が行われている≪手紙を書く青衣の女≫が修復後 本国オランダより先駆けてこの日本で世界初公開。
フェルメール・ブルーとも言われる、当時としても大変貴重なラピスラズリを砕いた顔料ウルトラマリンの青の輝きが、フェルメールのこだわった当時の光と色彩の世界とともに、長い時を経て蘇り・・・私達の前に姿をあらわします。
またとないこの歴史的来日にご期待ください。
更に、日常描写を美しく描きとることを得意としたフェルメール作品の中で、とりわけ重要なモチーフとなっている「手紙」作品の中から、ワシントン・ナショナル・ギャラリー所蔵≪手紙を書く女≫と、アイルランド・ナショナル・ギャラリー所蔵 ≪手紙を書く女と召使い≫の2作品が満を持して再来日。
三十数点の数少ない作品の中で、フェルメールは「手紙」をテーマにした作品を数多く残しています。彼自身がこだわりを持ったこの「手紙」というモチーフに隠されたメッセージを、是非会場で感じて頂ければと思います。
このフェルメールの3作品と共に、「手紙」をはじめとする17世紀オランダのコミュニケーションの様々なあり方に焦点をあて、同時代に活躍したピーテル・デ・ホーホ、ヘラルト・テル・ボルフ、ハブリエル・メツーといった巨匠たちの手による作品を展開します。                                                 
京都市美術館2011年6月25日~10月16日、宮城県美術館10月27日~12月12日、Bunkamuraザ・ミュージアム2011年12月23日~2012年3月14日 http://www.vermeer-message.com/
―――――――
★注 情報は美術館公表資料による。美術館HPご参照下さい。星は個人的な好みによります。
★ゴヤ「着衣のマハ」(Francisco de Goya:Maja1801~05)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月15日 (土)

展覧会スケジュール2011年1~7月、美術館に行こう・・・ギリシア美術と密教美術

2011070502 私の好みでは「空海と密教美術展」「大英博物館 古代ギリシャ展-究極の身体、完全なる美」が楽しみである。これまで博物館、密教寺院でみた藝術であるが、一堂に会してみると新たな発見がある。他に、琳派展、浮世絵展が多い。
「創建1200年記念 東寺国宝展」世田谷美術館1995、「弘法大師入唐1200年記念 空海と高野山」東京国立博物館2004は空前絶後の密教美術展であった。楽しみである。
憂いにみちた世界だが、藝術は束の間心の痛みをいやす。「藝術こそ至上である。それは生きることを可能にする偉大なもの。」ニーチェ『権力への意志』
―――――
★主要美術館、特別展。
■東京国立博物館、特別展
「本館リニューアル記念特別公開」2011年1月2日(日)~2011年1月16日(日)★
「仏教伝来の道 平山郁夫と文化財保護」1月18日(火)~3月6日(日)
「写楽」平成館特別展示室2011/4/5~2011/5/15★★★
「空海と密教美術展」2011年7月20日~09月25日★★★★★
■国立西洋美術館、特別展
「アルブレヒト・デューラー版画・素描展 宗教/肖像/自然」2010年10月26日(火)~2011年1月16日(日)★★★
「レンブラント 光の探求/闇の誘惑」3月12日(土)~6月12日(日)★★★
「大英博物館 古代ギリシャ展-究極の身体、完全なる美」2011年7月5日(火)~9月25日(日)★★★★★
■東京国立近代美術館、特別展
「生誕100年 岡本太郎展」3月8日~5月8日
■国立新美術館
「シュルレアリスム展―パリ、ポンピドゥセンター所蔵作品による」2011年2月9日(水)―5月9日(月)★★★
「ワシントン・ナショナルギャラリー印象派展」6月8日~9月5日★
「アーティスト・ファイル2011―現代の作家たち」会期未定 会場:企画展示室2E
―――――
★主要なもののみ記載します。美術館別。
■Bunkamuraザ・ミュージアム
「モネとジヴェルニーの画家たち」展、12月7日~2011年2月17日まで。★
「シュテーデル美術館所蔵フェルメール《地理学者》とオランダ・フランドル絵画展」2011年3月3日(木)~5月22日(日)★
「花の画家 ルドゥーテ展」5月29日(日)~7月3日(日)
■サントリー美術館
「日独交流150周年記念・国立マイセン磁器美術館所蔵 マイセン磁器の300年」2011年1月8日(土)~3月6日(日)
「開館50周年記念「美に挑む」Iサントリー美術館コレクション展」3月19日(土)~5月22日(日)
「開館50周年記念「美に挑む」Ⅱ不滅のシンボル 鳳凰と獅子」2011年6月8日(水)~7月24日(日)★★★
「開館50周年記念「美を結ぶ。美をひらく。」Ⅲコーニング・ガラス美術館特別協力 あこがれのヴェネチアン・グラス―時を超え、海を越えて」8月10日(水)~10月10日(月・祝)
「開館50周年記念「美に挑む」IV南蛮美術の光と影 泰西王侯騎馬図屏風の謎に迫る」10月26日(水)~12月4日(日)★★★
■横浜美術館
「プーシキン美術館展 フランス絵画300年」2011年4月2日~6月26日★★★
■根津美術館
「KORIN展 国宝「燕子花図」とメトロポリタン美術館所蔵「八橋図」」4月16日~5月15日★
■山種美術館
「ボストン美術館 浮世絵名品展 錦絵の黄金時代―清長、歌麿、写楽―」2011年2月26日(土)~4月17日(日)★★★
「日本画どうぶつえん―栖鳳《班猫》御舟《炎舞》特別公開」7月30日(土)~9月11日(日)
「山種美術館創立45周年記念特別展 ザ・ベスト・オブ・山種コレクション★★★
前期: 11月12日(土)~12月25日(日)、後期:2012年1月3日(火)~2月5日(日)*12/29~1/3まで休館(作品は一部展示替えあり)
■出光美術館
「琳派芸術 光悦・宗達から江戸琳派」1月8日~3月21日★
■三菱一号館美術館
「マリー=アントワネットの画家ヴィジェ・ルブラン」展 —華麗なる宮廷を描いた女性画家たち—」3月1日(火)~5月8日(日)
■三井記念美術館
「ホノルル美術館北斎名品展 北斎生誕250年記念」4月19日~6月19日★★★
■世田谷美術館
生誕100年特別展「白洲正子「神と仏、自然への祈り」★
3月19日~5月8日
■神奈川県立金沢文庫
「特別展 運慶-中世密教と鎌倉幕府-」1月21日(金)~3月6日(日)*全7点展示2月15日(火)~2月27日(日)★
■畠山記念館
生誕250年「酒井抱一―琳派の華―」2011年1月22日(土)~3月21日(月・祝)★
■千葉市美術館
「ボストン美術館浮世絵名品展」2011年4月26日~6月5日★★★
「酒井抱一と江戸琳派の全貌」10月10日~11月13日★
■東京藝術大学美術館
「香り かぐわしき名宝」展 Fragrance - the Aroma of Masterpieces」2011年4月7日(木)~5月29日(日)
■ブリヂストン美術館
「没後100年 青木繁展 よみがえる神話と芸術」2011年07月17日(日)~2011年09月04日(日)
■太田記念美術館
浮世絵にみる意匠-江戸の出版デザイン、2011年02月01日 ~ 2011年02月20日
■渋谷区立松濤美術館
大正イマジュリィの世界、2010年11月30日(火)~2011年01月23日(日)
■石橋美術館、福岡県久留米市
「蝋燭の画家、高島野十郎展」2011年7月1日~8月21日。初期から晩年まで約120点を揃えた回顧展。★★★
―――――――
「空海と密教美術展」
インドで生まれて中国で体系化された密教は、奈良時代にはすでにわが国にも伝えられてきましたが、その奥義は弘法大師空海が唐での留学から帰国して初めてもたらされました。
空海自らが『御請来目録』のなかで「密教の押絵は深く言葉では語りつくせないので、仏画などの造形を以ってわかり易く私たちに説き示す」と述べているように、密教美術は、密教の説く真理を秘めた造形美術の宝庫と言え、その多彩さや豊かさは、我が国の仏教美術の中で群を抜いています。
本展は平安時代前期に焦点を合わせ、仁和寺、醍醐寺、金剛峰寺、教王護国寺、善通寺、神護寺等々に伝えられた宝物を通じて空海の思想世界を広く現代に問おうとするものです。真言密教創世記の息吹を今に伝える超一級の国宝・重要文化財が一堂に集うまさに空前絶後の機会となります。http://www.tnm.jp/
―――――――
「大英博物館 古代ギリシャ展-究極の身体、完全なる美」
美術、文学、哲学、スポーツ ― さまざまな文化が花開いた古代ギリシャ。
 なかでも“人類史上もっとも美しい”とも評されるギリシャ美術は、その後の西洋文明における「美」のお手本となりました。
 本展では、日本初公開となるギリシャ黄金時代の傑作《円盤投げ(ディスコボロス)》をはじめ、大英博物館が世界に誇るギリシャ・コレクションから厳選された彫像、レリーフ、壺絵など約130点を紹介します。そのほぼすべてが、人間の「身体」を表現したものです。人間の身体こそが、美の極致 ― 古代ギリシャの人々がたどり着いた理想の「美」の全貌に迫ります。
http://www.body2011.com/
―――――――
ギリシア美術展は「ルーブル美術館展~古代ギリシャ芸術、神々の遺産」藝大美術館2006以来である。
★注 情報は美術館HPおよび展覧会HPによる。星は個人的な好みによるものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)