イギリス美術

2017年10月14日 (土)

怖い絵展、上野の森美術館・・・恐怖を好む女性、異界と幻視、崇高の風景

Kowaie20171007大久保正雄『旅する哲学者 美への旅』第127回
処刑された若き女王、魔女、妖精、夢魔、血まみれメアリー、切り裂きジャック、崇高な城の廃墟。19世紀エリザベス朝の大英帝国の妖精画家たちの幻想。中野京子『怖い絵』(2007)にもとずく美術展。神話と聖書、悪魔、地獄、怪物、異界と幻視、崇高の風景。チャールズ・シムズ『そして妖精たちは服をもって逃げた』(1918)には、画家の運命が秘められている。
陰惨、悲惨、怪奇な絵画に満ちた不気味な美術館。恐怖と怪奇を好む女性が雲霞のごとく集まる。魑魅魍魎に取りつかれた少女、幻想界に生きる異界マダムが蝟集する。病んだ女性は、嫉妬、愛憎、残酷、恐怖を好む。美内すずえ『ガラスの仮面』1976、秋吉理香子『ジゼル』2015、塩野七生『チェーザレ・ボルジア優雅なる冷酷』1970、『ヴェルサイユのばら』1978。
――
ポール・ドラローシュ「レディ・ジェーン・グレイの処刑」(1833)
黒い闇、ジェーンの若々しい白い肌、サテンの純白ドレス。白と黒の対比。床には血を吸うために敷かれた藁。布で目隠しをされたジェーン、斬首台に導く司祭。右側に斧を手に立つ死刑執行人、左側に侍女らが泣く。
16歳で断頭台に散った9日間の若き女王レディ・ジェーン・グレイ。エリザベス1世が即位する4年前1554年2月。ロンドン塔に幽閉されていた「前女王」が処刑された。反逆罪で投獄され、カトリックへの改宗を拒んだため7カ月後、ロンドン塔の断頭台に散った。16歳4か月。
ヘンリー8世の姪の娘ジェーンは、父と舅の野心の犠牲となって女王に即位させられ、権力闘争と宗教対立の歴史の荒波に翻弄される。メアリー1世死後、カトリック復帰運動は沈下し英国国教会は国家宗教として確立。
ブラッディ・マリー、血まみれメアリー
イングランド女王メアリー1世(1516~58年)の異名である。カトリックのメアリーは300人のプロテスタントを処刑した.。「血まみれメアリー」と呼ばれた。即位後、最初に処刑したのが自分より先に「イングランド初の女王」を宣言したジェーン・グレイ(1537~54年)。
――
美は真であり、真は美である。これは、地上にて汝の知る一切であり、知るべきすべてである。
美しい夕暮れ。美しい魂に、幸運の女神が舞い降りる。美しい守護霊が救う。美しい魂は、輝く天の仕事をなす。
大久保正雄『旅する哲学者 美への旅』より
大久保正雄『永遠を旅する哲学者 イデアへの旅』
――
展示作品の一部
ポール・ドラローシュPaul Delaroche「レディ・ジェーン・グレイの処刑」1833
ハーバート・ジェイムズ・ドレイパーHerbert Draper「オデュッセウスとセイレーン」1910
ジョン・ウィリアム・ウォーターハウスJohn William Waterhouse「オデュッセウスに杯を差し出すキルケー」1891
チャールズ・シムズ『そして妖精たちは服をもって逃げた』1918
――
展示は「神話と聖書」「悪魔、地獄、怪物」「異界と幻視」「現実」「崇高の風景」「歴史」の6つのテーマで構成され、視覚的な怖さだけではない様々なタイプの「恐怖」を表現した作品が並ぶ。さらに、一部の作品の横には「中野京子’s eye」として作品を読み解くためのヒントも記されており、より想像力を広げて、作品が持つ恐怖の世界を味わうことができる。女優の吉田羊とのトークセッションで「なぜ『恐怖』をテーマに選んだのか」という吉田の問いに対し、中野は「恐怖は動物のDNAに刻み込まれたもので、恐怖があることで生き延びてきた。だから様々な恐怖のバリエーションが絵画に表現されている」と語った。
『美術手帖』恐怖を切り口に名画を読み解く「怖い絵」展が東京へ - 美術手帖
https://bijutsutecho.com/news/8015/
――
怖い絵展、上野の森美術館2017年10月7日(土)~12月17日(日
http://www.kowaie.com/sakuhin.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月16日 (日)

「ザ・ビューティフル ― 英国の唯美主義 1860‐1900」・・・大英帝国の黄昏

20140130 1月29日、朝、美術館に行く。唯美主義、耽美派の美術展。英国は、詩の王国である。帝国の黄昏に咲く最後の美の花、退廃の美である。
19世紀、大英帝国ヴィクトリア朝時代(1837年から1901年)、ロマン主義、ラファエル前派、唯美主義、アート・アンド・クラフト。黄昏にひらく愛と美の花。イギリス美術の黄金時代である。
唯美主義(Aestheticism)は、視覚的美、感覚的美の追求の藝術である。一八六〇年代から、ロセッティ、モリス、ホイッスラーらによって始められ、フレデリック・レイトン、アルバート・ムーアたちのイギリス古典主義「オリンピアの画家たち」によって展開された。唯美主義の美の象徴は、「孔雀の羽」によって表現される(フレデリック・レイトン『パヴォニア』1858-59年)。産業革命後、世界の工場と化し大英帝国の繁栄のなかで蔓延した物質主義に抵抗して藝術至上主義「藝術のための藝術(Art for Art’s sake)」を主張した。ウィリアム・モリスの「生活と藝術を一致させる」アーツ・アンド・クラフト運動へと展開し、華麗な装飾藝術を生みだした。19世紀末オスカー・ワイルド、ビアズリーの世紀末藝術のデカダンスへと解体して行く。 「現代は労働過剰で教育不足の時代だ。人々は勤勉になるあまり、完全に知性を失っている。」「自分を愛することは、一生のロマンスのはじまり。」オスカー・ワイルド
■展示作品
ダンテ・ガブリル・ロセッティ「愛の杯」1867国立西洋美術館
フレデリック・レイトン『パヴォニア』(1858-59年 個人蔵)
フレデリック・レイトン「さくらんぼ」(1864-65年ブラックバーン美術館)
アルバート・ムーア「真夏」(1887年ラッセル=コート美術館)
アルバート・ムーア「花」(1881年テート・ギャラリー)
アルバート・ムーア「夢みる人々」(1850-82年バーミンガム美術館)展示中止
ウィリアム・モリス「タイル・パネル」1876ヴィクトリア・アンド・アルバート美術館
――――――――――
19世紀半ばに興ったイギリスの唯美主義に焦点をあて、絵画から宝飾品に至るまでの幅広い作品を集めた展覧会です。 産業革命の成功で繁栄するヴィクトリア朝時代のイギリスで、功利主義に異を唱え、物事の美しさを主張する人々が前衛芸術家たちの中から生まれてきました。その作品には、物語や教訓ではなく、視覚・触覚的な悦びを重視し、絵画や工芸だけでなく日用品のデザインまでをも華やかにしていきます。古代ギリシャやジャポニズムの影響も受けており、ロセッティやホイッスラーは扇や染付の収集に力を入れました。パトロンたちは唯美主義者たちの作品を購入するほかに、住居や服装を美的に整えるなど、生活様式も取り入れました。やがて、大衆へと浸透し大きな運動へと発展します。
会場では、ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館の所蔵品をベースに油彩、水彩、素描、家具、工芸、宝飾品など約140点を展示。ラファエル前派を率いたダンテ・ゲイブリル・ロセッティからアルバート・ムーア、オーブリー・ビアズリー、オスカー・ワイルドに至るまで、多様で独創的な美と悦楽の世界を楽しめます。 http://mimt.jp/
――――――――――
「ザ・ビューティフル ― 英国の唯美主義 1860‐1900」 2014年1月30日(木)~5月6日(火・祝) 三菱一号館美術館(東京都千代田区丸の内2-6-2) 
http://mimt.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月19日 (水)

ラファエル前派展 英国ヴィクトリア朝絵画の夢・・・愛と美の深淵

20140125 ロセッティは、美と真実を追求した。ラファエル前派の絵画は、愛の迷宮である。ミレイ「オフィーリア」(1851-52)は、絶望のうちに溺死するヒロイン、川に流されながら歌うオフィーリアと、33歳で亡くなったエリザベスの面影が重なる。ロセッティ「プロセルピナ」(1874)は、運命の女ジェイン・モリスの人生を反映する。
ラファエル前派は、因襲と階級社会、権威に抗して、中世の愛の夢、美しい自然への回帰を志向する。ロマン主義藝術の一つの流れである。シェイクスピア『ハムレット』『リア王』『尺には尺は』、「アーサー王伝説」、『トリスタンとイゾルデ』、ダンテ『神曲』、チョーサー『薔薇物語』、テニスン「水車小屋に娘」、中世の物語の世界が創り出された。
ジェイン・バーデン(1839-1914)は、ロセッティが終生追い求めた理想の女性であり、ファム・ファタル(femme fatal運命の女)と言われる。ラファエル前派の美のミューズである。ラファエル前派の藝術家と女たちには、愛と美の深淵がある。モリスは、ジェインをモデルに唯一の油彩画「麗しのイズー」(1859)を描き、ミレイはエリザベスをモデルに「オフィーリア」(1851-52)を描いた。ロセッティは、亡き妻エリザベスをモデルに「ベアタ・ベアトリクス」(1864)、ジェーンをモデルに「プロセルピナ」(1874)を描く。
ロセッティ、モリス、ジェーンの間には、不思議な三角関係がある。1859年、25歳のモリスは、19歳のジェーン・バーデン(1839-1914)と結婚。ロセッティは、エリザベス・シダル(1829-62)と1860年に結婚したが、彼女は1862年亡くなる。ミレイは、1855年にエフィーと略奪結婚した。ラファエル前派の愛の迷宮である。
ラファエル前派は、1848年ジョン・エヴァレット・ミレイ、ダンテ・ガブリエル・ロセッティ、ウィリアム・ホルマン・ハントによって結成され、5年で終了した。1858年、ロセッティを中心に、第2世代のエドワード・パーン= ジョーンズ、ウィリアム・モリスによって、受け継がれ、「生活と芸術 アーツ&クラフツ」、「唯美主義 藝術のための藝術」へ展開する。
フランス革命後、古典主義に反抗するロマン主義藝術が起こった。ラファエル前派は、ロマン主義藝術の一つの流れである。ラファエル前派は沈滞したイギリス美術に抵抗した。
☆「ラファエル前派兄弟団宣言」1、独創的なアイディアを持つこと。2、表現のために、自然を注意深く観察する。3、過去の藝術であっても真摯で率直で誠実なものには共感し、因習的で自己顕示的で型に嵌ったものを排除する。4、絵画でも彫刻でも、絶対的に優れたものを制作すること。
■主な展示作品
ヒューズ「4月の恋」1855-56年
ダンテ・ガブリエル・ロセッティ「ベアタ・ベアトリクス」1864-70年頃
ダンテ・ガブリエル・ロセッティ「プロセルピナ」1874年
ジョン・エヴァレット・ミレイ「オフィーリア」1851-52年
ウィリアム・ホルマン・ハント「良心の目覚め」1853-54年
モリス「麗しのイズー」1856-58年
ミレイ「マリアナ」1850年頃
ミレイ「両親の家のキリスト(大工の仕事場)」1849年
ロセッティ「見よ、我は主のはしためなり(受胎告知)」1849-50年
ロセッティ「ダンテの愛」1860年
ロセッティ「最愛の人(花嫁)」1895-66年
バーン=ジョーンズ「『愛』に導かれる巡礼」1896-97年頃
マドックス・ブラウン「リア王とコーデリア」1849-54年
ホルマン・ハント「クローディオとイザベラ」1850-53年
★イギリス美術史の美術展
「バーン・ジョーンズ展―装飾と象徴―」三菱一号館美術館・・・眠れる森の美女
http://mediterranean.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/post-c29c.html
「ジョン・エヴァレット・ミレイ展」Bunkamura・・・極美の世界、人間の儚さと死
http://mediterranean.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/post-3ef7.html
「生活と芸術 アーツ&クラフツ展」ウイリアム・モリスから民芸まで 東京都美術館
http://mediterranean.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/post-fdb4.html
ターナー展 英国最高の巨匠、東京都美術館・・・イタリアの黄昏、黄金の光
http://mediterranean.cocolog-nifty.com/blog/2013/11/post-b411.html
ロセッティ展、ラファエル前派の夢、Bunkamuraザ・ミュージアム、
1990年1990.09.22-1990.11.14
ウィリアム・ブレイク展、国立西洋美術館1990年9月22日―11月25日
ウィリアム・ブレイク版画展、国立西洋美術館2011年10月22日(土)~2012年1月29日(日)http://www.nmwa.go.jp/jp/exhibitions/williamblake2011.html
ザ・ビューティフル 英国の唯美主義1860-1900|三菱一号館美術館
2014年1月30日(木)~5月6日(火・祝)
http://mimt.jp/beautiful
『ラファエル前派とその時代展』The Pre-Raphaelites and their Times伊勢丹美術館1985
http://leonocusto.blog66.fc2.com/blog-entry-391.html
「西洋絵画の中のシェイクスピア展」伊勢丹美術館1992/10/29~11/24
――――――――――
1848年、ロンドン― 
アカデミズムに反抗する「ラファエル前派兄弟団」結成。
 1848年ロンドン。 前衛美術運動を起こし、英国の美術史に大きな影響を与えた芸術家グループが7人の若者によって結成された。正式名称は「ラファエル前派兄弟団(Pre-Raphaelite Brotherhood )」、略してPR B。中心となったのはロイヤル・アカデミーで学ぶ3人の学生、ジョン・エヴァレット・ミレイ(1829-96)、ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ(1828-82)、ウィリアム・ホルマン・ハント(1827-1910)。彼らは盛期ルネサンスの巨匠ラファエロを規範としてその形式だけを踏襲する当時のアカデミズムに反発し、ラファエロ以前の素直で、誠実な初期ルネサンス絵画を理想としこのグループ名を付けた。
 具体的には自然をありのままに見つめその姿を正確に写しだそうとして、戸外での制作を試みたり、くっきりした明るい色彩を使用し細部を描き込んだりして、リアリズムに徹した画面を作り上げた。そのような姿勢や絵画は社会から猛反発を受け一種のスキャンダルとなったが、美術批評家ジョン・ラスキンの援護もあり、しだいに受容されていった。グループとしてのまとまった活動は1853年ごろまでにはなくなり、作家たちはそれぞれ独自の道を歩んでいくことになる。しかしラファエル前派の運動は彼らの先輩格にあたる画家フォード・マドックス・ブラウン(1821-93)の賛同を得るなど、周辺にいた作家たちも巻き込みその影響は広範囲に及んだ。
 1850年代後半には、ロセッティの周りにエドワード・パーン= ジョーンズ(1833-98)やウィリアム・モリス(1834-96)などより若い作家たちが集まり、ラファエル前派の第二世代を形成し、後の唯美主義やアーツ・アンド・クラフツ運動にもつながっていく。本展はラファエル前派を英国の近代美術に新しい道を切り聞いたアヴァンギャルド運動として紹介する。(プレスリリースより)
――――――――――
「テート美術館の至宝 ラファエル前派展 英国ヴィクトリア朝絵画の夢」
2014年1月25日(土)~4月6日(日)
森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52F) 
http://prb2014.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月13日 (水)

ターナー展 英国最高の巨匠・・・イタリアの黄昏、黄金の光

2013100801秋の夕暮れの光が、枯葉とともに舞う午後、美術館に行く。ターナーの絵を見ると、晩秋のイタリアの旅、ヴェネツィアの黄昏の黄金の光を思い出す。
ロマン主義の詩人バイロン、シェリーは、イギリスの階級社会の鬱屈に抗しロマンスを求めて、イタリアの美しい風光に旅立ち、詩魂を洗練し磨き上げた。官能と美の陶酔、限りある生命の儚さと美、宵闇迫る黄昏時の美。輝けるルネサンスの残影、沈みゆくヴェネツィアの輝きと闇の光。(大久保正雄『藝術家たちの地中海紀行』)
ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー(Joseph Mallord William Turner 1775 - 1851)は19世紀イギリスのロマン主義の画家である。西洋絵画史における有数の風景画家の1人である。詩人バイロンの物語詩『チャイルド・ハロルドの巡礼』(1818)に憧れて、44歳の時、イタリア旅行し、この時の作品とヴェネツィアを描いた絵画が頂点である。クロード・ロラン(Claude Lorrain 1600 - 1682)の影響を受け、美しいイタリアの黄昏の風景を描いた。
大英帝国の繁栄は、属国の苦しみの上に構築された。ヴィクトリア女王が統治していたヴィクトリア朝(1837年~1901年)の時代は、イギリス史において産業革命による経済が成熟したイギリス帝国の絶頂期である。ヴィクトリア女王の治世1837年から1901年は英国の黄金期であるばかりでなく、英国美術の黄金期、爛熟期であった。イギリス帝国のムガル帝国、インド帝国搾取の犠牲の上に、英国美術の黄金期は築かれた。「綿織物工の骨がインドの平原を白く染めている」(ウィリアム・ベンティンク)。(大久保正雄『藝術と文明-権力闘争の歴史-』、大久保正雄『国家は滅びても都市は滅びない』)
ヴァティカン回廊からサン・ピエトロ広場を見下ろすラファエロと恋人の幻影。バイロンの詩の主人公チャイルド・ハロルドは青春を浪費したことを悔い、異国の地に魂の救済を求め、イタリアの痛切な美に心を満たされる。藝術家のイタリアへの旅は、探求の旅である。バイロンの詩句の夢見るような憂愁。ローマ文明の衰退、イタリアの美しさに陶酔する。旅路の果てに、美と魂の救済を見出す。
「永遠の都市」ローマのまばゆい光。かつての美しく高貴なヴェネツィアが、優雅な趣を揺曳しながら衰微する姿。(大久保正雄『藝術家たちの地中海紀行』)
――――――――――
主な展示作品
Ⅰ 初期
ターナー「月光、ミルバンクより眺めた習作」Moonlight, a Study at Millbank
[1797年ロイヤル・アカデミー展出品/油彩/板材/縦31.4cm x 横40.3cm]
Ⅱ 「崇高」の追求
ターナー「バターミア湖、クロマックウォーターの一部、カンバーランド、にわか雨」Buttermere Lake,with Part of Cromackwater, Cumberland, a Shower
[1798年ロイヤル・アカデミー展出品/油彩/カンヴァス/縦88.9cm x 横119.4cm]
Ⅲ 戦時下の牧歌的風景
ターナー「スピットヘッド:ポーツマス港に入る拿捕された二隻のデンマーク船」
[1808年発表 油彩、カンヴァス 171.4 x 233.7㎝]
Ⅳ イタリア
★ターナー「ヴァティカンから望むローマ、ラ・フォルナリーナを伴って回廊装飾のための絵を準備するラファエロ」1820 Rome, from the Vetican. Raffaelle, Accompanied by La Fornarina, Preparing his Pictures for the Decoration of the Loggia
偉大な画家ラファエロを讃える絵画で、ヴァティカンの名高い回廊を訪ねたのが制作の契機。サン・ピエトロ広場を見下ろす優雅な回廊は、16世紀にラファエロと弟子たちが装飾をほどこした。
[1820年ロイヤル・アカデミー展出品/油彩/カンヴァス/縦177.2cm x 横335.3cm]
★ターナー「チャイルド・ハロルドの巡礼―イタリア」1832 Childe Harold's Pilgrimage-Italy
詩の主人公チャイルド・ハロルドは青春を浪費したことを悔い、異国の地に魂の救済を求め、ついにイタリアの痛切な美に心を満たされる。。ターナーのイタリア訪問も、チャイルド・ハロルドと同じ探求の旅である。バイロンの詩句の夢見るような憂愁を捉え、ローマ文明の衰退を嘆きながら、イタリアそのものの自然の美しさに陶酔する。(『ターナー展図録』参照)旅路の果てに、美と魂の救済を見出す。
[1832年ロイヤル・アカデミー展出品/油彩/カンヴァス/縦142.2cm x 横248.3cm]
★ターナー「レグルスRegulus」1828
クロード・ロランの描いた名高い港の絵にインスピレーションを得ている。ターナーは「永遠の都市」を訪れる途上立ち寄ったフィレンツェで、この絵を再び目にした(『ターナー展図録』参照)
[1828年ローマで展示、1837年加筆/油彩/カンヴァス/縦89.5cm x 横123.8cm]
Ⅴ 英国における新たな平和
ターナー「夕べ、湖面の小船と遠方の塔」1827
ターナー「逆賊門、ロンドン塔」サミュエル・ロジャーズ『詩集』のための挿絵1832
Ⅵ 色彩と雰囲気をめぐる実験
ターナー「黄色い砂丘の上の青い月影」1824
Ⅶ ヨーロッパ大陸への旅行
ターナー「バッシー門より望むパリ」1833
Ⅷ ヴェネツィア
ターナー「ヴェネツィア、総督と海の結婚の儀式 サンマルコ広場」1835
★ターナー「ヴェネツィア、嘆きの橋」Venice, the Bridge of Sighs 1840
[1840年ロイヤル・アカデミー展出品/油彩/カンヴァス/縦68.6cm x 横91.4cm]
ターナー「ヴェネツィア、月の出」Venice,Moonrise
[1840年:「大運河、ジューデッカ島」スケッチブック/水彩/紙/縦22.0cm x 横31.9cm]
ターナー:黄昏時のプンタ・デッラ・ドガーナ(税関舎)とサンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会をホテル・エウロパより望む The Punta della Dogana and Santa Maria della Salute at Twilight, from Hotel Europa
[1840年/鉛筆、水彩/紙/縦19.4cm x 横28.0cm]
Ⅸ 後期の海景画
ターナー「日の出」1840
Ⅹ 晩年の作品
ターナー「湖に沈む夕陽」
[1840-45年頃 油彩、カンヴァス 91.1 x 122.6㎝]
ターナー「平和―水葬」Peace-Burial at Sea
[1842年ロイヤル・アカデミー展出品/油彩/カンヴァス/縦87.0cm x 横86.7cm]
――――――――――
26歳にして英国王立アカデミーの正会員に選出されたターナーは、生涯にわたって英国ロマン主義を牽引しました。近代西洋絵画における風景画の地位を飛躍的に高め、モネやピサロなど後の印象派の画家にも多大な影響を与えました。
ターナー作品約2万点を所蔵し、世界最大のターナー・コレクションを誇る英ロンドンのテート美術館から、油彩の代表作30点、水彩等約70点。西洋美術史上に輝く巨匠の足跡を辿る。
17世紀の画家クロード・ロランへの憧憬がよく表れている名作「レグルス」。「チャイルド・ハロルドの巡礼-イタリア」は、夏目漱石が「坊っちゃん」で言及した。
40歳、壮年期以降ターナーの心をとらえ続けたヴェネツィアの街を主題とした「ヴェネツィア、嘆きの橋」。光や大気まで描く独自の画風を展開する晩年の境地「平和-海上の儀式(水葬)」。後世の抽象画に通じる革新的な最晩年の作品まで。ターナーの画業の全貌を網羅する展覧会。
http://www.turner2013-14.jp/
――――――――――

ターナー展 英国最高の巨匠 待望の大回顧展!
http://www.turner2013-14.jp/
2013年10月8日(火)~12月18日(水)
東京都美術館(東京・上野公園)
2014年1月11日(土)~4月6日(日)
神戸市立博物館(兵庫・神戸市中央区)
★ターナー「ヴァティカンから望むローマ、ラ・フォルナリーナを伴って回廊装飾のための絵を準備するラファエロ」1820
2013100802

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月22日 (水)

「バーン・ジョーンズ展―装飾と象徴―」・・・眠れる森の美女

20120623夏のせみ時雨の午後、二重橋前から美術館に行く。子どものころ見た映画『眠れる森の美女』の茨と魔女を思い出す。
すべてのものは朽ち果てていく。花の命は美しくも短い。『眠り姫』(Sleeping Princess)は、永遠に美しいままで止まりたい女の秘めたる願望の象徴である。『眠り姫』の世界は、止まったままの砂時計、野茨の花は花を散らすことなく咲き、永遠に少女のままで止まる。花の生命は短く、女の美しさは儚い。いばら姫は、100年の眠りの後、王子の口づけによって目覚める。
眠り姫は美徳(Tugend)と美貌(Schönheit)の化身であって、その美しさは彼女の無垢(Unschuld)の象徴である。
バーン・ジョーンズの絵画は、古代、中世の神話に彩られた世界、ラファエロ前派、イタリア絵画の影響深い、象徴的な世界である。イメージが象徴する意味は何か。
■『いばら姫』(Dornröschen) グリム版
国王夫妻がいた。子が生まれなかったが、女の子を授かり、祝宴に一人を除き国中の12人の魔法使いが呼ばれた。一番目の魔女からは美徳、二番目の魔女からは美貌、三番目の魔女からは富が約束された。以下この世で望まれるあらゆる素質が授けられた。宴の途中に、一人だけ呼ばれなかった13人目の魔女が現れ、11人目の魔女が贈り物をした直後「王女は錘が刺さって死ぬ」という呪いをかける。12人目の魔女が「王女は錘が刺さり百年間眠りにつく」という呪いに変える。王は、国中の紡ぎ車を燃やさせる。王女は、15歳の時に一人で城の中を歩いていて、城の塔の一番上で老婆が紡いでいた錘で手を刺し、眠りに落ちる。呪いは城中に波及し、茨が茂る。100年後、他国の王子が噂を聞き、城を訪れる。王女は王子のキスで目覚める。
■展示作品
「クピドとプシュケ」連作 1872-1881 バーミンガム美術館
「ペレウスの饗宴」1872-1881 バーミンガム美術館
「プロセルピナの略奪」1882 バーミンガム美術館
「果たされた運命-大海蛇を退治するペルセウス」-連作『ペルセウス』1882年頃、サウサンプトン市立美術館
ペルセウスは大海蛇を倒し、生贄として鎖につながれていたエチオピアの女王アンドロメダを救う。劇的な構図と蛇や甲冑の色彩が鮮烈。
「運命の車輪」1871-85年、ナショナル・ギャラリー・オヴ・ヴィクトリア
女神フォルトゥーナ(ギリシャ神話:テュケー)は、人間の運命を司る大きな車輪を動かす。
「メドゥーサの死 Ⅱ」-連作『ペルセウス』1882年、サウサンプトン市立美術館 Southampton City Art Gallery / Bridgeman
英雄ペルセウス(ギリシャ神話の半神)は、その顔を見ると石に変えられてしまう怪物メドゥーサの退治を王から命じられ、首を切り落とした。今まさに首を抱えて飛び立とうとするペルセウスの雄姿。
「ピグマリオンと彫像-女神のはからい」1878年、バーミンガム美術館 Birmingham Museums
彫刻家ピグマリオンは、美しいガラテアの像を作った。そして、自身の彫像に恋をする。このような美しい妻がほしいと愛の女神に祈ると、彫像に生命が吹き込まれる。像が物質から人間に変わる様が連作で表現されている。
「眠り姫」-連作『いばら姫』1872-74年頃、ダブリン市立ヒュー・レイン美術館 Dublin City Gallery The Hugh Lane, Dublin
洗礼の日から100年の眠りにつかされた王女が、美しい王子によって目を覚まされる物語。1891年公開されたときロンドンの観衆が熱狂した。バーン=ジョーンズの代表作。
――――――――――
「『夢の国』に住む一番素敵な若者の一人」 時代の寵児ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティにそう云わしめた気鋭の画家エドワード・バーン=ジョーンズ(1833-98)は、イギリスの工業都市バーミンガムで額縁職人の子として生まれました。オックスフォード大学において生涯の友ウィリアム・モリスと出会い、1861年にはアーツ・アンド・クラフツ運動の起点となる共同事業を創始します。そして、19世紀末には、その詩情にみちた静謐な画風によってヴィクトリア朝絵画の頂点をきわめました。しかし、バーン=ジョーンズの活動については、これまでラファエロ前派やモリス商会とのかかわりから注目されることが多く、その全体像が十分に把握されてきたとはいえません。
聖職をめざしていたバーン=ジョーンズが芸術の道を志そうと決めたのは、モリスと北フランスの大聖堂を巡った1855年のことです。翌年、大学を去ったバーン=ジョーンズは、前衛芸術家として知られるロセッティに弟子入りし、美術批評家ジョン・ラスキンの導きでイタリア美術を学びます。
生来の才能を開花させて、唯一無二の装飾デザイナーとしてモリスの活動を支える一方で、自身の絵画制作においては、装飾性と象徴性をあわせもつ独自の様式を確立しました。唯美主義運動を推し進め、象徴主義絵画の先駆けとなったその精緻な画風は、制作から一世紀あまりを経た今もなお、みずみずしい光を放ち、バーン=ジョーンズの作品の魅力をきわだたせています。
本展は、バーン=ジョーンズの全貌に迫る日本初の個展です。ランカスター大学ラスキン図書館・研究所長スティーヴン・ワイルドマン氏を監修者に迎え、世界屈指のコレクションを収蔵するバーミンガム美術館の協力を得て、油彩画、水彩画、素描、貴重書、タペストリなど、国内外から厳選した約80点を、聖書・神話・物語のテーマごとに展覧します。「聖ゲオルギウス」「クピドとプシュケ」「ピグマリオン」「ペルセウス」「いばら姫」など、バーン=ジョーンズ芸術の真髄を伝える代表的連作を紹介します。
展覧会サイト:http://mimt.jp/bj/
美術館サイト:http://mimt.jp/
――――――――――
「バーン=ジョーンズ展 ―装飾と象徴―」三菱一号館美術館
2012年6月23日(土)~8月19日(日)
http://mimt.jp/bj/

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年3月22日 (日)

「生活と芸術 アーツ&クラフツ展」ウイリアム・モリスから民芸まで、東京都美術館

A_and_c_174079_photo1Arts_ph_01

桜の蕾がふくらむ早春の夕暮れ、アーツ&クラフツ展に行く。アーツ&クラフツはウィリアム・モリス(1834-96)らによって始められた。ラファエル前派、ケルムスコットプレスの美しい装丁の書物、モリス商会の美しいファブリック、ステンドグラス。ウィリアム・モリス、ジョン・ラスキン、ダンテ・ガブリエル・ロセッティの作品が展示されている。19世紀イギリス文化の結晶、近代化に対する批判精神の現れである。ビアズリー(1872‐98)、クリムト(1862‐1918)と同時代、装飾芸術の精華である。美しい装丁の書物が印象的である。
★必見の展示作品
アーネスト・ギブソン「ラダーバック・チェア」1895、V&A
ウィリアム・モリス「タペストリ 森」1887、V&A
ダンテ・ガブリエル・ロセッティ「聖ゲオルギウス ステンドグラス」1862、V&A
ウィリアム・モリス「いちご泥棒」1883、V&A
ウィリアム・モリス「詩の本」1870、V&A
ウィリアム・モリス「輝く平原の物語」1894、V&A
エドワード・バーン・ジョーンズ「生命の木」1888、V&A
チャールズ・レイニー・マッキントッシュ「ハイバック・チェア」1898、豊田市美術館
バーナード・リーチ「生命の木」1928、京都国立近代美術館
■「生命の木」(Tree of Life)が、2点展示されていてギリシアの絨緞を思い出した。
ギリシアに旅した時、アテネからデルフィに向かう途中、パルナッソスの山の斜面のアラホヴァ(Arachova)の町の店で、生命の木のモティーフの美しい絨緞が懸けられていた。
「生命の木」は、自然と生命を賛美する構図で、北斗七星、樹木と馬、魚、などが描かれている。生命の樹(Tree of Life)は、旧約聖書の創世記(2章9節以降)にエデンの園の中央に植えられた木である。カバラではセフィロトの木 (Sephirothic tree) という。生命の樹は、禁断の知恵の樹と関係がある、といわれている。
■ウィリアム・モリス(William Morris,1834- 1896)は、19世紀イギリスの詩人、デザイナー、マルクス主義者。モダンデザインの父と呼ばれる。職人はプロレタリアートになり、労働の喜びや手仕事の美しさも失われた時代にあって、中世に憧れ、プロレタリアートを解放し、生活を芸術化するために、根本的に社会を変えることが不可欠だと考えた。マルクス主義を熱烈に信奉し、エリノア・マルクスらと行動をともにし、社会主義協会を結成した。叙事詩『地上の楽園』、『世界の果ての泉』などの著書がある。
展示構成
第1部イギリス
第2部ヨーロッパ
第3部日本
―――――――
■アーツ&クラフツ
19世紀後半のイギリスで興り、今日の暮らしに大きな影響を与えたデザイン運動「アーツ&クラフツ」。産業化・工業化が進む時代を背景に、失われた手仕事の良さを見直し、自然や伝統に美を再発見します。さらには過剰な装飾ではなく、シンプルな美しさをとり入れたライフスタイルを提案するなど、実に多彩な理想を掲げました。
主導的な立場にあったのは、思想家ジョン・ラスキン(1819-1900)と、デザイナーで思想家、詩人でもあったウィリアム・モリス(1834-96)でした。ラファエル前派のD.G.ロセッティやエドワード・バーン=ジョーンズらが参加したモリス・マーシャル・フォークナー商会(のちにモリス商会)を中心に、装飾芸術をめぐって活発な活動がロンドンで繰り広げられました。1880年代末には運動の名称ともなったアーツ&クラフツ展協会が創設され、各地で意欲的な展覧会が開かれたり、工房が作られたりしました。
アーツ&クラフツの考えと試みは、出版や研究を通じて、瞬く間にヨーロッパやアメリカ、日本にも伝わります。各地での歴史、文化、社会情勢の影響を受けながら、多種多様な作品が生み出されていきました。住宅を中心とする総合芸術の探究は、その後のモダン・デザインを生む源流の一つとなりました。
■ヴィクトリア&アルバート美術館とウィリアム・モリス
V&Aは、1851年に開かれたロンドン万国博覧会の成功をうけ、1852年、産業博物館として創立されました。1857年に現在のサウス・ケンジントンに移転し、サウス・ケンジントン美術館と名を改め、1899年には、創立に尽力したヴィクトリア女王とアルバート公夫妻の名を冠して改称しました。古代から現代までの絵画、彫刻、陶磁器、織物、家具、写真、ファッション、ガラス、宝石など、世界に類を見ない豊富なコレクションを誇っています。 V&Aには、ウィリアム・モリスらが1861年に設立したモリス・マーシャル・フォークナー商会が内装を手掛けた食堂「グリーン・ダイニングルーム」が現存しています。世界最初の美術館内食堂の一つで、フィリップ・ウェッブの監督の下、バーン=ジョーンズがパネルを、モリスが天井の模様を担当。度重なる修復を経て、現在も当時の姿を見ることができます。本展には同ルームのデザインも展示されます。
★「生活と芸術 アーツ&クラフツ展 ウィリアム・モリスから民芸まで」東京都美術館2009年1/24~4/5
http://www.asahi.com/ac/
A_and_c_rossetti_2009_2

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2008年10月 1日 (水)

「ジョン・エヴァレット・ミレイ展」・・・極美の世界、人間の儚さと死

John_everett_millais_9c ジョン・エヴァレット・ミレイ(1829-1896年)の代表作を80点網羅した画期的な美術展。これだけミレイの作品をみる機会は2度とないだろう。千歳一遇の展覧会である。
■自然と女性美の詩的表現、人間の儚さと死
ミレイは、自然と女性美の詩的表現、人間の儚さと死を、生涯にわたって追求した藝術家である。
描かれるのは「早すぎる死」「美しいが、不幸な女」である。
私が最も美しく感じ好きなのは、「オフィーリア」「マリアナ」「姉妹」「名残りの薔薇」の4点である。
■美しくて不幸な女
考えてみると、「飽食で、傲慢で、幸福な女は、醜い」ということを身をもって実感する絵画である。
名画は「美しい女が、不幸で、逆境に会うこと」を描くものである。藝術は、「美しくて不幸な女」を描く。文学でも、絵画でも、映画でもそうである。
■画中に詩あり
シェイクスピア「マリアナ」「オフィーリア」、トマス・ムーア「名残りの薔薇」他、詩を絵にしている作品が多い。絵画となった詩である。
■美女の絵に埋め尽くされている
美術マニアは、美人マニアである。これだけ美女の絵に満ちている絵画展は、めずらしい。
「ラファエル前派 Pre-Raphaelitism」「ファンシー・ピクチャー Fancy Pictures」のセクションには、美女の絵に埋め尽くされている。
だが、晩年の「スコットランド風景 Scottish Landscapes」の部も、無常観にみちていて美しい。
初期、中期の繊細で緻密な筆致の作品から、後期のヴェラスケス、レンブラント風の荒い筆使いまで、全生涯にわたる傑作を集めた展覧会。必見。
――――――――
■「英国ヴィクトリア朝絵画の巨匠、ジョン・エヴァレット・ミレイ展」
2008年8月30日(土)-10月26日(日)Bunkamuraザ・ミュージアム
オフィーリアよ永遠に
 19世紀の英国を代表する画家、ジョン・エヴァレット・ミレイ(1829~96年)の10代から晩年までの広い範囲の作品により、 画業の全容を紹介する本格的な回顧展。ロンドンのテート・ブリテンで2007年9月から始まった本展は、イギリスでも1898年に開催された回顧展以来、初めてのミレイの大規模回顧展である。今春、アムステルダムのゴッホ美術館で開催された後、日本に巡回。
 ミレイは、早くから天才の誉れが高く、1840年には11歳という史上最年少でロイヤル・アカデミーの美術学校への入学を許可された。 しかし、美術学校の授業や古い慣習に不満を抱き、1848年秋にダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ、ウィリアム・ホルマン・ハントらと「ラファエル前派兄弟団」を結成。革新的芸術運動の中心的役割を担い、注目を浴びる。 67歳で亡くなるまで、唯美主義的作品、子供を主題とした作品、肖像画、風景画など、新たな技法を探求しながら、幅広いジャンルの作品を手がけたミレイは、当時のヨーロッパで最も人気のある画家の一人となった。そして、1896年、亡くなる直前にはロイヤル・アカデミーの会長に選ばれた。
 本展は、今年が日英修好通商条約調印150年にあたるUK-Japan2008の公認イベントであり、代表作「オフィーリア」、「両親の家のキリスト」、「マリアナ」など、テート・ブリテンをはじめ、英国内外の主要コレクションから、油彩、素描など約80点を展示。シェイクスピアの「ハムレット」のヒロインを題材にした『オフィーリア』は、テート・ブリテンでも最も人気の高い作品の一つ。
構成
Ⅰ ラファエル前派 Pre-Raphaelitism
Ⅱ 物語と新しい風俗 Romance and Modern Genre
Ⅲ 唯美主義 Aestheticism
Ⅳ 大いなる伝統 The Grand Tradition
Ⅴ ファンシー・ピクチャー Fancy Pictures
Ⅵ 上流階級の肖像 Society Portraits
Ⅶ スコットランド風景 Scottish Landscapes
http://www.asahi.com/millais/

★あなたなら、美しくて不幸な女か、幸福な醜い女か、どちらを選びますか?
John_everett_millais_20080830Millet_ga_05_2

| | コメント (1) | トラックバック (4)